忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

拝啓ならずもの様

『ストーンズ・イン・エグザイル』。
勘違いしてはいけないのは、ミックがエグザイルに新メンバーとして加入したわけではなく、72年に発表された『エグザイル・オン・メインストリート』というアルバムのドキュメント映画ということ。
初日にバウスで鑑賞して参りました。

バンドは絶好調。ミック・キースはもちろん、チャーリー・ワッツのクールな存在感にも注目したい。
ストーンズというとすぐに「やつらのロックンロールな生き様が」とか言われ勝ちだけど、めんどくさい論議である。実際に生粋のロッカーはキースだけで、チャ-リーはジャズの方が好きだし、ミックはビジネスマンで俗物だし(そこがいいんじゃない!)、ビル・ワイマンなんか輪をかけて俗物だ。
(ゴダールが「悪魔を憐れむ歌」の製作過程を撮った映画があるけど、その中でもビルは自分のパートであるベースをキースに取られても、平気でマラカスなんか振って、「フッフー」とかやってた。仕事に対するこだわりはあんまりないようです)

そんな人たちが出す音やパフォーマンスはロックンロールとしか言いようがないもので、それだけが重要。キースの真似しようったって出来るわけないんだから。彼らのタフさは見習うべきだが。そして多分最後の名作が、『メインストリートのならず者』。
南フランスの地下室で録音された二枚組は、ベストを聴いたから次これいってみよう!のノリで聴くとついていけないであろうと思われる、ディープで混沌とした作品。そして、クスリ臭い。ジャケも見世物小屋の芸人やフリークスの写真を使っている。
「ハッピー」「ダイスをころがせ」のような有名曲より「シェイク・ユア・ヒップ」「カジノ・ブギー」「ヴェンチレイター・ブルース」のようなドロドロナンバーが真骨頂だと思う。

各種のアルコールやドラッグをキメて、おセックス様(ジョージ秋山風)をして、セッションを重ねても、彼らにとってはそれが日常で仕事。
「生活の糧」のバリエーションのひとつであり、それでおまんまを食ったりおまんこ(おセックス様)をしたりしているという点では同じこと。
てことはネクタイ締めて文字盤を叩いたり、制服着てレジを叩いたりしている我々も全員「ロッカー」であるという自覚を持つべきである。今すごくいいこと言った。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ