忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

夏だから、レゲエ(・・・嘘くせえ)



レゲエというものが基本的に苦手で、ボブ・マーリーでもカラッとしたものは聴けるのだけど「ワン・ラブ」とか歌われてもちょっとなあ、「ノーウーマンノークライ」の合唱もアレだなあ、なんて感じである。スカのチンピラっぽさはカッコいいと思うのだが。
例外はスティール・パルスで、二枚しか持っていないが、ブリティッシュ・レゲエ特有の「ひゃっこさ」は気持ちがいい。
『クー・クラックス・クラン』というヒット曲があるのだが、テーマのきわどさもさることながら、ライブではkkkの定番衣装「白装束の三角帽子」を着たダンサーが踊っているという演出をしていたりする。さすがパンクと共闘していただけのことはある。

日本ならば「ミュート・ビート」。名匠・小玉和文氏も在籍したレゲエ・ダブ・バンド。
実は売ろうと思って仕入れたのだが店主が気に入ってしまい、私物行きになりました。
アマゾンではセカンド『ラヴァーズ・ロック』がプレミアなのだが、ひとつ安く出ていたので購入してしまいました。
80年代は完全にスルーしていたのであった。ビートパンクやらハードコアが全盛の時代において、あまりにも大人っぽかったんである。
全編クールなインスト。インストバンドはアジテーター的なメンバーがいると近づきやすくなったりするものだが、彼らはそういうフェイク一切なし。
コドモパンクがどんちゃかやっているのを横目に、メジャーから妥協無しのオリジナルアルバムを三枚発表。
驚いたのは、87から89年の作品ということ。ボウイ全盛イカ天直前という、ロックがもっともスナックに近かった時代である。ちなみに自分はこの辺のバンド、ほとんど聴けません。
80年代後半に彼らの音の先鋭さはちょっと凄いと思う。あの時代にもっとも尖っていた音楽はJAGATARAでもハードコアパンクでもなく、ミュート・ビートだったんである。
原発の煙のジャケットが目を引くセカンドはインパクトがあるが(この頃、反原発ブームがあった)、そういうメッセージを受け取るにしても流すにしても、アルバムは三枚とも同じように強靭。
ということをつい最近になって理解し始めたら、ベーシストの松永孝義氏が亡くなられた。享年54才。
この人のタメの効いたベースプレイはめちゃめちゃカッコいい。ミュートのオリジナルアルバムは廃盤だが、ベストは購入できるはず。できれば三枚とも再発して欲しいと思う。(しかし、知り合いのクラブ経営者にソックリです)
http://www.youtube.com/watch?v=EbpDiVxaq0M

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ