忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

爆音はじまりました



遅ればせながらわたくしのラストバウスが始まりまして、先日は三作品立て続けに観ていたのでした。
まずは、ゆらゆら帝国ライブ@日比谷野外大音楽堂。
ギリギリで立ち見にセーフ。爆音史上最大の動員だったそうで。
編集も音質も粗いが臨場感はある。ライブにも二回行ったがおおよそこんな感じであった。
映画というよりは昔懐かしいフィルム・コンサートでかかっていたようなブツ。ライブなのでインプロやりまくりだが、スタジオ作品ではこの辺をちゃんと抑えてコマーシャルに作っているのがこのバンドのいいところ。「それだけ」やってるおサイケバンドなら山ほどいるのである。
正直、初期のはじけた曲も聴きたいなあと思ったがしかし、『夜行性の生き物三匹』は上がる。
音頭×ロックンロール。小難しい理屈抜きで作られたスマートな名曲である。

お次は『デス・プルーフinグラインドハウス』。
これだけバカバカしくてカッコよくて気持ちのいい映画はない。爆音で観るのは三回目。
ここのところキッチリした映画作りをしているタランティーノですが、たまにはこんなバランスが悪い、何のメッセージもない、オタ趣味丸出しの(しかも、おなごの尻っぺたやつま先を執拗に撮りまくる)作品もお願いしたい。
モーターサイコ野郎のカート・ラッセルが後半どんどんアホになっていく。イカしたラップダンスを披露するヒスパニックおねーちゃんを始め、登場する女が全員ビッチである。こいつらの下衆な女子トークに無駄に時間を割いているのも本作の特徴。
そして走行する車のボンネットに乗り、ベルトのみの命綱で「イヤーッホー!!」とかなんとか大はしゃぎするスタントマンのねーちゃん、すっごいアホ。しかしながら体を張ってこのアホアホなスタントをやっているところが最高。
タラの選曲によるマニアックな音楽。唸りを上げて暴走するクルマ。「アホか?!」以外にかける言葉がないラストなど、劇場の爆音で観るべき映画である。

三本目『Dr.フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』。
この最高のバンドの最高の時期という最高の素材を、例によって一人よがりな映像コラージュでズタボロにした、ジュリアン・テンプルの才能に脱帽。




PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ