忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

チャッキーの嫁さんかわいいな



人形というのは無表情だから恐ろしいもので、日本の市松人形やフランスのフランス人形(あっバカみたいな言い方!)が梶芽衣子ばりに出刃包丁なんぞで襲ってきたら、それはおしっこの数滴も漏らそうというものであろうが、『チャイルド・プレイ』のチャッキーってのは妙に表情豊かで、そのわりにはかわいくもないなという印象で、今まで完全スルーしていたシリーズだったのだが、チャッキーに「ティファニー」という嫁さんがいる、と聞く。
ティファニーは四作目『チャッキーの花嫁』(98)から登場する、元々は人間のゴスおねえちゃん。
彼女がいろいろあって人形になり、チャッキーと夫婦になるのだが、これがまた大変かわいらしいのである。
二人は仲むつまじく殺人を繰り広げてゆく。夫婦の相性も抜群。チャッキーも顔中が傷だらけになり凄みを増す。
セックスもすれば妊娠もする。二人の子供が登場するのが次作『チャッキーの種』(2004)。これが超悪ノリ大会で、シリーズ最高傑作ではないかと思う(二作しか観てないけど)。

その子供は「シットフェイス」と呼ばれ、インチキ腹話術師のパートナーになっていたのだが、まったくとってつけたような偶然によりチャッキー夫妻と再会。
とりあえず名前をつけようということで股間をめくってみると、そこは加工されていないツルツルの状態。
チャッキーは「これから生えてくる!だから男だ!」と主張し、ティファニーは「女の子よ!」と主張し双方譲らず。結局めいめいに「グレン」「グレンダ」と呼ぶことになって、これは最後までどっちつかず。
(マニアックな話だけど、このネーミングはエド・ウッド一連の最低映画『グレンとグレンダ』が元ネタ)
といった感じなので、これはもはやホラーではない。人形劇によるブラック・コメディなんである。
本作で特筆すべきは、あのジョン・ウォーターズが俳優として出演しているということだ。
最近この人の名前をよく出しているが、まあそういう気運なんでしょうけど、あの特異なルックスは本当にオンリーワンである。この人は常々、ヘンな顔に生まれたら映画に出ろ!と言っているので、本人もそれをいよいよ実践ということで、えらいなあと思う。
しかも顔を硫酸でドロドロに溶かされるパパラッチの役で、役者冥利に尽きるのではなかろうか。まあちっと「溶けすぎ」だけど。
人間側の主役はジェニファー・ティリーという巨乳さんで、前作の人間時代のティファニー、およびティファニーの声を当てている。
彼女は聖母マリアの役を射止めて映画界に巻き返しを図ろうとする、あまりパッとしない女優。
劇中のセリフで「あんたが出ている作品で好きなのは『バウンド』だ」というのがあるけど、『バウンド』という映画は本当に存在し、ジェニファーさんが本当に主演している。
たしかレズビアンの女泥棒が主人公のバイオレンスで、かなり前に観たのでもう内容は忘れてしまったが、まだレンタルに置いてあれば再見したいところ。

本作の骨格は、聖母マリアの「処女受胎」をネタに血みどろギャグでからかったもの、と、お見受けした。
アメリカには聖書に書かれていることを一字一句信じる「福音派」なるクソ真面目な方々がいて、彼らが観たら逆上しそうな内容。
他にも拾ってみると、ティファニーは子供と再会したことによりアイデンティティに迷いが生じ、「殺しはやめるべき」と思いつめる。ハウトゥ-本を読み「まず相手に謝りなさい」の言葉を見つけ、「ごめんなさい、あなたの旦那を殺したのは私なの」と、電話でお詫び。もちろん相手は逆上して泣いちゃうんだが、ティファニーいわく「あースッキリした~」。ひどい。ひどいけどかわいいからまあ許す!
それに対してチャッキーは首尾一貫。「殺人は依存じゃねえ!選択だ!」は、へなちょこ殺人鬼に聞かせてやりたい名言だ。
家族で人間になることを一人拒否したチャッキー。「人間なんてクソ食らえ!オレはキラードールだ!」と宣言する姿は本当に男前だと思う(ちっちゃいけど!)。
チャッキーやティファニーが人間を景気よくぶっ殺すのは全然楽しいのだが、彼らが死んでしまう場面は前作同様、ちょっと寂しい気持ちになるのであった。
出演者が殺されるシーンでまとめたエンドロールが楽しい。

といわけで今回も不謹慎を堪能。初期作品は観なくていいのかと言われそうだけど、ティファニー出てこないしまあいいんじゃないっすか?と言えてしまうのがジャンル映画のいいところ。
『チャッキーの種」および『花嫁』は人形たちの表情も素晴らしく、この技術をもっとちゃんとした作品に使えば世間も暖かく迎えてくれると思うのだけど、「そっちじゃなくこっちをやる!」という意志が、ジャンル映画の誇りだ。製作チームもこっち側をやってるほうが楽しいんじゃないかと思う。
ちなみに『アラビアのロレンス』とか『十戒』とかは、半身不随にでもなってから鑑賞すればよろしい。
おしっこ行かなくて済むし。


PR

三級片極悪列伝



「低俗」はいい。なにがいいって「~である」とか論じても偉そうになんないから。
そうそう村上春木屋の新作が出版されると国を上げての騒ぎになるのが不思議だ。カッコいい犯罪者とかクレイジーな科学者(に、作られた怪物)とかエロい女泥棒とかが出てくるわけでもないのにな。
はるきくんの本は一ページも読んだことがなくて、それはつまりはるきくんがぼくを呼んでいないということだ。古本屋だからって小説を山ほど読んでると思うなよこんにゃろめ。古典から現代に至るまで全然読まないぞ。
「三級片」とい言葉がある。あるのです。これは中国で「エログロ成人映画」を指す。
最も有名なのが『八仙飯店之人肉饅頭』で、これに『タクシーハンター』『エボラ・シンドローム~悪魔の殺人ウィルス』を加えたものが、ハーマン・ヤウ監督xアンソニー・ウォン主演の極悪三部作と言われている。
日本では「スーパークレイジーⅢ級片極悪列伝」として公開&リリース。
「八仙飯店~」はそのまんまの内容でして、VHSの時代に観たのですけど、躊躇なく子供まで殺しちゃうような映画なので、今回はちょっとパスして未見の二本を鑑賞。

『タクシーハンター』(93)は、タクシーに妊娠中の妻を轢き逃げされた男がぶち切れ、態度が悪い運転手たちに天誅を下していく。中国のタクシードライバーというのは本当に態度が悪いらしく、観客たちはアンソニー・ウォンの殺しっぷりに拍手を送ったということだ。
中には真面目なドライバーもいて、そういう人は殺さないし、おとり捜査の刑事に重症を追わせると、わざわざ変装して病院にまで謝りに行く。根はいい人なんである。
奥さんを失った悲しみや、親友である刑事との交流(結局追われる身になるのだが)なども描かれていて、倫理的にもちゃんとした作品だと思う。
で、監督は「今回の、ちょっとぬるくね?」と思ったかどうかは知らないが、次作『エボラ・シンドローム』(96)で大爆発する。

いきなりアンソニー演じるチンピラの「カイ」が、浮気相手のボスの嫁、ボスとその手下を殺すところから始まる。
そしてアフリカで中華料理屋を経営している親戚の下に身を隠す。厨房をまかされているのだが、やることなすこと最悪。どんなホラーよりも生理的に「ゲッ」となること請け合い。すでに観客のハートをブレイク!
肉の仕入れのため村に向かうと、そこは高熱を出した患者がバタバタ倒れている。つまり恐怖のエボラ熱なのだが、雑なカイは倒れこんだ現地の娘を「デカパイだ!やっちまえ!」と、やっちまうわけである。
ところが彼は一千万に一人と言われる、エボラに対して免疫抗体を持つ体質の人間でした!
この時点でカイは、悪人として最高のスーパ-チャージをしたのである。
料理屋に戻るとカイは高熱で倒れるが、復活してからは今まで自分をさんざんこき使っていた親戚と嫁と部下をぶっ殺す。その肉で人肉バーガーを大量に作成!(この辺は「お約束」っぽい)
人肉バーガーを常連に振る舞い、元カノとよりを戻してセックスし、街でクシャミ、飲食店で食い散らかし、どんどんエボラ菌をばらまいていく(エボラの感染経路は血液や体液など)。
警察に身元がばれて追跡されるが、「エボラのシンちゃん」と化したカイは「おらぁ、エボラだぁ~!!」と追っ手につばペッペしながら街を逃げまくる。最悪の人間最終兵器。
最後は「やっちまったー」というオチに至り、これは究極の不謹慎なブラック・コメディ。
たしかにひどい作品だが、自分のような人間は「ひっでぇなあ」とかニヤけつつも、心に貯蓄していく。あるいはタトゥーのように刻んでいく。こんなものでも知っていないと、他の人との差異化が出来ないから。
まあ、「またこんなの見ちゃったなぁ」という少々の後ろめたさが気持ちいいわけだが。
「ちょっといい話」「ちょっと泣ける話」より、「本当にひどい話」を見聞するほうがお得感があると言える。言えます。


セシル・B・ディメンテッド!



黄金週間も終わりましたが特別なにがどうだということもないので、また本とは関係のないことを書く。
ようやくまともに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た。うむ、良く出来てる。ちゃんとしてる。半袖ダウンをずっと「救命胴衣」と言われ続けるギャグは面白かったし。
ただ公開当時、自分が見向きもしなかったのは実によくわかる。「ご家族でも楽しめる最高の映画です!」という触れ込みで大ヒットしていたが、当時の自分は映画を観て楽しくなろうなんてことはこれっぽっちも思ってないからそりゃ完璧にシカトですわな。
はじめてひとりで劇場に行ったのが『時計じかけのオレンジ』と『シャイニング』の二本立てで、もっとこういうのが知りたいんですけど!というわけでそっち方面にズブズブと進んでいったわけですけど、これはこれで間違ってなかったと思う。
みんな大好きな「バック~」、一応みたのでまあいいやということで、これは結局自分的には本筋じゃないのである。つまりは未見のスターウォーズやダイハードなどを観てもそういうことになるのだろうなと。本当の話が、その辺の映画はソフトを手に取るだけで、かったるい。
ワクワクするかどうか、が大事であり、たとえハズしても手に取ったときに「なんだこれ!」というワクワクを感じさせてくれる作品がやはり、本筋なんである。

さてワクワクする話。『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(2000)がクレイジーで最高なのだ。
ジョン・ウォーターズの作品としては70年代のディヴァイン主役時代ほどの強烈さはない。
アングラ臭を払拭した今風のわかりやすいコメディになっているんだけれど、バカはバカでも一味違うというか、そういうことを述べていきます。
セシル・B・ディメンテッド(スティーブン・ドーフ)と仲間の「スプロケット・ホールズ」は映画テロリストである。
シネコン、家族向け、リメイク、感動大作などに異を唱え、ハリウッド女優のハニー・ホイットロックを誘拐し彼女を無理矢理主役に仕立て、ゲリラ的に人気作を撮影中の現場をぶっ壊していくという「リアルな」作品を作るという志を持った連中。
元ネタは「パトリシア・ハースト事件」。テロリストが新聞王の娘で女優のパトリシアを誘拐するのだが、ゲリラ思想に共感した当のパトリシアが銀行強盗に参加し、指名手配されるという有名な事件。
パトリシア・ハースト本人も女優として最後に登場する。

誘拐したハニーにチームの面々が自己紹介をする。彼らは「アンディ・ウォーホル」「ハーシェル・ゴードン・ルイス」「デビッド・リンチ」「スパイク・リー」「ケネス・アンガー」などの非ハリウッドの監督名をタトゥーで刻んでいる。自分にとって「誰が何と言おうと最高」という意志の表れであり、一番カッコいいシーン。
ハニーも最初は嫌々ながら参加しているが、ニュースで「ハリウッドの恥さらし」呼ばわりされたことをきっかけに、本格的に彼らの仲間になっていく。
セシルたちが「フォレスト・ガンプ」続編の撮影現場に乗り込んでメチャクチャにしていくのですが、自分はその作品はみていないのですけれども、きっとひどい映画なんだろーなーと思いました。
結局のところ、彼らがやっていることは負け戦。とはいえ「でもやるんだよ!」の大意のもと、ゲリラ映画のために殉死していくというストーリーは意外と胸キュンなのだ。
ファミリー映画とかシネコンのあり方に疑問を持たない人は、スプロケット・ホールズの主張はまったく理解できないだろう。このマイナーな作品自体手に取ることはないのだろうけど、ま、それはそれ。

次作のエロコメ『ア・ダーティー・シェイム』も観たのですが、ちょっとさすがに、我々日本人はここまで偏差値を落とせないというか・・・こういうイメージがあるから洋画コメディには手を出しづらいんだよなー、という典型。
純粋な「レッドネックのための映画」である。これはちょっと勘弁して。


ブックレビューイベント



「人生相談」ほどお気楽なものはない。するほうもされるほうも実はどうでもいいと思っている。
テレビなんてのは完全にバラエティ扱いなので論外として、ラジオや雑誌におけるいろんな人がやってる人生相談コーナー。
そもそも「会った事もない人に」「取り上げてくれるかどうかすらわからない」悩みを投稿することが実に薄っぺらいというか「本当はどうでもいい」んじゃないの?と思うわけ。
それに対して真摯に答えるパーソナリティーには「ああ、仕事してますなあ」。以上。
ただ「絶対に前向きな答えしか言わない」というのはプロフェッショナルだなあとは思う。自分だったらストレス溜まりまくって降板する。
知らん人の愛だの恋だの友情だの夢だの将来だのと、実に「どうでもいい」ことなのであって、それらは番組や誌面を構成するトッピングにしか過ぎない。おでんにはちょっとだけ辛子をつけて食べたいのと同じこと。
昔のアイドルのフォト&エッセイにもよく人生相談コーナーがあった気がする。ページを稼げる上に「アイドルにだって脳みそがある」という証も出来るわけだから、たいへんお徳。どうでもいい相談を「アイドルらしく」難しい言葉を使わずに答える、ってのが基本である。
たまに見かけるのが夜のコンビニで電話しながら買い物してる奴。
「あっうんわかるわかる。あっでもオレの意見も言っていい?」とかなんとか、一応相談を受けているような口ぶりだが、そいつの買い物カゴには発泡酒とポテチとDVD付きエロ本が入っている。
そして「限定カップ麺はどれを買うべきか?」と目まぐるしく考えている。
本当の悩みとは「肉親や夫婦の問題」「金銭の問題」「健康上や身体の問題」にほぼ集約され、しかるべき施設に出向かうのが正しい。

『リリー・フランキーの人生相談』(集英社)は相談内容こそ凡庸だが、すごいのは聴き手であるリリーさんが相談相手に直接会いに行っちゃうところ。
で、相手がバカだった場合には「おまえバカだろ?」って言っちゃうところ。
「沖縄は今、おまえみたいな(スローライフな)連中であふれてて本当に困ってんだぞ」「犬を拾うより道に落ちてるおじさんを拾って帰りなさい」等々、名言も多数。帯にもあるようにこの本は「ノンフィクションの傑作」なのである。
というわけで書評おわり。本のレビューをなぜあまり書かないかというと、それが即、ネタバレに通じるわけで、徒労な気がするから。こっちがずらずらと引用してしまうのは勿体ないし、おこがましい。買った人がまっさらな状態で本を読むのが正しい。
5月3日(水)に高円寺フォースで珍しくブックレビューのイベント『俺達は字が読める!』をやるのですが、ゴールデンウィーク真っ最中であり、絶対に誰も来ない。くわつはつはつ。ほとんどの人は楽しい予定で一杯だから、バーテンのお兄さんしかいない可能性も高い。
http://fourthfloor.sub.jp/
とはいえ、明らかに店のスケジュールの穴埋め要員であるとはいえ、なんでもない我々にいつも場を提供してくれるフォースには敬意を表したい。仁義をおろそかにしていると、数少ない人間関係がますますお釈迦になっていく。こうした余興が出来るのもポンコツ店を続けているお陰である。
ポンコツ店、連休中はずっと開けている予定です。3日は19時までです。

バカのマグナム、ズーランダー!



最近ようやく洋画コメディの鑑賞方がわかってきたのである。
ゆるーくボーッと観てると悪ふざけが川の流れのようにどんぶらこっこ、あーっいっちゃったよー、という感じではい終わり、ってなイメージでした。言葉もセンスも習慣も違うのだから面白さは伝わらないじゃん、という偏見もあったりする。
が、それはそれとして、ツッコミのアンテナをマックスにして鑑賞すると、さりげないギャグも感知できるようになる。つうわけで、また無駄な特技がひとつ増えました。
最適なテキストが『ズーランダー』(2001)。監督、主演はベン・スティラー。
ファッションモデル、デレク・ズーランダーが主人公。背は低いが甲本ヒロトっぽくもあり、グラサン姿はシド・ビシャスみたいでもあり、実際カッコいい。と書くとオサレっぽいけど、すっげえバカなので安心安心。
長年トップを走っていたがズーランダーだが最近、ハンセルというマッチョ系モデルが頭角を現す。
でもインタビューで「尊敬しているアーティストはスティング。彼の音楽は聴いたことないけど」と、堂々とのたまうバカ。
彼らバカふたりがその年のモデル・オブ・ザ・イヤーを争う。ズーランダーは自分だと信じ込んでいるので、アナウンスをまったく聞かずステージに上がるが、今年のナンバーワンはハンセルだった。
その大ポカを二分割画面と流暢なカメラワークで捉える。「あっズーランダーってバカなんだ!」と観客に納得させる素晴らしいイントロ。
冒頭で流れるのはブロンディの『コール・、ミー』。チャラい。ものすげえチャラい。さらに作品中に流れるベタベタな80年代ヒットが、この作品のチャラい輪郭を固める。

傷心のズーランダーを励まそうとモデルの友人たちがドライブで盛り上がるが、ガソリンスタンドの事故で全員が死んでしまう。ここ、史上稀に見る犬死にシーンです。死因は「バカ」。
ズーランダーは葬式で「モデルだってガソリンが爆発すれば死んじゃうんだ」と偏差値が存在しないようなスピーチをしたあと、モデルはやめると故郷へ帰っていく。
彼の故郷は炭鉱町。顔を真っ黒にして働いている父親や兄弟のもとへ「全身ヘビ皮のスーツ」で現われる。偏差値もないが空気も読まない。
現場ではもちろん役立たず。仕事を終えて家族が一杯飲んでいるときに、息子が人魚に扮しているCMがテレビ画面に映る。
父親は「マーメイドになんかなりやがって。死んだ母さんが見たらきっと泣く」と吐き捨てる。
それを聞いた息子デレク、半ベソで「マーメイドじゃない!マーマンだ!」。いやーきっと、そういう問題ではないと思うんだよね?
長々とツッコミを続けているが、物語はまだ何も始まっていないのです。

そんなズーランダーを新作のショーに起用したいと、デザイナーの「ムガトゥ」から連絡が入る。
というのは建て前。実は歴代要人の暗殺は「洗脳されたモデル」が絡んでおり、新しいマレーシアの首相が「労働者にいい条件を与えてしまうため」、それじゃあ自分たちの工場が儲からんではないかと、ファッション業界の組合が彼の暗殺を企てる。
なぜモデルかというと「連中は体を鍛えている上に命令を聞くバカだから」という理由。いくらなんでもそれはないのではないかと思います。
その中でも特に「頭空っぽ」のズーは最適、というわけである。
業界に戻ったズーランダーはハンセルと「ウォーキング&命がけのパンツ脱ぎ合戦」(このシーンでは本物のデビッド・ボウイが出演。お疲れ様です。不動産屋時代のトランプもカメオ出演している)をした後に、バカたちの友情が芽生える。
そしてふたりはタッグで業界の暗黒組織に立ち向かっていくのであった!かというと、そうでもない。
バカ同士なので話の肝がわからず、会話のほとんどは上滑りしていくのである。
特に敵のアキレス腱であるところのパソコン(当時のアップルのようだ)を手に入れてからの「どっちもどっち」のバカッぷりは絶品。
さて、洋画コメディは「登場キャラの平均値がほとんどバカ」というパターンが多いようだ。
ただ、ヒロインだけはまともであり、これをツッコミに見立てるとわかり易くなると思う。本作も然りです。
そして、映画ラストの「噴水」。ここは見逃し勝ちだと思うけど、「ズーランダーっていい奴!」とほっこりする。
16年前の作品だが、非常に今日的なバカである。みなさんこんにちは。


Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 12 13
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ