忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

ムジナという生き方

ダウンロード(bmp)

いま、相原コージという作家がどんな評価を受けているのかはよく知らないが、ヤングサンデーに連載されていた、『ムジナ』は名作であります。
白土三平の忍者マンガをリスペクトしているのは明白なのだが、「オレは元々ギャグマンガ家だしなー」といった「照れ」と相まって、相原流の下ネタと骨太なストーリーが相乗効果を生み出していて飽きさせない。
が、「絵がきたない」「ギャグが下品」「残酷なシーンが多すぎ」と、一般的な女子はもちろん「サブカル女子」にも評価が低そうなので、ここはもう「男なら読め!」ってことで話を進めたい。

主人公のムジナは「下忍」の父親を持つヘタレ忍者だが、父の最期を看取ったときに、実は「生き抜くため」に彼はぶざまな下忍を続けていたことを知る。
そして自分も生き抜くために、逃げ続けることを決意する。
そんな中でムジナは忍法・跳頭(はねがしら)や、自由自在に屁をこいてそれに引火させる「蛍火」なる珍妙な技を生み出していくのだが、きっと「あたしそーゆーノリってちょっと無理っぽい」と、オサレ女子にはスルーされるんである。
随所に「漫画的記号を多様してみる」から、「夜を夜として描いてみる」のような相原一流の試み「実験シリーズ」があり、実はこの人はマンガ描きとしてかなり手だれ(忍者っぽい表現)なんである。
練り上げられたプロットを持つ王道的な作品なので、細かいことを書いてしまうのは野暮ってもんだが、キャラがばんばん死にます殺されます。その辺の描写はハンパないです。もちろんそれは、白土三平の流れをキチンと汲むものだからである。
なんだけれども、やはりギャグマンガ家としての資質は「血」であるようで、挿入される効果音が「すぽーん」「ゆいんゆいん」「ぽぽぽぽぽぽぽぽぽ」「ぬぷっぬぶっぬぼっ(これはおセックス様をしている時のおと)」など、実に相原コージなので、これがまたオサレ女子から「だからあたしそーゆーの無理だから!」と、駄目押しをされてしまう所以である。っていうか、全9巻を英字新聞かなんかに包んで無理矢理プレゼントするってのもアリ。
怒涛の終盤劇に拳を挙げろ。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ