忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

絶望という名のAV女優



一応、本を読むのも運営のうちだと思っているので、そそるタイトルのものは読んでから出しているのだが、最近どしんと鉛の弾丸を頂いたのが『名前のない女たち・最終章(中村敦彦・著)』。サブタイトルが「セックスと自殺のあいだで」。
このシリーズは当店でも回転する、企画AV女優のインタビュー集。
ゴミ屋敷に住む女・父親に強姦され貯金をすべて奪われ精神が崩壊したソープ嬢・頭が弱いのか消費者金融の借金がまるで減らない女・小学生から乱交パーティーに参加させられていた女など、性にまつわるこの世の不幸全部乗せ。唯一ちょっといい感じに取材を終えた元単体女優は、後に自殺した。
最も凄まじいのが全身ピンクの「桃色まあち」(デビュー前のインタビューなので、果たしてこの子が無事に企画女優になれたのかはわからない)。
育児放棄されていたので食事は毎食100円バーガーとアップルパイ。いまだにカロリーメイトとケーキが主食で、米・野菜・魚などは生涯で数回しか(!)食べたことがないという。9歳で犯され中学生で援助交際。
上京して風俗嬢になってからはキティちゃんマニアになり、部屋中サンリオだらけの空間に、著者は狂気を感じた。
ビジュアル系のおっかけをしているが、ツアーが終わったら何の楽しみもから自殺する、自分はもう死ぬしかないと理論整然と語る彼女に著者は、「この子は死ぬのが一番いいんじゃないか」と納得してしまうんである。
顔写真こそ写っていないが、どうも相当ブサイクらしい。かわいい服を着てもかわいくなれるわけじゃない。単純明快ゆえあまりにも根本的に深すぎる絶望。
このインタビューを最後に以前から疲労していた精神状態が限界に達し、著者は業界から足を洗ったらしい。「桃色まあち」はまだ生きているのだろうか。

同『ベストセレクション』はもう少しバラエティに富んでいて、元ホームレス女(潮を吹きすぎて子宮を破壊)・オタク理論を高らかと語る女・騙されて裏本に出ちゃった女・チャレンジ精神でスカトロ女優になったリストカッター・「ものを噛むのが面倒だから食べない」という女など、もはやある意味で、神。イタイ方々のオンパレードではあるのだが、なんにしてもそれなりに皆さんかわいいので、いずれはそれなりのところに落ち着くのだろう。

番外編として自殺したAV男優の話が収録されている。
元々裕福で秀才だったが医大に落ちてから何もかも「自分の」思い通りには行かず、ニートになってひたすら毎日同じゲームを続け、夜になると町を徘徊して巨乳もののAV を借りて見る、だけの日々。
引きこもって頭が薄くなってきたころから一発逆転できるタレントを夢見るようになるが(この発想ってどうよ?)、すべての応募に全滅。それならば、ということでAV男優を志望(この発想ってどうよ?)。
しかし現場へ行っても常に女優に拒絶され、本番にまで辿り着かないジレンマで連続飲酒を始め、自律神経が壊れて舌の痙攣が止まらなくなり、常に口が塞がらない。こうなるともう決定的にヤバい。
「今度のNHKのど自慢に入選しなかったら死ぬ」と決断。そりゃもちろん受からない。で、自宅マンションから身を投げる。
なにからなにまで歯車の狂った人生。ニートが許される状況ってのがまた不幸の連鎖を生んだ。しかもオチが「のど自慢落選」っていう。
同性として言葉も出ないくらいの不幸。で、一級品のクズ。
しかし、まかり間違えばオレもそっち側だったんじゃねえかと思うと、赤の他人ながらも胸がちょっと痛い。
不幸の対比でいえば、まだ病魔に冒され若いうちに死んでいくほうがマシだ。これはいくらなんでも嫌すぎる。「本人の甘え云々」という言葉が空しいくらい、まずい星の元に生まれたんだと思う。こんな人生、どうやって楽しめばいいってんだ?生きていればいいことがあるなんて、とても言えないよ。
うまく死ねて、よかったよ。おめでとう、鈴鹿イチロー。


「AV女優は原発職員である。なぜなら我々のために放射能ならぬザーメンを浴びているからである」という名言を放ったのは確か自分(それも洒落では通じない状況になっちゃったが)。
その、いけにえの黒山羊ちゃんなんだと思う。すげー美人が並んでるDVDのパケを見ると、満漢全席みたいな気もします。
「必要( )」なのかはいまだにわからないが、とにかく「有る」ということ。
人類の知恵・神の創造物のひとつ。ソドムとゴモラは気合が足りなかったのだ。

素直に抜くのが好きな人は、読んではいけない。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ