忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

ファスター・ニンジャメン!キル!キル!



サムライブルーなんつって盛り上がっていたわが国ですが、なんだかどうも不快なのは、白土三平の影響によるところが大きい。
人殺しの技を磨くために切磋琢磨しているが、実際に自分では何も作らず、お百姓さんからピンハネし、虫けらのごとく殺し、切羽詰ると勝手に腹切って死んじゃう。
『忍者武芸帳 影丸伝(バトル・オブ・ニンジャメン/レジェンド・オブ・シャドウ)』を初めて読んだのは中学に上がる直前くらいだが、いまだに強烈な作品である。

農民たちのレジスタンスをプレゼンするアウトローの忍者・影丸を中心に、仇討ちを生きがいとするサムライマン・城太郎や、僧侶で殺し屋のキラーエリート・無風道人、水棲人間の「岩魚(いわな・フィッシュマン)」、体から電気を発して相手を倒す「しびれ(エレクトロ)」、穴熊の習性を持つ(地面を掘り進む・くっさい屁をこく)「くされ(ランシド)」、亀のように首が引っ込む「蔵六(タートル)」といった影一族(シャドウズ・ファミリー)らが躍動し、ノブナガ・ヒデヨシ・ミツヒデなどの実在の歴史上の人物とからむ。
『カムイ伝』ほどイデオロギー的ではないが、1959年にドロップした、ヴァイオレントでゴアなエヴァーグリーンのエンターテイメント。

結局、差別的な表現抜きではこのような作品は生まれ得ないのである。
片目片腕なんてごろごろ出てくるし、貧乏な農民は武士どもに笑いながら虐殺される。
すべてのページが血なまぐさいけどパワフルで自由。
「眼帯」という悪のアイコンすら見かけなくなった最近の漫画は、やっぱり少々お上品なんじゃないかと思う。
「努力・友情・勝利」のお題目は、とんでもなく重くて不自由な足枷である。
PR

Comment

無題

  • 匿名
  • 2011-05-18 11:51
  • edit
城太郎じゃなくて重太郎ね。

無題

  • すうさい堂
  • 2011-05-22 18:02
  • edit
すいません。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ