忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

せえらあふくときかんじゅうとゆうやさん

昔からよくわからない事例に「薬師丸ひろ子」というのがあって、よくわからないままでも別にいいのだけれども、まあお勉強の意味合いで、『セーラー服と機関銃』をがんばって鑑賞したのだけれど、「やっぱりよくわからない」といううすぼんやりとした結果に終わったのでした。
そもそも「女子高生なのにヤクザの組長」という設定が、ファンタジーとしてもあまり出来がよくないというか、それでも大ヒットさせてしまう当時の赤川次郎・角川映画・薬師丸の三位一体となったブットバシぶりはひしひしと感じます。
渡瀬恒彦・柄本明・三國連太郎などが脇を固めてはいるのだが、なにせ足場がぐらぐらなもんで、やっぱりどうしてもペラッペラな印象は拭えない。人はやたらと死ぬんだけど。
時代、というか、80年代のマジックなのでありましょうか。
有名な「かい・・・かん・・・!」ってシーンあるじゃないですか。
あれは敵の「わるいやくざ(ははは)」が所有しているヘロインを打ち砕いているのですよ。今まで知りませんでしたよ。
などと書いてはいるが結局のところ、今も昔も「薬師丸ひろ子が全然かわいく思えない」の一点に尽きる。
さらにひろ子から、「ユーたち」「おたくら」「オジン」等のエイティーズ用語を連発されますと、なんともいえないうすぼんやりとした気分になります。「まる!」で終わるのもなあ・・・。
この作品に封じ込められた「伝説の女子高生」より、その辺にゴロゴロ湧いてる「リアル女子高生」の方が百倍かわいい、ってのが結論であります。

思い出せば80年代の内田裕也は、「地味(短髪の頃)だけど、修羅場を潜り抜けてきたような」どす黒い迫力があって、子供ながらにもROCKを感じる人だったのだが(歌唱力に変化はないですけども)、ここんところは「新種のお猿さん」みたいな、珍しい生き物になってしまいました。
・・・やってくれますなあ。しかし「被災地でボランティア」するのも裕也なら、「復縁を迫って恐喝まがいの行動を取る」のも裕也なのだろう。
心の中に「ドラえもん」と「魔太郎」を飼っている人である。
しかしキリンさんはクール。なにせ夜中にラリッて二世代住宅に乱入してきた裕也氏を、鉄パイプでボコボコにした人だからね。
妻というより、「裕也専属いきものがかり」という感じである。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ