忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

婆さん・バーサス・熊さん



思わぬ拾い物ってのはあるもので、最近観た映画で一番面白かったのは『デンデラ』(監督/天願大介・2011)である。面白いとは「笑いを禁じ得ない」という意味で。
姥捨て山の話である。そこまあではまあいい。ところが、どっこい生きてる山の中(ド根性ガエルっぽく)。
捨てられた老婆のうちの一人・メイ(草笛光子)がしぶとく生き残り、婆さんのみ助け出し(男は無常にも見殺し!)「デンデラ」なるコミューンを作り上げる。カユ(浅丘ルリ子)もメンバーによって命を助けられた。
そこで婆さんたちは何をしているかというと、自分たちを捨てた村を奇襲するための軍事訓練を行っているのである。いひ。いひひひひ。
メイが百歳になりいよいよ村への復讐決行!という直前、デンデラはヒグマに襲撃される。
ボスのメイが「熊なんぞおそれるな!こっちは40人もいる!」と、むちゃぶりな発動命令を下すが、どんどこ惨殺されるおばあちゃんたち。とにかく「熊(もろに着ぐるみ)とバトる老婆の戦闘集団」という構図が面白すぎる。はひはひ。
眼帯姿の賠償美津子は出て来るわ(カッコいい)、大雪崩は起きるわで、ノリとしては完全にB級アクション。
予告編を見ると「命とは?生きるとは?」みたいなことを問いかけているよな気がするのだけれど、なんにも答えてません。勇気や希望をもらおうとして、この作品を観たお年寄りの方々はどう思ったのだろうか?
なにしろ、自分たちと同世代の婆さんたちが熊によって次々と血祭りに上げられていくのだから。
先に挙げた面子に山本陽子を加え、往年の大女優の競合!というノリなのだけど、出来たのがこのトンデモ作品っていう。いやしかし、最近の邦画では最もアナーキーなパワーを感じた一本。世間の評価が低かろうが関係ない(婆さんたちが村を襲撃して男たちを皆殺しにするシーンがあれば、もっとよかったが)。
煮詰まったら「デンデラ~!」と声に出してみてほしい。きっと勇気がもらえる。かもしれない。

明日とあさっては心の洗濯のためお休みデス。よろしくお願い致します。


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ