忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

最低で最高の旅行記



『インドぢる(ねこぢるy著/文春ネスコ)』読了。
文章のボリュームとしては二百ページ弱くらいなのだが、これは重いです。
「夭折の漫画家・ねこぢるの面影を求めてインドをさまよう、文章とマンガで綴った追悼の旅行記(帯)」という著者が亡きねこぢるの夫であった特殊漫画家の山野一氏で、内容ももちろんであるのだが、他のよくある旅行記のような「なんだかんだでインド最高!」みたいなノリが一切ないからだと思う。
「ダメな部分はほんとにどーしよーもない」と切り捨てつつも、どこか惹かれているような、クソ暑い悠久の国に対する、飛び切り冷めた視線のスタンス。

家族ワンセット(全員ノーヘル)乗せてボコボコな道を疾走するバイク。ちょっかいを出してくるプッシャーや悪徳警官やホームレスの子ども。金ができれば増築してどんどん高くなる建物。傾いていようが大した問題ではない。インチキ観光用サドゥー。いちいち効かないホテル備え付けの備品。毎日毎日脂っこいカレーアンドモア。自分程度の精神力ではとてもついていけそうにないブツばかり揃いに揃えた国。

要するに、「吸引するとダウナーになるアレ」に耐性があればとても惹かれる国なのであろうけれども、自分はまったく興味がないし、日本国が取り締まっているのは至極当然と考える。わが国の風土にはどうしたって合わんのである。
ドイツでは回し射ちによるエイズなどの感染を防ぐため、「クスリをやるのは勝手ですが他人に迷惑をかけないでください」と、ジャンキーには無料で注射器を配布していたと聞くが、わが国はそんなにシャキーンとした国でないのも、至極当然である。

おそらくインド人は誇り高い。
カースト制度から開放させようと促された政策も取られたようだが、熱心なヒンドゥー教の信者は自分がどんな低下層だとしても、やっぱりそこに戻ってしまうそうである。

『わずか十四、五歳の少年。自分と自分が帰属するものになんら意見の相違がない。
堂々と自らの信仰と立場を出張し、譲歩も妥協もせず、必要とあらば暴力も辞さない。
そんな鋼のような態度に触れると、いい年こいた中年のくせに気おくれするものがある。
とりたててなんの信仰も立場もない。なにものにも帰属せず、その結果敵らしきものもいない。
他者との衝突を避け、長いものには巻かれがちに、かといって絡みとられもしないよう、なんとなく生きてきた気がする。
平和的といえなくもないが、何者でもないともいえる。』(本文より)
これ、まったく自分と一緒である。

最後に、妻であるねこぢるの死(自殺)について触れられている。
ここも徹底的に冷めてはいるのだが、『何という身勝手なやつなんだ。意味分かっててそれやったのか?』と、珍しく感情的というか、愛憎交えたひとことが綴られている。
このあとに収録されているねこぢるyの三本の漫画は、作者と一緒に旅行したような気分になっているため、今までとはちょっと違ったものに見えてくる(山野一作品のほとんどが、インド的な死生観に基づいているのだと思う。かなりグロでアシッドだけど)。
特にラストの『せいたか』における叙情は、イイと思う。

『この世界はめまぐるしく変化し、その変化は発狂的に加速している。
先頭の連中はシャブ中のように目を血走らせ、どん尻の方はボロボロになりながらもそれに引きずられていく。
そんな中で唯一このサドゥーたちが、このガンジス河畔で、人類の落ち着きと正気を守っているのではあるまいか?
彼らと紫煙を上げていると、ふとそんな気がしてくるが、たぶん気のせいだろう。』(本文より)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ