忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

サマーロマンス

すうさい堂さんの出稼ぎ先というのがなかなか因業で、常連のヤクザが同業者に捕まって車の中に拉致されていくところを目の当たりにしたり、ばーさんがデザートケースに荒塩を盛ったりアイスの中に生花をほうりこんだり、それを捨てようとしたら「呪われるー!!」と大騒ぎしたり、ばーさんが何かを店員に頼んだが断られたので、「   セックスしなくていい!!   」っていう粋な捨て台詞を残して去ったり、ばーさんがなぜか「あたしここのオーナーなの」とのたまったって色々ゴネたり、ばーさんが急に「こあせさん(あっしの名前)、よんせんえんちょうだい、よんせんえん」と投資をもちかけたり(すべて同一人物)、ちょっと親父とトラブったもんでレシートに連絡先を書いてもらったら「JALユニセフUSAアメリカetc」と紙がみるみる真っ黒になった挙句(電波文書作成の実況中継)、袋を忘れて行ったので中を見たら大量の旅行のパンフと財布の中にはキャバクラのショップカードが一枚だけ入ってたり、トイレを汚す人ってのはいるもんですがユーチューブならぬマイチューブから出た絵の具で壁に「ペイント」したアーチストがいたり(ストーンズ風に言えば『茶色くぬれ!』※店長の娘さんが泣きながら掃除してました)、消息不明になったバイトがいたり、日本語めちゃめちゃあやしいモンゴル人の女子を雇っちゃったりと、思い起こせばなかなかしっちゃかめっちゃかであります。

しかしながら先日は「真打登場」というかビッグサマーイベントな事件がありまして。
60くらいのばーさんなんだけど見た目が完全にあやしい。
厚手の上着を脱ぐと下はワイシャツ一枚。しかもノーブラ。片手にはヴィトンのバッグ。
若い娘っ子が彼氏の家に泊まった際に着たりするのは風情かもしらんが、目の前にいらっしゃるのは狂ったご婦人。
で、意味不明の言葉をぼやきながら店内を一時間以上徘徊。
結局帰んないもんで警察を呼ぶ。
なぜかスリッパと「東京名所案内」みたいな雑誌を買おうとしたのだが、まともなお金がなくて、記念硬貨で清算しようとして、その硬貨の由来をお巡りさんにひとしきり。
にっちもさっちもいかなくてお巡りさんが「上着脱いだりしてるじゃん」とか言ったら、

『あんた、そんないやらしいこと考えてるの?



まお
かしい
んじゃないの???』


と、今年上半期一番の「名言」がキター!!!!

結局交番に連れて行かれたようなのだけど、今年の「夏の思いで」になりそうです。
拾った松ぼっくりにずっとこだわっていたなあ・・・・。

松本人志が狂ったキャラを演じていても、どこか整合性があるので笑いを生むことができる。
しかしリアルな方というのはつまんないわけわからん話をぐるぐる繰り返すのみなので、目の前で聞いていてもそんなに面白いもんではないよ。
しかしながら「我関せず」と、黙々と立ち読みを続けてる連中も、同じくらいイカれてると思った。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ