忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

青空のなれの果て



『闇金ウシジマくん』でお馴染み、真鍋昌平作品集『青空のはてのはて』(講談社)、読む。
いろいろなタイプの短編が読めるが、基本的な気分は「やってられねェ」。この気分を描かせると著者は抜群に上手い。
ウシジマくんに登場する客たちのダメさ加減と言ったら。特に食べ物に関する描写。
煎餅に辛子を塗って涙ぐみながら「うまっ!」「からっ!」とか言いながらむさぼり食う。いや、気持ちはわかるよ。気持ちはわかるが、そいつのダメさを絶妙に浮き彫りにする。
財布の中身が薄いサラリーマンが友達に牛丼屋で、「何でも奢ってやる」なんて言ったらその友達は一番高い定食にサラダまでつけて、それを見てなんだこのヤロー、みたいなシーンがあった気がする。まあどっちもどっちではあるんだが。
丑嶋馨はフィギュア化されているから、ガシャポンあたりで「ウシジマくんとカウカウファイナンスのたのしい仲間たち」みたいなシリーズを作ってみたらどうか。やっぱ、売れんか。

商業誌デビュー作『憂鬱滑り台』は、強盗に手を染めてしまった若者二人の行く末。
商業誌で勝負を賭けて見事に砕け散ったらしい『暴力(バイオレンス)ポコペン』は、念願の意中のキャバ譲とドライブし(なぜかキャバ嬢の女友達までついてくるという状況)、心霊スポットへ向かったはいいが、そこにたむろする不良少年たちに包囲されてしまい、さてどうやって逃走する?という話。どちらもエンタメで面白い。
『かわりめ』『星に願いを』は、やっぱりダメっぽい人々を叙情的に描いた作品。この辺のテイストも真鍋作品には重要だったりする。
『最後の居場所』は衝動的にハムスターを拾った青年が、当初はかわいがっていたが内心のところはだんだん面倒になってくる。その矢先にハムスターは交通事故で死んでしまう。絵柄もまったく違うこの本の中では一番の異色作。つげ義春の「チーコ」に近いかも。
狂ったアメコミ調の『超人ドビューン』『ハトくん』の合間を、ブラックなショートショートが埋める。
タイトル作は通勤ラッシュにおけるサラリーマンの妄想を描いたもの。これもまたやるせねェ。
普通の人の普通の弱さを掬い上げるのが上手いのだと思う。ウシジマくんも表面上は暴力的だが、だんだん「救い」がテーマになっていく。読むといろんな意味でナイーブな気分になる。
誰しもいつだって青空だけを見ていたいのだろうけども、ずっと続く青空っていうのも趣がない。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ