忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

隣の家に囲いが出来たってね?HEY!



『ピンク・フロイド ザ・ウォール』鑑賞(@バウスシアター爆音レイトショー)。
10年ぶりくらいに観たが、緻密な狂気というか、ゴージャスな悪夢を堪能して参りました。
ピンク・フロイドってのは高校時代の友人がはまっていたおかげで、パンクと平行して聴いていた唯一のプログレだった。
プログレってのはコズミックとかファンタジー方面に行きがちなので苦手なのだが、このバンドは人間のダークサイドに視点を当てた作品が多かったと思う。
特にそれが顕著だったのが「ザ・ウォール」。人間はそれぞれ自分の周りに壁を築いているのだから分かり合えるわけがないという主張のアルバムで、これはその映像版。
ロックスターが絶望の淵に見る狂気を映像化、みたいな言い方がもっともらしいが、つげ義春の「ねじ式」を解説してもしょうがないのと一緒で、この禍々しさにのるかそるか?ってこと。

挿入されるグロテスクなアニメが秀逸で、特に戦闘機のような巨大な鳥が飛翔し、ユニオンジャックがバラバラになって真っ赤な十字架が出現するシーンには体がぞわぞわした。http://www.youtube.com/watch?v=93YN7xjCjBM&feature=related
後半はモロにナチスの党大会やクリスタルナハトがモチーフ。表現としてギリギリまで行ってやろうという向きにとって、ナチってのは格好の素材なのだろう。http://www.youtube.com/watch?v=YAlVEbjusLk&feature=related
この辺になると主演のボブ・ゲルドフがドはまり(嶋田久作にクリソツ)。ちなみに後の「ライブ・エイド」の主催者で、博愛の人として有名になる方である。
全編に流れるフロイドの重苦しいナンバーが心地よい。たまには毒風呂にぬくぬくと浸かってみるのもオツなもんでやんす。

しかしピンク・フロイドって本国ではモンスターバンドだったが、この厭世的な世界観を持つ曲たちが爆発的に受け入れられたってのは不思議。
が、熱狂するオーディエンス・大ヒットを記録したアルバムセールスに対し、ロジャー・ウォーターズみたいなシニカルな人間は「け。俺の悪意と絶望を喜んでやがる」と、ますます厭世的になり、結局バンドなんて意味がない、解体!となったことは想像に難くない。
ロック・ミュージカルの傑作として名高い「ロッキー・ホラー・ショー」も「ファントム・オブ・パラダイス」も、どうにも手ぬるい。コスチュームばかり過激で大したことないわ、と感じてしまった自分にとって「ザ・ウォール」は、最も残酷なロック映画として殿堂入りしたのであった。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ