忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

UnKnown THEATER、始動



ようやく詳細がわかったのでやっと書けるのである。
高円寺に「UnKnown THEATER」という映画館がオープンします。
これは俺とか俺ら(よう!よう!)とかの間でお馴染み、「4th」のオーナーが執念で作った自主制作を中心に上映する劇場なのです。
インディーズとはいえ、ほぼほぼ職人のような作品が並ぶ中、日曜大工感覚でとんてんかんてんと作ったすうさい堂のゾンビ短編を三本上映。釘とか緩んでても気にすんな。

2月15日(水)
『すうさい堂式リビング・デッド三部作/御祝儀上映会』
【上映作品】
「毎日ぞんび~everyday of the living dead」
「LIVING DEAD★COCKTAILS」
「SUGAR PUFF LIVING DEAD」
+マル秘おたのしみ特典映像つき!

open/19:30
start/20:00
¥1300+1drink(¥500)

アンノウン・シアター(全40席)
杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3F(1Fはワイエスホーム)
JR高円寺北口/徒歩2分/純情商店街内/磯丸水産前

で、電話は?まだないって?わちゃあ、ということですが、未見の方は作品を、「もうみあきたよ」という方は劇場を見にいらして下さい。社長の情熱には頭が下がります(本人は全然映画マニアじゃない)。
店のことを全然書いてない気がするが、全然書くことがないのである。店舗よりもネットのほうが訪問者が多いという現実!これがゲンヂツ!
さて景気付けに、二作目『COCKTAILS』で楽曲を使わせて頂いた「BOBBY’S BAR」のカッコいい動画を。
これは素人ゆえにバーカウンターのノイズをすべて拾って録音してしまった、似非モキュメンタリー風(もう何がなにやら)作品。
ギタリストのナオヤ氏から「もっとまじめにやれ」と怒られた問題作でもある。
三作目『SUGAR PUFF~』は初めて喋らないゾンビという正統派を作ったつもりがやっぱりこんなんなったという。女子がたくさん出演していてガーリーだから、つうことでこのタイトル。
伝説的ノイズバンド「GRIM」の独逸ライブツアー参加など国内外で活動する、いまいちばんイケてるノイズパフォーマー「REMO」さんもゾンビ女子として白目剥いて出演しています(も、もったいねえ・・・)。



そしてHP。http://uk-theater.com/・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まだだ!!
PR

勝手にしやがる。



海が嫌いなら、山が嫌いなら、都会が嫌いなら、勝手にしやがれ!というわけでシン・ネンドからのすうさい堂は勝手にやることに致します。
22歳頃に描いた絵を売るという暴挙。もう普通のことをやっていても無理なんで。
状況的には実家のコタツの上で悶々と制作していた代物。そいうったドヨン感は出てますがだから何なんだ。
自分的にも痛いことをやっているなあという思いがしなくもないので、一応いいわけなども少々。

去年、連続殺人鬼たちが残したアートを展示した「シリアルキラー展」というのに行ったのですが、達者な人は本当に達者。ただもうチャールズ・マンソンのバカが描いたとしか思えない絵や、殺人ピエロとして有名なジョン・ウェイン・ゲーシーのド下手な絵を見るにつけ、「この人たちはネームバリューだけで作品を発表して売っている。ずるい」と、つくづく思った。人殺しの才能とアートの才能は比例しない。
すうさい堂も14年目に突入。だったらおれが同じことをやってもいいんじゃないか。

あと、路上で見かける「みつをライク」なポエムを色紙に書いたり、「あなたの目を見て浮かんだ言葉を書きます」とかやってる不愉快極まりない奴ら。どうせ「目が死んでます。あんたの人生はクソです」とかは絶対に言わないんだ。
他人の手法を丸パクリして、自己満足を得るために、町で一瞬の生ぬるいコミュニケーションを求める奴ら。
しかも家賃要らず資材要らず仕入れ代要らず。己の感性のみで勝負(本当は人の借り物)、って、だんだん書いてて腹立ってきた。
であるならば、すうさい堂は家賃も払ってる立派な路面店(「隠れ家的」と書かれることが度々あるのだが、こっちとしては隠れてる気はさらさらないんですけれども)。
だったらおれが同じことをやってもいいんじゃないか。

というわけです。
いま考えたらバウスシアターという劇場は、吉祥寺でも指折りなへんてこスポットだった。
それがなくなってしまったらもうあとは「おしゃれカフェ」「素敵スイーツ」「かわいい雑貨屋」「俺の一押しラーメン」みたいなのばっかじゃないか。
こうなったら「へんてこスポット」として続けるしかないんじゃないか、と。新作も描くしかなくなってきたのだ。
ハナコ、ポパイ、散歩の達人、ぴあ(の吉祥寺特集)、どんとこいですよ。本当に載せたいのはこんなのではなくって?
なんかすごく鼻息が荒い文章になってしまったのでもう終わりにします。本当はアップするの嫌だなあ。
※これらの原画になります。⇒http://suicidou.fc2web.com/SuicideMuseum/menu.htm

最後のすうさい堂13周年記念は、1月13日金曜日の高円寺フォースでのイベント『FRIDAY THE 13TH』です。DJですがホラー系の楽曲が回る予定。よかったらどうぞ。http://fourthfloor.sub.jp/

12月23~25日の売り上げは¥0



今年の営業も本日で終了。本当しずか。しずかでいいなあ。
いよいよ進退窮まったという感じで、もうあかんです。
というわけで来年からは開き直ってヘンなことを始めます。お正月中に模様替えをするのです。
と、書いてしまうともうやるしかないなあ。
結局んとこ、自分は商売なんかにはまったく興味がないのであった。
ただ「目利き」をやりたかっただけなのだと思う。そりゃグダグダになります。
それにしても、青春ノリでわいわい商売してる奴らがムカつく。どうせ「俺らの王国」とか言ってんだろ。
まともな人生あきらめた者が店とかやるべきである。そうだそうだ。
そもそも自分の場合「店やってるのとやってないのとどっちがマシか?」という選択を「やってるほうがマシ」ほうに張ってるという理由だけで、続けている。
ココはこれでも自分と世間様との重要な繋ぎ目なんである。
ブログもしこしこ綴っており、最近は映画のことしか書いてないのだけど(今年は百本くらい観た)、要は「立派じゃないけど面白いもんがこんなにありました」と、言いたいわけです。
わっちゃあ、なブツでも世の中に出回れば触れられるべきであると考えているので、そういうものは本でも映画でも音楽でもすうさい堂さんが拾う。えれえ、おれ、えれえなあ。
顰蹙覚悟で書いてしまうと、ザ・ビートルズさんは立派な音楽家だが、ロックンロールとしてはまったく響かない。恥ずかしながらこれが基本理念だったりする。

年明けは5日から開けます。
1月13日の金曜日はおなじみの高円寺4thで、【すうさい堂13周年記念DJ/FRIDAY THE 13TH】(まだひっぱる13周年)をやるです。ホラーやサイコ系の楽曲を回します。あと一名、だれかDJやらないかなあ。
それと、いろんな不手際により現在パソコンへの写真投稿が出来なくなっているので、さすがにいま使っているボロXPから(わはは)もうちょいまともなやつへ乗り換えようかと考え中。
今月発売されたムック『黒猫マニアックス』(白夜書房)に、当店とヂル会長が掲載されています(表紙の一番右側に写っているのが会長です)。
添付ファイルが開けなかったので、見ないで「あ、オッケーす」と載せてしまったら、営業時間が思い切り昔のでした。間違ってます。いやあわりいわりい。
と、そんなところで。今年は久々に『狂い咲きサンダーロード』が劇場で観られてよかったなあ。
仁さんのあまりにも「生き生きとした言霊」には観客から思わず笑いが漏れていました。
改めて観ると、ほとんどのセリフを覚えてしまっている。まあ、バカみたいなことしか言ってないですし。
個人的には映画がものすごく刺さった年で、本年度に鑑賞した作品だけでも「こころのベストテン」が出来るくらい。こんな感じ。

「ヘイトフル・エイト」
「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」
「ペイン&ゲイン」
「フォーリング・ダウン」
「スーパー!」
「マーダー・ライド・ショー2(デビルズ・リジェクト)」
「ホット・ファズ」
「ラリー・フリント」
「グリーン・インフェルノ」
「オデッセイ」

最後に仁さんでご挨拶。ガムをくちゃくちゃ噛みながら、
「今年もお世話になりましたーーーーーッと!」

ピコ太郎



たった数ヶ月で世界的にブレイクしたピコ太郎というひと。
初見はまったく理解不能。が、世界中の人がニコニコとカバーしている動画を見ているうちに「これは一体どういうことなのか?(what does this mean?)」と、英語で考えているうちに「バカにしたもんでもない(I cant be a fool.)」という結論に至ったのであった。
というか、海外の人にとって実に新鮮なエンターテイナーなのかも知れない、と。
よく知らないのだが、欧米のコメディアンは言葉で風刺して笑わせるスタンダップ・コメディが多いような気がする。さらによく知らないのだが(すいません)、ジム・キャリーという人の顔芸にしても、ストーリーありきのものなのではないか。
ところがピコ太郎。無意味。すんげーくだらない。「アイハブアペン」は我々が最初に習う英語だけど、ネイティブの人がそんな言葉を日常会話で使うはずもなく、ここですでにズレが生じている。
「オッパッピー」とか「安心してください」とかの体を使った芸人さんもたくさんいますが、それらを見て世界の人が「自分もやりたい!」とはあんまり思いませんよね?
でも「PPAP」は、みんなが「これやりたい!」「やったら超たのしい!」といったノリで、ガキんちょのダンスからデスメタルのカバーまで動画に上がっている(ちなみに一番笑ったのが、クソ真面目なバラード・バージョン)。
ただ、どのダンサーも、動きのキレにしろ顔の表情にしろ、オリジナルのピコ太郎ほどの域には達していない。誰でも踊れるけど完コピは不可能。
そしてピコ太郎ファッション。我々には「ヤクザとテキヤと関西のおばちゃんのミックス」という感じなのだが、向こうの人にとっては「ソウルブラザー風な気もするがなんか・・・違う?」といった、実にストレンジでファニーなものに見えたのだろう。

で、思い出すのが志村けんである。この人は昔から「東村山音頭」や「ヒゲダンス」などに代表される、達者な音楽芸人。高い身体能力を使った芸風で、世代を問わず人気者のコメディアンである。
同じ白塗りならマリリン・マンソンより断然、バカ殿だ。
彼に該当する存在が海外ではあまり見られないのではないか。よく知らないのだが(すいません)、エディ・マーフィーとかミスター・ビーンなんかとも違う気がする。
最高傑作は「だいじょうぶだぁ」でお馴染みの「ウンジャラゲ」でしょうか。キレッキレである。脇を固める松本典子の元気さと石野陽子の虚無さも素晴らしい。
ひょっとしたらこれにいちばん近いのかな?と思ったわけである。
しかし、ピコ太郎は明らかにセミの命みたいな芸風。これが果たして本人が望んだブレイクの形なのか?という気もするけど、いま最も世界中を笑わせている頂点が日本人というのはすごいことだ、底抜けエアライン!

数ヶ月たって本文が何だか恥ずかしいものになっていたら削除します。おしまい。




↑これを見ても楽しくならない人は心が貧しいと本気で思っている。

がんばれ欅坂



ハロウィン終了。うちのまわりも仮装親子の行列がなかなか賑やかであった。
ハロウィンは嫌いではない。まるで興味がない神さんキリストさんを讃えるクリスマスと違い、悪魔やモンスターやコミックキャラと一体化して楽しんでしまおうという、どっちかというとけしからん方向に着地するお祭りだから。真面目な日本に定着したのも少し不思議。
最近はそうでもないけど、かつては「クリスマスイブを楽しめない奴は終わってる」という圧力がとても強かった。それに対してハロウィンは、アンチからは「バカみたい。くっだらない」とバカにされているのだろうが、やってる側は「バカを承知」でやってるので、別に関係ない。非常にバランスがいい。
どちらも本来の日本に関係ないことを全力で騒いでいる。ならばハロウィンの突き抜けたバカバカしさのほうが、よっぽど清々しい。

今年のハロウィンの話題といえば欅坂46。実は今回の件で初めて知ったグループ。
ああやっちゃったねという印象。ナチス風の衣装。というか、もろナチ。ユダヤ人協会からクレームがつき、大炎上。
で、自分は画像を見て「ナチでもかわいい子はかわいい」なぞと思ってしまい、さらに禍々しいものをまとっているというギャップで「かわいさ二倍マシマシ!」などと困った感じに盛り上がって、動画を検索した。
『サイレントマジョリティー』。か、かっこいい。かっこかわいい。誰一人ニコリともしない。笑顔を売りにしない。特にフロントの女の子の凛とした存在感。軍隊のように統制されたダンス。見ようによっては非常に際どい。
で、歌詞をちゃんと聴けばわかることだがナチズムやファシズムとは真逆のことを歌っているのである。このバランスは絶対に計算されたものだ。
その辺もちゃんと汲んで欲しいですよねホントーに!
岡惚れである。この件で方向転換とかしてしまったら非常にもったいない。
アイドルグループの「隣の女の子」化が著しい昨今。同級生や同僚あるいはそれ以下。ちょっと近づきすぎじゃないか?と思っていたところへの欅坂。ほぼ爆弾。
というわけで弁護したくなってしまった。ユダヤ協会が怒るのは当然としても、ハロウィンから発生した件だし書いてしまうのだけど、日本人にとってナチスとは悪魔やモンスターと同列の、(困ったことに)親しみを感じるアイコンなんである。
かつて子供番組の敵キャラは明らかにナチをモデルにしたものが多く、実は仮面ライダーよりもショッカー派だった自分が特に好きだったのが、もろナチの「ゾル大佐」であった(彼の正体が狼男ってのもカッコよかった)。
当時はもちろんナチもヒトラーも知らないが、そうやってDNAに沁み込んでいった気がする。
イナズマンの「ガイゼル総統」(総統!)なんてさらにエグくもナチだが、その頃はなんとなく容認されていたわけだ。好きでした・・・・。
海外の残虐なシリアルキラーを、日本人からすれば例えばドラキュラのような、ダークファンタジーのように感じてしまう部分に近いのだと思う。
もちろんナチが行ったことは、最悪の蛮行である。

実はアーバンギャルドもまったく同じようなことをやっていて、キノコホテルもジャケが『愛の嵐』だったり、マリアンヌ様がブックレットでナチ帽子を被っていたりで、ちょいちょい皆さん「やりたがる」。
ただ悲しいかな存在がマイナーゆえ、あまり(まったく)大事にならない。
確かにナチ親衛隊の稲妻のような「SSマーク」はカッコいいし、制服はどこまでも洗練されている。日本の軍服なんて「反吐が出るわ」くらいしか思わないのだが。
ナチ・コレクターとしてはモーターヘッドの故・レミーさんが有名。彼の言い分がイカしていて「俺はドイツ軍のグッズが好きだが、それはデザインをいいと思っているだけだ。俺は黒人の恋人がいたこともある。だから俺は差別主義者じゃない」というもの。ザックリと清々しい。

とりあえずボスのプロデューサーも謝罪コメントを出したし、「今回はごめんなさい」で済む話。
「うっかり(本音の)差別発言」なら、社会的名士と言われている立派な方々がしょっちゅうやらかしている。
「彼女たちは自分のやっていることをまるで理解していない。嘆かわしい」と言うのならば、完全にアイドル側に罪はない。ただ着ただけだ。
学校の授業で触れただろうけど、そこだけつっこんで勉強する必要はまったくないですよね。
ま、兎にも角にも世間から注目が集まった。もちろん炎上商法?という気がしなくもない。
しかし、何かやらかして世界中から顰蹙を買うなんてのは、本来ロックンロールの役割だったはずだが、今回は日本のアイドルにお株を取られてしまった。
という意味では大変情けない話でもある。数十年前にジョン・ライドンが放った「ロックは死んだ」発言がますますリアル。
だが「アイドルは生きてる」。「今」だ!


Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ