忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

アナーキーインザ神保町



カレーが好きなんです。ラーメンより、普通に、カレーが好きなんだあ。
先日は久々に古本とカレーの街、神保町を徘徊。「エチオピア」は少し前に行ったので、夕刻に何かないかとウロウロしていたら「ボーイズ」という屋号を発見。メシ抜きだったんである。
カレーつきハンバーグ定食を注文。プレートにはナポリタンまで乗っている。
食むと、陳腐な表現だがこれらすべて昭和の味。カレーxデミグラスxケチャップって、笑っちゃうくらい王道。
「からだだけがおぼえている」と、Jポッポ的な言い方をしたりして。生姜焼きが有名な店らしい。今度はそっちだな。
やきそば専門店も発見。「よし、まだいける」と(完全に井之頭五郎さんの影響)小盛りを注文。
「孤独のグルメ」ごっこをしているうちに段々板に付いてきたと言うか、「ふう。いいタンメンだった・・・」とか心中つぶやいてみる自分。

しかし神保町古書店の、アティテュードの不変さ。自分で言うのもなんだが、どの店も本当に愛想なし。
静かに仕事をこなしつつ、お客が来るのを待っている。私はそれだけだと身が持たないから、つい音楽のボリュームもでかくなり、綴りはじめるとブログも饒舌になる。
昔からあるエロ本専門店(DVDじゃないよ)が、まだ残っている。今やほとんどの雑誌がDVD付属とはいえ、このポリシーはなんなのか。
さらに老舗のエロ本専門古書店も健在。「B5サイズくらいの背表紙がついたマニアックなエロムック」(わかるね?)とか、官能小説の文庫などがズラリ。
ここは品揃えが渋すぎて買ったことないんだよなあ、などと思いつつ拍手を打ちたくなった次第。ぱんぱん、と。
この街だけは、「あれ、なくなっちゃったんだ?」が体感的に本当に少ない。
変わらない、無愛想でかまわないというより、変えたり、愛想振りまく必要がない。それでずーっと成り立っているという凄み。淡々としながら且つ、自由な空気がそこにある。生き馬の目を抜く吉祥寺でこれはなかなか真似できません。真にアナーキーってこういうことかと思う。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ