忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

「銀」と書いて「しろがね」と読む




いやーなんとか本年も無事に開けました。いやー昨日の14時間バイトはきつかった。正月はがつがつとバイトにいそしむのであった。
「がっかり福袋2013年バージョン」も出ております。限定1部なので酔った勢いで買ってください。今年は大物が入ってるのでずしりと重い。
セールもやっております。これは店主のお正月気分が消えると同時にさくっと終了するのでお早めに。

暮れに吉祥寺フォースフロアで行われた朗読会『謳わず語れ』ってのに出たのですが、他の人はちゃんと朗読していたのだが(フリートークの落としどころがわからなくなって、原発の話を始めたあたりでスイッチ切られたバカが一人いた)、せっかくなので自分はブックレビューでもやろうと思い、持って行ったお題が田亀源五郎の名作・『銀(しろがね)の華』。
これはなにかっつーとですな、普通に生きていたらまず手に取る機会がない伝説の「ド変態ハードゲイコミック」。
上中下の全三巻からなる大作。再発版があるのでそちらで入手可能。
作者は日本のゲイアートの第一人者。すこぶる絵がうまい。かわぐち某とか谷口某ジローあたりに近い正統派の絵柄。
その画力でもって何を描くかというと、もちろんゲイの話を描く。
これが「フツーのゲイの話」であれば特に興味もないのですが、あまりにも変態の度が過ぎるので、十年ほど前に読んだ初見のインパクトはすごいものがあり、エログロには免疫があるはずの自分ですら口あんぐり。
遊郭「金華楼」の常連・月島銀次郎はこの店への借金が払えなくなり、やむなく用心棒になる契約をさせられるが、本当のポジションは激安で体を売られる「男女郎」であった。
もちろん、もともと女好きのストレートであったのだが、「女郎」としてデビューさせるためにあなるちゃんを開発されるのである。
この作品はゲイ雑誌掲載のものなので、どいつもこいつも男のアナルに指やちんこを入れることに抵抗がない。
「へへへさすがは生娘」なんてセリフが。つーかそれ、男のケツの穴なんすけど。
「女ですら入らないデカマラ男」にレイプされたあと一度は脱走するものの、ならず者の集団につかまり「レイプ」されたり。しかもこいつらが銀次郎にはまってなかなか手放さない。つーかそれ、男のケツの穴なんすけど。

結局、連れ戻された銀次郎を待っているものは「亀頭への火のついた線香刺し」や「アナル限界までの小石詰め」や「ぼっとん便所漬け三日間の刑」などの凄まじい拷問が待ち受けているのだが、それだけではまだ終わらない。
変態小学生のSMプレイのおもちゃにされたり、亀頭と睾丸に墨を入れられたり、亀頭に鈴をつけられたり(日本情緒あふれるプレイだが、さっきからずっと亀頭って書いてんぞ!)するのだが、クライマックスは「花見」における「土佐犬との交合」、および「狛犬」を一匹アナルに挿入され、それがボトリと吐き出された途端「犬の仔を産んだ!」とギャラリーがやんやの喝采。これはCGの時代においてもなかなか発想できない、悪夢のようにクリエイティブな発想であります。

といった感じで作品中アナルをフル稼働しまくる銀次郎さんなのですが、ストーリーとして「じいやの忠義(これはホモ関係ではない)」「好きあっていた元・女郎とのロマンス」「金華楼の用心棒とのロマンス」「拷問を繰り返す金華楼の主人は、実は銀次郎を愛していた」などのちゃんとした肉付けもあり、漫画としては実にまっとうな作品となっている。
しかし、遊郭が火事になり、一応自由の身(ホームレス)となった銀さんだが、ラスト近くでかつての変態常連客と出会い、すっかり色情狂と化した彼が「チンポ入れて!腕入れて!なんでもいいから早く突っ込んで!」とがばがばになったアナルを広げるシーンなどを見ると、あまり説得力がないのですが。
「パトラッシュ、僕もう疲れたよ・・・・」でおなじみ『フランダースの犬』っぽいラストに大感動!とだけ書いておきましょう。といっても、あまり説得力がないのですが。
まあBLのちょっとアレでガチムチなかんじ、ってところでしょうか?食わず嫌いはよくないよと言いたいところですが、別にアレルギー起こすものはわざわざ食わなくてもいいような気がするし。
ちなみに本作のサブタイトルは『男女郎苦界草紙』。
さらにちなみに、イベントで「私に2杯ほど飲ませていただければこの本を進呈します」と言ってみたのですが、誰も「いらない」とのことでした。

銀さん、江戸アケミに似てるね。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ