忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

いまさらだけどキック・アス



鬱でありまして。書くまいと思ってたけど書いちった。七月に金子入り財布を丸ごと失くして以来、どうも本来の自虐癖のスイッチが入ったらしく、シラフでいる間は腹の中でずっと自分を罵っている状態(精子レースの第一着で出来たのがコレかよ!etc)。
世界一大嫌いなのが自分なので、基本的に総理や政党(他者)への怒りをエネルギーとする反安保法デモにもまったく乗れず。アベよりオレがつぶれちゃえ、とか思ってるんだもの。
あれを出来るのはうらやましいとすら思った。
とはいえ普通に食って飲んで寝てるんで、まあプッチ鬱といった状態なんですが、自分のブログなんかも「ケッくっだらねえ」とか思うようになり、そんなこんなで一行も書けなくなった。
で、先週から気管支炎という今までやったことのない病気にかかって39度以上の高熱が出たりしてましたが、ようやく小康状態。
いんふるえんざりばんばんかと思ってビビッていたけれど(こっちも未体験)なんとか回避。
と、吐き出してみて、まあまあスッキリした。ぼうっとしてるとまた醜いことになるので、とりあえずなにか好き勝手に書いて気持ちを安定させましょうということで、またぼちぼちやります。

妙にへこむので、とりあえず何か元気になるような映画でもないかと思って借りたのが『キック・アス(2010)』と『キック・アス2/ジャスティス・フォーエヴァー(2013)』。
一作目は劇場でも観たのだが、やっぱり百点。ヒーローに憧れるごく普通の学生が、通信販売で買ったスーツを着てキック・アスと名乗り、ぶらぶらと街を警ら。
そこでいつもいじめられている馴染みのワルに出会い制裁を加えようとするが、ボコボコにされたあげく車にはねられ病院送り。体中に金属板を入れられ、それが結果的に彼を若干ストロングにする。
こりずにパトロールを続けていると仲間をリンチしているチンピラたちに遭遇し、こいつらを腕力というよりは、わけのわからん我武者羅さで撃退。
それを見ていた野次馬たちが、どっちかというと面白がって撮影&YOU TUBEにアップ。
キック・アスは一躍有名になりSNSも大盛況。
ところがこの街にはビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)とヒット・ガール(クロエ・モレッツ)という本物のヒーローがいた。
彼らは親子で、母親を死に追いやったマフィア組織を壊滅させようと暗躍している。
特にロウ・ティーンのヒット・ガールが最高。ダーティーワードを吐きまくり、マフィアをザクザクと殺戮する。
バタフライ・ナイフさばきも鮮やか。これは邦画じゃNGなんだろうな。
ビッグ・ダディとヒット・ガールを捕らえようとするマフィアのボスに、その息子が案を出す。
「僕がヒーローになって奴らをおびき出す」。それがフェイクのヒーロー、レッド・ミスト。
ヒット・ガールvsマフィアの銃撃戦、そこに大マヌケな形で助っ人に登場するキック・アス。
ギャグとバイオレンスとシリアスさがうまいことミックスされた名作ヒーローもの。でも暴力的過ぎてR指定。
ちなみにこの作品で一番受けたギャグ。素でいる時のヒット・ガール親子。普通の父と娘。
「パパ!こんなにカッコいい銃が!」
「どれどれ・・・うむ、カートに入れろ」
銃社会ってこええと思ったが、これは別にギャグじゃないのかも知れない。

二作目はあまり評価が高くないが、これはこれで好きですね。
キック・アスに憧れた市民たちがコスプレした「ゆるふわ自称ヒーロー」たちが街に溢れ、それを束ねる自警団(ジャスティス・フォーエヴァー)にキック・アス自身も入会する。
ボスは元用心棒のストライプス大佐(ジム・キャリー)。あとは息子を探してる老夫婦とか、女性ヒーロー「ナイト・ビッチ」とか、ゲイとか、キック・アスの学友(デブのオタク)もいたりする。
クロエちゃんはヒット・ガールとして活動することを保護者の刑事に固く止められている。
普通の女子のように学校に通うが、年上のお姉さま方に醜いいじめを受け、そいつらに復讐するのだが、使用する武器の名は「ゲロゲリ棒」。あまりモノを食いながら鑑賞しない方がいいかもです。
今回一番おいしいのがマフィアの息子(レッド・ミスト)。父親をキック・アスに殺されたことで苛立ち、ついでにママも事故(?)で、ぶち殺してしまう。
ママの遺品であるSMの衣装を身に着け(そういう趣味だったらしい)、復讐に燃える付け焼刃の「超悪人」として再生。
その名も「マザー・ファッカー」!
とりあえず一人だけ残った腹心を引き連れスーパーを襲う。が。
「カメラはどこだ!?」
「ないよ・・・金がないんだ」
「バカヤロー!流出しないじゃないか!!」
とりあえず札束で引っぱたく形で極悪人たちを集め、悪の組織を結成する。
ここに登場する筋肉ムキムキの悪役ウーマン「マザー・ロシア」が、パワフルさと残虐さにおいて出色。
最終的にはマザー・ファッカー率いる悪の軍団vsキック・アス+ヒット・ガール+自警団の大バトルに。
キャラが多すぎて焦点しぼれずというのが一番の減点だが、続編のあり方としてはアリじゃないでしょうか。本作もしっかりR指定。オチもあるので最後まで観よう。
両作ともキック・アスが街をパトロールする姿が、ヒーロー然とした颯爽としたものではなく、その辺の兄ちゃんみたいな、だらだら歩きってのがいい。
ジム・キャリーが「この映画は暴力的過ぎる」と、宣伝から降りたと聞く。
そこでクロエちゃんあきれたらしい。「バカみたい」って。





ありがとうございました。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ