忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

あやまんジェットコースター



若尾あやまんJAPAN主演、『悶え(監督・井上梅次/1964年度作品)』鑑賞。@阿佐ヶ谷ラピュタ。
バージン若尾が結婚した相手は不能で、まわりのヤリチン青年や(川津祐介)「翔んでる女」(江波杏子)、人工受胎をめぐるドロドロにはまっていくという、なんつうかその「インポテンツ・サスペンス」。
そもそも新婚の時点で既にセックスレス、というパターンも少なくない平成から考えると、処女妻が新婚初夜で旦那に身を捧げる、なんてのはもはやファンタジイである。ますむらひろしかっ、て話である。そこはアタゴオルなのかっ、て話である。
一番の見所は、欲情した旦那が若尾妻に挑みかかるのだが、いきなりそのシーンはバックが真っ赤にライティングされ、「渦巻き」がぐーるぐーると回りだす。いやちょっと、笑いをこらえるのが大変でした。
当時の芸術祭参加作品らしいのだが、実際のところ「エロ」を求めた観客がもじもじと鑑賞していた様も容易に想像がつく。きっとそうしたカムフラージュも必要だったのだなあとも思わせ、タイムカプセルのような一品である。
若尾さんの「元祖盛り髪」や昭和ファッションもシャレオツであります。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ