忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

メスバチとマムシ



池袋新文芸座にて『まむしの兄弟/恐喝(「カツアゲ」と読みましょう)三億円』と『女番長(「スケバン」と読みましょう)ブルース/牝蜂の逆襲』鑑賞。
東映ピンキー&バイオレンスの巨匠、鈴木則文追悼上映。
「恐喝三億円(73年)」は、はみ出し者二人組が情にほだされ大活躍、というプロットが「ブルース・ブラザース」の元ネタなんじゃないかとの説もある(まむしの場合は「大殺戮」になるのだけど)。
菅原文太と川地民夫、すばらしくバカ。ちょっと違うタイプのバカふたり。
当たり屋をして慰謝料を求め、加害者である中国人の社長を恐喝に向かうまむしブラザース。実はこの社長は覚醒剤密売の大物。その家に住む流民の用心棒・松方弘樹にボコボコにされるが、彼が後半、駆け落ちした社長の娘と共に取引される覚醒剤・三億円分を奪おうとブラザースを誘う。
母親を探しに中国に渡るという松方に打たれ、「五円で売られたラーメンの兄ちゃん(松方)が三億のカツアゲや。おもろいやないか!」とこの計画に乗る。基本いいやつ。凶暴だけど。報酬は二分の一。
「三億の半分てなんぼや?(川瀬)」「アホかお前は。1500万やないか!(菅原)」。でも、バカである。
完成していない筋彫りの刺青が、はんぱ者である二人を象徴している。
『仁義なき戦い』はシリーズ化が進むに連れ、菅原文太演じる組長がやくざ社会の徒然に苦悩する様が描かれ、一作目のはじけっぷりからはどんどん遠のいていく。極道とはいえ管理職は大変だなあと思う。
このシリーズの菅原文太は、狂犬としてギラギラしていた最盛期である。

「牝蜂の逆襲(71年)」は池玲子主演のスケバンもの。東映はこの類の作品はすぐにシリーズ化します。
池姉さんをリーダーとするグループ・アテネ団は美人局や万引きや車泥棒などをして毎日楽しく暮らしていましたが、そこに現れるOBのズベ公・ジュン、池さんに惚れてる愚連隊のボス・次郎、彼が組織ごと盃を受けようとしている暴力団・秋元組、そこの客分である天知茂、出てくるだけで何をやっても面白い由利徹、セイガクのバイクチーム、などが絡む。
最大の見せ物は、バイクチームが「これからはカーセックスの時代じゃねえ、モーターバイクファックだ!」と、女子たちを裸でバイクに乗せ正常位で挿入しながらバイクを走らせイッたら負けよ、という世界でも類まれなるバカなシーンか。振動で果てるのでしょうか。
池とジュンがタイマン勝負をして、それに負けたジュンがチームを去ってゆくところにいきなりチームの一人がド演歌を歌いだして送る(どうやら本物の歌手)、というシーンは泣かせる。いや、泣いてないけど。
トップ屋として登場する山城新伍はギターウルフの故・ビリーみたいで、かなりトッポい。
劇中、やたらと「あたしたちは野良犬だよ!」というセリフが繰り返されるが、「牝蜂」って言葉はひとつも出てこない。どうでもいいんだけど。

ところでこの二作品にはやっぱり、粉ものを指で舐めて「こりゃあ上物だ」とやるシーンが出てきて笑ってしまった。
この手の役をやる俳優にとっては必須のシーンか?「あの人はシャブを舐めさせたら日本一」なんて評価もあったりして。
70年代の東映には必ず「汚い組長役」専門でやってる役者さんが出演していて、顔は刻まれたが名前がいまだに分からない。かわいそうなくらいおんなじ役作りである。
小松方正も出てたけど微妙に汚い大人な役が多い。こうした「カッコよさをまったく感じさせない役者魂」ってやつもある。プロフェッショナル、ということなのだろうけど。
鈴木則文監督の作品は娯楽性と反骨精神が両立していて、わかりづらいところまったくない、ってのはいい。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ