忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

映画のこのわた



『パピヨン』と『怪奇!吸血人間スネーク』という2本の映画を観た。
パピよんは脱獄に賭ける男たちの重厚な人間ドラマで、出演はスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマン。
で、思ったのは、なげーなこれ、いつ終わるんだこれ?ということ。てなわけでぇ、このブログで取り上げるのはもちろん後者である。
映画としての盛り上がりをあえて一切否定したのか、単に才能がないのか、多分そっちなんだろうけど、潔く製作時間と制作費をだだ漏れさせている珍品。1973年度作品。

人間を「蛇化」させることが人類を救う道であると信じているガイキチの博士が、蛇の血清を実験体に注射し、日夜研究にいそいしんでいる。連れてこられた大学生もその餌食。
失敗作ってのはあるもんで、「四肢のない半端なヘビ人間」は見世物小屋に売っちゃったりしている。
これがなかなか際どく不気味なのだが、人でも襲わせればいいものを、なんか「クークー」鳴いてるだけで終わりました。少しかわいいかも。
最初のテロップで「この作品の蛇はすべて本物である。危険を顧みず出演してくれた俳優に感謝する」と出るのだが、蛇の毒は最初から抜いてあるに決まってるんである。
博士の娘と実験台の大学生のどーでもいいロマンスも絡めつつ、彼氏は脱皮したりして、血清の成果が出始める。
クライマックスはベッドに縛られ、特殊メイクにより急速に蛇化が進んでいく彼氏!
おお蛇人間だ!この辺でベッドから立ち上がって博士を襲わないと!と思ったのも束の間、あれあれ?変身の度合いがあまりにも早いぞ!どんどん蛇!どんどん蛇!
・・・・・・・・・・最終的に蛇人間は、単なる蛇さん(本物)になってしまいました。
博士は「大成功だ!」と喜んでおられたが、お前これ、映画としては大失敗だろう!?

とりあえずこのようなポンポコリンな作品が製作・配給され、DVD化までされているということに「映画の懐って深いなー」とか思ったりします。
『Sssssss』という原題だけは、洒落ていてカッコいい。
すこし、ふしぎ、です。




PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ