忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時よりリニューアルオープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。

ゴヤゴヤゴーヤ♪



先日は勢いで店をさぼり上野まで流れ、国立西洋美術館の『ゴヤ展』にたどりつく。
ゴヤとは沖縄の特産物でなくスペインの画家なのだけど、宮廷画家のお仕事として描いた油彩の人物画と、自らの闇をキャンパスにぶちまけた「黒い絵」シリーズや不気味な連作版画がある。自分が好きなのはもちろん後者。
仕事と自分の描きたいことを分けるなんざ、プロのクリエイターである。思わず「クリエイター」なんて使っちまったが。
無表情な人物画に関しては特に感銘も受けないのだが、悪魔や人間を皮肉った版画はどす黒く生き生きしていると思う。ただサイズが小さいので、鑑賞するには少々疲れました。
本当は『わが子を食らうサトゥルヌス』が見たかったのだが、残念ながら展示されていなかった。
これはゴヤが聴覚を失ってから描かれた77歳のときの作品。表情が凄い。しかし「むっしゃむっしゃ」いっちゃてます。原画は股間がギンギンで、「それはいかがなものか」と修正されたという説もある。
「実はこれが当時の最先端グルメでして」とアホ解説をかましたいところだが、強迫観念の塊のようなこの絵を前にしてそんなおちゃらけは書けない。書いちゃったけど。
晩年のゴヤはこれを食卓に飾っていたとか。お客様ドン引き。
しかしこの絵こそ自分の本懐、という態度なのだろうか。だとしたらやはり芸術家である。あ、クリエイターなんて呼んじゃってゴメンな。
あと、このサイトがすごいです。http://www.muian.com/
ビアズリーやらシーレやらの「それ系画家」などの絵がごっそり見られます。
そしてゴヤ展に来ていた娘さんたちのかわいい率は高かった。

んで、上野公園をぶらつき、アメ横のふきっさらしの名店「陳陳軒」でしょうが焼き定食を食ってみたらこれがマジでうまく、腹は満たされているもののすでに食欲がもう一品を臨んでおり、そのままタンメンも続けていけたかも知れない。不思議であった。
さらにキャッシュオンデリバリーの粋な立ち飲み屋で酔っ払い(イッツ・メンズ・メンズ・ワールド!)、ふらふら帰る。同行したまっつん構成員が徐々に執着し始めて止まらなくなった「闇金ウシジマくん」のフィギュアは、どこの店にも売切れたりして置いていなかったというのがオチです。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ