忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

たのしいギョーカイ用語講座(補講)



どうもです。先日のギョーカイ用語講座で何点か忘れていたものがあることを思い出し、本日追加講義をしたいと重います。お暇な方はお付き合いくださいませ。
まず、最近はこれもメジャーになりつつありますが、「ハケる」。もともと現場を「撤収する」という意味合いらしいですが、日常的には「帰る」としても使えます。例・「あれ?みんなハケたの?」
「ダーター」。これは「タダ」=無料です。例・「このシャツ、ダーター」。
「ビークー」。「クビ」=解雇を意味します。自分の友人がバイトをクビになったときも「ビークー?ビークーになったの?」と、ビークーを連発して嬉しそうでした。
「ロープー」。これは「プロ」ですが、本当のプロフェッショナルの人が「俺、ロープーだから」とはあまり使わないような気がするんですがどうなんでしょうね。
「定価」は「プロパー」などと呼んでみましょう。

では音楽編など。普通の人の発音は、ギターは「ギター(↓)」と下がりますが、ギョーカイの人は「ギター(↑)」と、「ター」にアクセントをつけます。
「ドラム」は「タイコ」、キーボードは「鍵盤」、「トランペット」は「ペット」です。時にベースは「ベー」、パーカッションは「パー」と省略したりします。
「マイルスもそんなに上手いペッターじゃないんだけど」などと発言して、自分の大物感を演出してみてはいかがでしょうか?
あ、マイクチェックなんかをするときも「あー、あー」じゃなくて、「チェーック!チェックワン!」とスタイリッシュに決めてみましょう。
ちなみにこれらはすべて、私が実際に聴いた生の言葉です。
・・あと思いつかねーや。じゃあ、シクヨロ~。

私の師匠は国際感覚が豊かですので、各国のリアクションも体に染み付いています。
嬉しいときは「サンキュ~メ~ン!」で、肯定するときは「イエスメ~ン!」、気にいらない事柄には「ファーック!」。
別れ際には拳と拳をぶつけて(黒人ラッパーがよくやるアレです)「イエーイ」なんつって帰るのですが、これは純日本人である私にとって「なんともいえない」儀式でありまして、はあ。
あと、やはり別れ際に「チャオ!」を頻繁に使っておられましたが、これを電車の中などでやられるとですね、車内の人がみんな一斉にツイートするんじゃないかなどと、余計なことを思ったりなんかしまして、はあ。

師匠は国際的な人間ですので、しばしば日本国内のしばりから(勝手に)解き放たれたりしておられましたが、ある時アキハバラという駅のホームでタバコが吸いたくなり、ホームで(勝手に)デッドゾーンを見つけ、そこで喫煙していたそうです(彼いわく、「遠慮がちに吸ってたんだよ?」)。
で、若い駅員に注意された師匠は「すみません」とすぐにその行為をやめたのですが、電車の発進と同時にその駅員が師匠に向かってなんと、「中指を立てた」そうです。
ブチ切れた師匠は思わず「電車と平行に走っちゃった(笑い)」らしいんですが、双方に言いたいことは、「俺らそんな文化圏の人間じゃないだろ・・・?」ってことですねえ。

これは国際感覚とは関係のない話なんですが、師匠は胃腸の弱い人でもあるので、よく公衆トイレを利用します。
ある時、某駅で催した際に駅のトイレを使おうとしたのですが、個室は満員。
しばらく我慢していたのですが、いよいよ切羽詰った師匠は、「いつまでお前らクソたれてんだあ!?」とドアをキック!
すると両隣から、若者とおじさんがズボンを上げきらぬまま、飛び出してきたそうです。
日本的には「無理を通せば道理がひっこむ」の実例ですが、あるいは「フロンティア・スピリット」と言えなくもないかも知れません。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ