忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

さようなら悪女さん




というわけで悪女特集のラスト、『しとやかな獣』(監督・川島雄三)を観に行って来た。
ずっと団地の一室で会話のみで展開される作品なのですが、これが面白い。
勤務している芸能プロから横領をはたらく息子。
それを知っていながら口裏を合わせてプロダクションの社長をなだめすかす両親。なぜならおうちにお金が入るから。
だが、その金を女に貢いだと知ると激怒するおとーさん。そこんとこは怒るわけだ。
しかもこの親たちはお手当てを目当てに、自分の娘を流行作家にあてがっている。公認援助交際というわけ。
この親子関係が痛快なのは、「ゼニを得る」という点においては手段を選ばず、それに対してまーったく何の罪悪感も持っていないということ。
お互い腹を割って話が出来る正直で素晴らしい家族である。
(うちなんか19歳の時に死んだ爺さんとまともに会話した累計時間は、どう考えても1時間に満たないぞ。ずっと同居していたにも関わらず)
息子をたぶらかした金で旅館の女将におさまった経理の女・若尾文子が艶っぽい。
なんと言っても一番の怪演は父親役の伊藤雄之介でしょう。悪党のくせに罪悪感がまるで透けて見えないので、妙に爽やかであり、愛らしくもある。
そんな旦那を常にフォローする、というか「操る」参謀のような奥さん。
淡々とした映画だが、テレビから流れる音楽に合わせてバカ息子とエンコー娘がゴーゴーを踊るシーン(バックには真っ赤な夕陽!)は、はっとするほど狂騒的。

「しとやかなけだもの」と語感も素敵なこの作品、正月映画として公開され大コケしたらしい。
今回はキズが入りまくりのフィルム上映で観られてよかったよかった。
『家族ゲーム』に近い雰囲気もかなり濃厚なので、かの作品のファンにもおすすめ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ