忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 2017年10月13日(金)13時より移転オープンしました。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549 ■土/日/祝日のみ営業

ヘ イ ル サ タ ン



『高橋ヨシキのサタニック人生相談』(スモール出版)が売れているらしい。よかったよかった。
三冊出ている『悪魔が憐れむ歌』シリーズと比べれば相当ライトだが、人生相談本の良書。
内容は自身が発行しているメルマガに送られたお悩みに答えるというもので、直で向き合っているという感覚もあるのだろうけれど、実に真摯(紳士)である。特に「おいしいごはんを食べましょう」の連打にはうーんやっぱそうだよな!と確認を新たに。
著者は日本でおそらく唯一「サタニスト」を公言している人。これは本当で、アントン・ラヴェイという人が創立した「チャーチ・オブ・サタン」からちゃんと認定されている。
で、「サタニスト」「サタニズム」ってなんだろう?ってことになるのだが、「悪魔主義」と「悪魔崇拝」は別物であるらしい。
「悪魔崇拝」は教会を焼き討ちしたり、実際に殺人を犯したりとブラックメタルのバンドによくありがちな事件を起こさせてしまうものだが、「悪魔主義」はラヴェイが提唱した「信仰なんてつまんない枠に囚われず、もっと個人の自由を生きろ」という思想。神に対するカウンターとしての、悪魔。
なぜ悪魔なのかというと本人曰く、「だってサタンって言ったほうが面白いし上がるじゃん」ってことらしい。
らしい、ばかりなのだが、和訳本が出ていないので、すべては「サタニック~」に書いてあるヨシキ氏の翻訳からの受け売りなのである。
まえがきに書いてある「9ヵ条のサタニック宣言」を読むと、「これむしろ真っ当な人間だよなあ」と思う。
内容は本屋で見てもらって「ほしいな」と思ったら買えばよろしい。

というわけで最近神とか悪魔について考えているのだけど、どうも「大雑把に残酷」なのは神さんではないか?と思う。
一番有名なのは中世ヨーロッパの「魔女狩り」で、つまり「キリストの教えに反する」「不吉なもの」というたいへんファジーな理由で大量虐殺と拷問が行われた。
しかも「黒猫は魔女の使いってはなしなのでー」というさらにファジーな理由で黒猫も虐殺された。なんてことだ。
「ソドムとゴモラ」といういわゆる悪徳の町についても、「だってあいつらは退廃的なことばっかやってて言うこときかないからあー」ということで、神がお滅ぼしになった。らしい(聖書なんて読んだことがないので完全な「伝言ゲーム」である)。
ちなみにソドム=ソドミーで、「男色」の意の根源。ゲイ行為は反キリスト行為で、淫らで「生産性がない」から、つぶしてしまえと。いまLGBT発言で非難轟々の某議員と一緒だな。やはりいけ好かない連中は太古からそちら側であったか。
「生産性がある」のが美徳ならば、「産めよ増やせよ」の富国強兵の時代と一緒だ。じゃあ避妊せずにポンポコ子供を産んで「セシル」とか「セルシオ」とか名付けてるバカ夫婦のほうが立派なのか。オレだって立派に「生産性」なんかないよ。ほっとけバカ。ファックオフ。

では悪魔はどうかというと、そりゃ「悪いことしない」とは言わないですよ。ただし陥れるのはあくまでも個人レベルで、自分が大好きな少女漫画『悪魔(デイモス)の花嫁』に登場するイケメン悪魔は人々を不幸にするが、結局引き金を引くのは人間の欲望やそれに伴う弱さだったりする。そもそも彼が悪魔として人間界をうろつくことになったのも、神の残酷な仕打ちが原因なので、実は純な奴。一話完結の「世にも奇妙な物語」みたいな構成なので、少女漫画は無理という殿方にもおすすめ。
映画などでも「悪魔が世界を滅ぼす」みたいな話はあまり記憶にない。滅ぼすのはどっちかというと神、というか、「神の思し召しであるところの大災害」だったりする。悪魔はせいぜい食事の余興として女の子の頭をトンカチで叩いたり、少女に憑依してヤンチャをやらせたりする程度。(せいぜいってこたないか)。
ヒトラーやスターリンは多分、自分を「神」だと思っている。「悪魔の申し子」だとは思ってない。「俺、神」モードに入っているからこそできる、大虐殺行為なんである。
アートにおける悪魔の縦横無尽なカッコよさ。宗教画の悪魔は禍々しくも生き生きとしており、ヘヴィメタルにおける悪魔イメージは途切れることなく、そもそもアントン・ラヴェイのスキンヘッドに黒装束という出で立ちもクール。彼のルックスに惹かれて信者になる者も多かったのだろうと思う。
高橋ヨシキさんの赤いドレッドに全身タトゥーという外見も、サタニストであろうとする「真面目な」表意なのだろうか。

これはお悩み相談番外編。
ヨシキ氏のレギュラー出演するラジオ番組で、中学生から「僕はヨシキさんの大ファンです。映画と音楽と読書が好きです。同級生が熱中しているアプリゲームやアニメなどには興味がないので、話が合いません」とのメールが届いた。
これに対してのヨシキさんの名回答。「何も問題ないですね」。しかも「学校なんて年齢が同じだけの者を集めた刑務所みたいなもんなのだから、友達なんかできるほうがおかしい」。
これがバカ回答者だったら「みんながはまってるゲームも試しにやってみたら?楽しいかもしれませんよ~」などと答えるのだ(というか、こっちのほうが多数意見なのかも)。
つまり迎合するためにはゲームもやって、一番好きな映画や音楽や本に触れる時間を削れ、ということだ。これは「個人主義を貫け」というサタニズムにも真っ向から反する。
いや実際「問題ない」といことはないかもしれないのだ、が、そこは「問題ない」と言い切ってあげるのが、ちゃんとした年上の態度だと思う。どうでもいい同級生なんて無視して自分の好きなものに没頭していけば、いつか「それ、知ってるよ」と言い合える奴にきっと会える。質問者の中学生の子はきっとラジオの前で泣いちゃったんじゃないかな。

歩きスマホしてる奴らが嫌いだ。あの「ここから先は自分の私道!」という態度が最高にムカつく。
歩きスマホするくらいなら死んだほうがいいと思っているので、歩きスマホしてる奴らは全員死ねばいいと思う。みんなであいつらを線路から蹴落として「チミチャンガを作ろうぜ!」(byデッドプール)。
とはもちろんジョークだが(本当はそうでもない)端的には「こんなことも言える個人の自由をオレは持ってるぜ!」というのがサタニズムではないのかな?と思う。全員で斉唱、ヘイルサタン。
PR

営業日変更のお知らせ



悲しいお知らせです。すうさい堂は来週以降、土日/祝日のみの営業となります。
原因はどこぉ探してもお金がないからです。
特に先日、年金機構なる日本のゲシュタポ(気に入らないものは全部ゲシュタポだ!)より赤紙による通知がまたまた来まして、要約すると「金を払わないとお前を潰す。親族に危険が及ぶ可能性もある」ということで、さらにひとことで言えば「月夜ばかりじゃねえぞ」。
等価が帰ってこないものに金を払うほどバカバカしいことはない。が、もうめんどくさくなった。
放っておくと溜まっていく一方なので(なぜか数年間が免除になったことがあるにはあるのだが)、ストレスも溜まる。さらに健康保険と税金も元気に滞納中。
つまり「ストレスフリーというサービスを得るために」支払うことにした。
そうなると出稼ぎを増やさねばならんのですが、一応ホームページもちゃんと作るという動きもあるので、その辺で相殺としたい。
ちなみに平日の夕方以降は早々に体が空くので、自分としては楽っちゃ楽。
税金から逃げていたら結構なオマケがついてゲンナリだったし、健康保険はまあ日本はちゃんとしてるというか、アメリカの医療保険はバカ高いと聞く。んだもんで、まあしょうがない。
が、ネンキンなどに銭を払うなら自分にチャージしたいんですよ。僕にはもう時間がないんだ!
好きなCDはリマスターで聴きたいし(中古でいいんだ)好きな映画は劇場で観たいし、スペシャル・エディションのDVDで持っていたいし(中古でいいんだ)手元に置いておきたい書籍もある(古本でいいんだ)。
なぜかそのささやかな楽しみに使いたいお金を国に搾取させられるのである。くっそーゲシュタポめ!将来なんか知るかってんだ!
ま、わたくしも日本は超超超大好きでございますので、非国民と呼ばれないためにもいろいろがんばりたいのです。二年後の東京オリンピックもがんばれ。収束してない原発事故そっちのけでがんばれ。ア・ベシンゾーもア・ソータローもがんばれ。
そういえば人気イケメンリア充バンドの新曲が物議を醸したというのはタイムライン的にはもう古いのかな?
歌詞を追ってみても「さぁいざゆかん」とか「僕らの燃ゆる御霊(みたま)は挫けなどしない」とかのバカ丸出しで、あ?言いすぎ?じゃあちょっとがんばった小学生。
それはどうでもいいんだけど(そもそも「ぜんぜんぜんせ」がどうでもいい。音楽性もバンプなんとかのパクリという指摘があったが、そもそもなんとかチキンとかいうのがどうでもいい)、一応謝罪会見などした後に、ライブで「自分の生まれた国が好きで何が悪い」とシャウトしたとかんなんとか。
「やっぱボクはわるくないんだもん!」「あやまれっていわれたからあやまっただけだもん!」と、ザ・小学生で、あ、この話もういいや、どうでもいいや。
と・は・い・え、バンドの人も曲に感動した人もみんなが好きなのは「平成ニッポン」なのであって、この歌詞から立ち上がるイメージは「大日本帝国なんじゃね?」くらいの想像力はあってもよさげだと思うのですが、まあ、イケメンリア充バンドマンは余計なことを考えずに全員死んでほしいです。ファックオフ。

アジアン・ゲットーのウェストサイド・ストーリー



池袋新文芸座にて『(秘)色情めす市場』(74)鑑賞。
いろいろな人が触れているとおり日活ロマンポルノの大傑作。個人的には「究極の夏映画」であります。
「夏はイベントや出会いの季節!ちょう最高!!ファンファンふぁんFUN!!!!!」と浮かれた人々を尻目に地下に潜んでいる者からすれば、この作品の「とにっかく、だるくて、かったるい・・・・・くそったれが!」というムードに心を持っていかれる。もし季節が冬だったりすると、内容はウエットになるだろう。くそ暑い夏を描きながらも、そのテイストは徹底的に醒めていてドライだ。

ヒロインの芹明香が最高。決して美人ではない。X-JAPANのTOSHIに似ている気もする。
サイドストーリーに登場する宮下順子のほうが今みてもかわいいしエロい。が、この映画の主役は彼女には向かない。
モノクロで撮影された70年代の西成を、安っぽいワンピースの芹明香(役名・トメ)がふらふらと歩くだけで心が奪われる。最底辺の売春婦がとんでもなくカッコよく見える。
トメは母親(花柳幻舟)と弟と暮らしている。が、ママはいい年した同業者。弟は知的障害者。なかなかえぐい環境だが、タフな彼女にとってはそれが日常。
自分の常連をとったとられたと親子喧嘩を始めたりする。この辺が関西弁の妙なのか、ふたりのディスり合いがすこぶる可笑しい。最低最悪の状況を描いてはいるのだが、実はコメディでもあるのだ。しかも素晴らしいことに「人情」なんてものが一切入らない。
西成を統括するピンプ親父もゲスくて最高だし、彼に翻弄されるカップルも、・・あっこの作品のダッチワイフの使われ方は世界最高です。あぶないあぶない。
ただし、潔癖症の人は正視に耐えないかもしれない。当時の売春宿にシャワーなんかないし、なによりも「使用済みコンドームを手洗いして干して再利用させる」という仕事をしているおっさん・・・・これ以上最低な仕事は私、みたことがないです。

とにかくゲスい場面、ゲスい会話、ゲスい人間関係が延々と続くのだけど、まったく目が離せない。
(ただ、「指名手配と間違われている男とトメのストイックなエピソード」があって、それがこの作品の中の唯一の良心)
やはり、「ウチはここがええんや」という、トメの達観した視線によるところが大きいのだろう。「生ゴミの上より紙クズの上に座ってるほうがマシやろ?」といったような(そんなセリフ、ないけども)。
「パンパンであること」が、まったくコンプレックスじゃない。それは、自分は、そういうものだから。
江戸時代の太夫よろしく、客の男にもまったく媚びず。

ドブに顔をつっこまれ続けるような内容だが、自分は大好きなのであって、キラキラしたSFやアメコミヒーローものが基本的に苦手なのも、そんな嗜好によるのかも。
ドブ水から顔を離した瞬間に「あはははは」と笑ってしまうこともあるわけで、この作品を観た後は本当に爽やかな気分になる。現在、風俗産業に従事している皆様も鑑賞されたらよろしかろうと思う。
「NINPHOMANIA BITCH MARKET」なる英題を思いついてしまった。



伸るか反るか、究極の悪魔



「究極の悪役」ってことを考えてみる。カッコよさ、とか、悪の美学、とかではなく、「嫌さ」を基準にしてみる。
一番はやはり『ソドムの市』の四人のファシストたちだろうか。美少年美少女を奴隷にしてハレンチ騒ぎ(スカトロ込み)。自分たちの快楽以外はどうでもいい。特に内田裕也似の「大統領」がキモい。しかも誰も成敗されず、祭りは続くのでした、で終わり。うわーっ最悪。
『悪魔のいけにえ』のソーヤー家も嫌だ。言葉も喋れない電ノコ野郎のレザーフェイスが、実は一番「話が通じる」ってところがキモ。怒られればシュンとするし、楽しい宴の席ではチークを入れたり(おっしゃれー)、ちょこっとだけなら人助けもするので、「人間味」もあったりする。
ところが家長である父親は一見好々爺で会話もできるが、いかんせん「まったく話が通じない」。
なおかつ子供のように無邪気に残酷さをぶつけてくる。すっぴんの狂気。
『ムカデ人間2』のマーティン君はどうだろう。文字通り「人と人を繋いで」みたくてしょうがない知的障害者。しかもそれをホームセンターで揃えたような道具で、おぞましくも実行に移すのであった。
そして彼がブリーフ一丁になった時の姿はえ?CGか?と思わせる、「日野日出志のマンガから抜け出したような」ある意味で芸術作品。
「ああ自分はまだ普通だ、アートじゃなくてよかった」と心から思えてくる。

デビルズ・リジェクツとは「究極の悪魔」という意味で、そんな輩を主人公にしたのが『マーダー・ライド・ショー2~デビルズ・リジェクト』(2005)。ミュージシャンでもあるロブ・ゾンビ監督作『マーダー・ライド・ショー』の続編。
「マーダー~」はロブ先生の頭の中の花やしきという感じの、サイケでカラフルなホラー作品。表向きは殺人鬼博物館を経営しているが、裏で日々楽しく人をぶっ殺していたのが「ファイアフライ一家」で、犯行が明るみに出てしまった彼らは警察に追われる身となる。その逃亡を追うロードムービー。ジャンル的にはホラーからかなり逸脱する。
彼らに兄を殺された保安官が「神の意思」を持って一家襲撃を指揮するが、母親以外は逃げ切る。流れるサザン・ロック。この幕開けがもうカッコいい。
そして親切なおばさんが長男・オ-ティスと妹・ベイビーによってメッタ刺し。車を手に入れるためである。
このオープニングですでに振るいがけが始まっている。「これから登場するのは究極の悪魔だ。あんたはついて来られるのか?」というわけだ。
まず兄と妹はカントリーバンドマンの一家に侵入して全員を殺害する。ノーパンでズタボロのジーンズをたくし上げるベイビーのエロさに大概の男は家に入れてしまうのであった(ちなみにベイビー=シェリ・ムーン・ゾンビはロブ・ゾンビの嫁さん。同じ姓を名乗るとは、意外と古風な夫婦)。
これがまるで弱肉強食の世界で、二人の残虐行為が自然界における「捕食」を見ているようなのだ。弱いものは餌になる、などと考えているうちにあれ?おかしいな?と思ってくる。
後に兄妹は父親のキャプテン・スポールディングと合流する。車で逃亡中に父と娘は「アイスが食べたいから止めろ」と言い出し、息子は「だめだ」と口論になる。結局アイス買ってるんだけど。
このシーンが妙にかわいらしいのだが、罪のない一家を皆殺しにした直後の話なのである。
おかしなことに、この超残酷な連中が魅力的に見え始め、実は感情移入が「とっくに」始まっている。

父親の弟が営む売春宿に一家は身を隠すが、ならず者たちを雇って保安官は彼らを捕らえ、一人一人を拷問にかける。
こうなると「神の意思を持つ、法の番人」である保安官が世にも残酷な悪魔に見えてくる。
完全にロブの手のひらで転がされているのだけど、感情移入しているのはファイアフライ一家なんだよなー、という自分を発見するのだ。
いや、そんなことはない!という人もいるだろうが、その人は確実にこの映画は大嫌いですね。
主人公たちを究極の極悪人として描いているのだが、にもかかわらず、彼らはキュートでファニーで魅力的!こんな作品は他にないと思う。
『俺たちに明日はない』も『ゴッドファーザー』も実は主人公の「本当の悪の部分」を描いていないから、名作・古典として受け入れられている。実際のボニー&クライドは十三人も殺しているし、ドン・コルリオーネは自分の手は汚さないが、彼の一言で殺人が行われ、朝起きるとベッドに馬の生首が転がっている。
『デビルズ・リジェクト』はこの矛盾をチャッチャとクリアしてしまった、実はとんでもない作品なんである。
もちろん伸るか反るか、ではあるのだけど、反った人とはどうやっても平行線。なので、さようなら。
一度乗せられてしまうともう止まらない。血みどろのラストには大感動。初見はボロ泣き致しましたが、そういうボンクラは世界中にたくさんいるはずだ!
実質上の主人公であるスポールディングはハゲデブ親父だし、オーティスはむさくるしい長髪のヒゲ面。※うん、ベイビーはすごくかわいいな。
スタイリッシュさでいえば『ダークナイト』のジョーカーや『ニューヨーク1997』のスネークなんかの方がずっと上なんだけど、「気持ちの持っていかれ方」で言えばファイアフライ・ファミリーの圧勝。
確実に構造的にはおかしいし、どうかしている。それはわかっている、のだが。・・・・・最高。
要点しか書かなかったので、乗れる方々は是非。




史上最低って最高



「史上最低」。甘美な響きである。が、何を指して史上最低と呼ぶのか。あまりにもチープな稚拙さか。あえてモラルに揺さぶりをかける過激な表現か。あるいは目を覆うような「志の低さ」か(これに関しては見えづらいがものすごく多いような気がする)。
エド・ウッドとは自分の映画監督としての資質(の無さ)をまるで気にすることなく進み続けて、ひたすら「映画を撮る」という行為を続けたひと。ティム・バートンは溢れんばかりのリスペクトで彼の伝記映画『エド・ウッド』(94)を撮った。
エド・ウッドにとって最重要なのは「自分が映画監督であること」。メガホンで現場に立っていればハイになれるようで、つまり「何かを撮っている」ということが一番重要なものだから、「そこに何が映っているのか」ってことは基本的にどうでもいい。おおよそいい感じ、であれば。だから役者がセットにぶつかろうが発泡スチロールの墓石が倒れようがさほど問題ではない。いわく「パーフェクト!」。

彼を演じるのはジョニー・デップ。実際のエドさんもなかなかの色男なので、「ややとち狂ったイケメン」ぶりが板につく。ちなみにエドさんは女装が好きな服装倒錯者でもあったので、その筋でも先駆者なのだった。
それにしてもこの作品のエド・ウッドはチャーミングである。エドはダメ映画監督だったかも知れないが、人間的には全然ダメじゃない。
彼はそのチャームさで人脈を集め資本を募り、とにもかくにも作品を作り続けた。
その中の大物にベラ・ルゴシがいる。『魔人ドラキュラ』その人だ。ゴスを掘り下げれば元祖中の元祖が彼のドラキュラ伯爵だと思うのだけれど、エドと知り合った頃には仕事もなく落ちぶれたハンガリーの老人。しかもアルコールとモルヒネ中毒。
エドはベラの大ファンだったので「ぜひ自分の作品に出てくれ」と依頼する。仕事のない俳優は出演することになるのだが、現場にある動かない大ダコのセットに自ら飛び込み、「自分の手で」タコの触手を動かして「ぎゃあああああ」とかやっていたんだけど、実際のところ心中はどうだったのだろう。
そしてベラの演技は一昔前の芝居がかかったものだったので、スッカスカのエド作品に少しは厚みを加えた(のか?)。とにかく「あのベラ・ルゴシが出演!」ということは、なんもないエド作品にとって超目玉なのだ。
ちょっと面白いのはベラがやっかみなのかボリス・カーロフのことを「フランケンシュタインなんてのは、うおー!とか唸っていれば誰だって出来るんだ」などとやたらバカにしていて、エドも「そうそう!ドラキュラは優雅でなきゃ!」と調子を合わせてる。ダメ映画監督と落ちぶれ俳優の微笑ましい友情。
(カーロフはあのメイクながらとてつもなく哀しい目つきをしていて、自分は大好きなのだけれど、まあいいいか)
ベラ・ルゴシは治療費が払えないためリハビリ施設を追い出されたのち死んでしまう。貧乏ダメ監督であるエドは「もう大丈夫だから退院だよ」と言ってあげることしかできない。

もう一人はヴァンパイラ。テレビの人気女性ホラー・ホストだが仕事を干されていたので、「まいっか」という感じで作品に出演することを了承。ヴァンパイラの映像は現存せず、彼女の動く姿が観られるのはエド・ウッドの代表作『プラン9・フロム・アウタースペース』だけらしい。
これねえ、ほんっとにつまんなくて、内容は、宇宙人が地球人の死体を蘇らせてみたら超楽しくね?的な、・・・・すいませんまともにみてないのでよくわかりません。
ただUFOは灰皿で、宇宙人の服はドンキホーテ以下ということはわかった。ちなみに、近所の教会をうまいこと言いくるめて出資させた。
ともかく、セリフはないものの女ゾンビとしてヴァンパイラが出演している。エド・ウッド最大の功績は「動くヴァンパイラを映像に残したこと」かも知れない。

まとめれば「でも、やるんだよ!」の人。少なくとも自分の作品づくりを楽しんでいたし、その点で「志が低い」なんてことはまったくない。原案・素材の作成・編集の才能が皆無だっただけで。
「我々はみなエド・ウッドなのだ」などとは絶対言ってはいけない。ものを作っている人はそう言いたいだろうけど、絶対、一緒じゃないから。
エド・ウッドの本当の凄さは「自分の才能がまったくないということを一切認めない才能」であり、この根本に揺るぎがないから「史上最低の映画監督」というある意味最強のアイコンに成り得た。エド・ウッドはどこまでいってもエド・ウッドひとり。彼は「そこそこやっていけてる人」とは明らかに違う、異端者=フリークスなんである。
劇中でオーソン・ウェルズがエドに「他人の夢を撮ってどうする。自分の夢を撮れ」と言うシーンがあるのだが、「ちょっときれいすぎじゃね?」とは思ったものの、実はエド・ウッドに対してはその通りなのだった。

この作品はとても優しいし感動的だ。もちろんオタクではみ出し者のティム・バートンが優しい視線で作っているからなのだが、クズ文化が好きなオタクもそうじゃない人もじわっと来ると思う。つうか、これを貶すのは人間じゃないです。
が、後追いで一連のエド・ウッド監督作品は、観なくていいと思います。感動の涙も一瞬で乾くというものです。むしろ観るならば1931年の『魔人ドラキュラ』。
そういえばこの前のアカデミー賞をモンスター映画が総なめで受賞したとき、中継の町山智浩氏が思わず涙をこぼしていた。あれは「俺たちが大好きなやつをやっと世間が認めてくれた!!」という、本物のオタクの涙であった。


Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
月・火・水・木

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ