忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

「野良猫ロック」のまとめ



「さそり」も「修羅雪姫」も「広島死闘編」も「怪談昇り竜」も「ジーンズブルース」も観てしまったし、というわけで「野良猫ロック」シリーズ5作全部借りてきて鑑賞。
このシリーズには監督が二人いて、二つのパターンがある。
『女番長野良猫ロック』『セックス・ハンター』『マシン・マニマル』の長谷部安春はスタイリッシュなアクション系。
『ワイルド・ジャンボ』『暴走集団72』の藤田敏八はヒッピー集団による群像劇。
もっとぶっちゃけて書くと、「梶芽衣子を撮れる才能があるか否か」ということ。
藤田版の焦点のぼけたゆる~い感じってのがどうにも退屈。カジメイがなんか普通のあばずれねえちゃんだ。
(『ワイルド』で白ビキニ姿が拝めるけど)。
この人はカジメイが稀代のファッションリーダーってことがまったく理解できていない。
そこへ行くと長谷部版は分かってらっしゃる。ピースカとわめく不良女子の中において光る超然とした佇まい。
やはりこの人はナイフとか銃火器とかの物騒なアイテムを持たせないといけません。
そしてシリーズ最高の名言、ワイシャツに裸足のカジメイがバイクに跨りぶちかます、『バッキャロー!!』が聞ける『セックス・ハンター』はシリーズ中でいちばん好き。ジスイズロック!!
「愚連隊によるハーフ狩り」という危ないテーマを持つ作品だが、なぜかレギュラー出演している藤竜也演じる「バロン」も出色。幼い頃に姉が米兵にレイプされる現場を見てしまったためインポになった、悲しき暴漢である。この人の十八番、大した必然性もないのに巻き起こる「くっくっくっ、くあーはっはっはっはっ」のげたげた笑いも、このシリーズを馬鹿馬鹿しく彩る。
一作目は和田アキ子を売り出すためのタレント映画だが、郷鍈治のワルさ&カジメイ軍団による「ミニスクーターの暴走」が光る『マシン』と、前述の『セックス』はおすすめ。そしてほとんどに苑文雀さん(昭和の上戸彩)が出ています。
ゴールデンハーフ、オックス、モップス、アンドレ・カンドレ(井上陽水)、カジメイの妹ちゃん、カジメイと安岡力也によるデュエット等、当時のニューロックを盛り込んだサイケ歌謡映画としても楽しめます。ゲバゲバ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ