忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

悪女だよ!全員集合!



なかなか時間が取れないのだが何とか通っている、阿佐ヶ谷ラピュタ『悪女礼賛~スクリーンの妖花たち』。
http://www.laputa-jp.com/laputa/main/index.html#2
『二匹の雌犬』は以前レビューしたが、それ以降に観たのは『悪の階段』、
『可愛い悪女 殺しの前にくちづけを』、
『果てしなき欲望』、『地獄の饗宴』の4本。

『悪の階段』はベタな展開ながらもまさに和製フィルム・ノワールってやつ。
強奪した四千万を巡る四人の男と一人の女(団怜子)の裏のかきあい。
若い頃の山崎努の悪っぷりがいい。多分、丸尾末広がマンガのモデルに使ってる気がする。
更には悪魔的な匂いをぶんぶん発している西村晃がすごい(知ってるよね?「水戸黄門」さまですよ!)。
『可愛い悪女』は范文雀主演のオトナコドモ映画というか2時間サスペンスというか、要は当時のアイドル映画。
范文雀さんは上戸彩さんに似ていると思う。共演はウルトラセブン変身前のモロボシ・ダンのひと。
『果てしなき欲望』は今村昌平監督作品。
時価六千万のモルヒネを発掘するため、四人の男と一人の女(渡辺美佐子)がトンネルを掘りすすむ話。
殿山泰司のダメオヤジっぷりがいい。渡辺美佐子は初めて観たが、なんとなく椎名林檎っぽい。そしてここにも極悪のキーマン・西村晃。
『地獄の饗宴』は岡本喜八監督。
主演の三橋達也&団怜子は当時の「伊達男」と「いい女」の象徴か。「イケメン」とか「アゲハ」ではない。
(団さんはあまりにも昭和的すぎて、平成においては被る人が見当たらないが)
売春斡旋屋(三橋)が一本のフィルムを現像したことから始まる岡本流ノワールもの。
しかし佐藤慶がヤクザをやると本物にしか見えない。なかなかロッキンなラスト。

まだまだ観たい作品、観れなかった作品もあるが、時間的に厳しくなって参りました。
こういうのを楽しめているうちは大丈夫だと思う。モノクロ画面の豊穣なこと!
上映時間90分、CGもないけど、面白い映画は作れる。
『プライベート・ライアン』観てたら・・・・やっぱり途中で寝た。もう、長い映画キライ。「映画は三倍速!」という立派な意見もあり。
「長い話にオチはない」と中谷彰宏先生も仰っているぜ!
(この人のことはまた後日。ぷぷぷ)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ