忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

プロ・ノイジシャン



ふと、「電撃ネットワーク」ってどうしているのだろうと思って検索してみたら、いまだに現役であった。
かつては過激なパフォーマンス集団として世界に名を馳せたのだけど、さすがに勢いもあせてきたように思える。
要するにそれほど過激に見えなくなってきてしまっているんである。今の目線からすれば、もっとすごいことをやっている人びとがいるから。
企画物のAV女優さんたちである。
あの方たちは本当にすごい。もう、なんでもやるしなんでも食うしなんでも浴びる。
一番参ったのが女性の局部に虫やらミミズやらをつっこむ専門レーベルで、たまたまサンプルを見てしまったらこっちが完全に死んだ。ああいうのが一番苦手なんです。ただ、海外の前衛アーチストなんかに見せたら「COOOOOL!!!」なんつって激賞されるかも知れない。

80年代のジャパニーズ・アングラ音楽シーンは急激に過激化して、それは情念の国である日本らしく、「パンク=エログロパフォーマンス」と受け取った、スターリンやじゃがたらなどが血と汚物にまみれて大暴れしていたのであった。といっても、自分たちの世代ではすでに伝説であったが。
スターリンのミチロウすらビビらせたのが京都の『非常階段』で、彼らはノイズ・バンドであってパンクではないのだが、その直接的なパフォーマンスはライブハウス屈指の変態バンドであったのだ。
自分も根っこがアングラなもんで、やはり気になって彼らのCDを中古でちょこちょこ買ったりしているのだが、いかんせん「ノイズ」なもんで、いまいち肌に合わず、お金がなくなると売ってしまうのであるのだが。
しかもこの人たち、まだ現役で活動中である。非常階段結成30周年記念のオフィシャル・ブック『非常階段 A STORY OF KING OF NOISE]』、読了。

そもそもロックには暴力衝動の魅力というものがあり、リーダーのJOJO広重氏はジミヘンなどが行うノイズによるパフォーマンス部分に強く惹かれ、そこだけを突き詰めて演奏するノイズバンド・「非常階段」を結成するにあたったとのことである。
メンバーを通した日本のアングラ音楽史とも読める。好き物にとってはかなり面白いです。
特典でライブDVDも付いているのだがこれがまあ物凄くて、初期のロフトにおける汚物にまみれた乱暴狼藉や、女性が堂々たる立ち小便を見せる大阪でのライブ(これがテレビ放送されたらしい!)など、帯にある「ムチャクチャやってほしいからオレらを呼んだんやろ?」の言葉はハッタリではない。
最後に収められている30周年記念ライブは、パフォーマンスを一切やめ、ドラマー加入の純粋ノイズバンドとして、歌やメロディが一切ないにも関わらず、「雑音」のみで客とコミュニケーションする姿は、なにやら感動的である。

それにしてもJOJO氏の真面目なこと。
関西「いちびり」音楽の立役者であり、ジャパノイズの創始者である彼は、やはり偉人なのだろう。
常人には単なる不快な雑音にしか聴こえないものを、「僕らの音楽」と言い切る姿勢もいいじゃないの。
初めての自分たちのレコードが納品された段ボールを運ぶとき、「あれほど幸福な瞬間はなかった」「あの重さ、あれがあったから、その後もずっとやれてたんやろな」との言葉が印象的。
自分たちの手で作り上げた、という感覚はやはり大きいのだろう。傍目に見ればわけのわからんものでも、作り手にとっては夢と希望、愛情に満ち溢れているのである。
広重氏がどこかで「ノイズは演っている側の人間性が現れてしまうから、演歌と同じ」と言っていたような気がするのだが(すごい発想だなあ)、この辺の意識のブレのなさが「飽きてやめちゃう」ノイジシャンとの違いなんでしょうね。
http://www.youtube.com/verify_age?next_url=/watch%3Fv%3DAsxNahtOGyw
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ