忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

アイワナビーユアドッグ



松田洋子『相羽奈美の犬』(太田出版)。犬まんがの傑作。
と書くと、なんとも語弊が。主人公は確かに犬ではあるのだけど。
その犬は元々、ニートの青年で、憧れの女子高生「相羽奈美(あいわなみ)」のストーカーだったのでした。
で、ストーカーしているうちに彼女についている「わるいストーカー」を見つけ、「ストーカーの風上に置けん!」と追跡した途端、交通事故にあって死にかけのところを突如現れた犬神の力により、一匹の犬として再生させられる。
人間の時にストーカーだった彼は、晴れて犬として憧れの女性のペットに。
オンオン鳴くから名前は「オン」。犬神の名は「ネン」となる。

オンには特殊能力があり、狙った人間に噛みつくと、そいつを犬に変えることができる。
人間の意識は抹消された、しかもそいつの身の丈に合った、単なる犬に。
この辺が松田洋子ブラック劇場の独断場であり、うわーこりゃろくなもんじゃねぇなという描写が絶妙。
相羽さんは薄幸の少女なので、ろくでもない人間ばっかり集まってくる。父親との関係もこじれまくっている。
彼女を監禁しようとするおばあちゃん子の教育実習生、殺人を犯しながら現実から逃げ続けるホームレス、高校時代の栄華が忘れない現在大学では「ぼっち」のイケメン部活O B、子供にタバコの火を押し付け傷を作り「おたくの犬に噛まれたから金出せ」と言いがかりをつける父母、どうにも底辺な人生のメイド、など。
オンは基本的には奈美を危機から救うために、彼らを次々と犬にしていく。
が、人間としては生き辛すぎる彼らは犬にされてようやく、救済されている部分もある(それにしてもかなりブラックなのだが)。
ラストはハッピーエンfドのようで不条理ブラックのような、ほろ苦い結末が待っている。

この人は今までは『薫の秘話』『赤い文化住宅の初子』『まほおつかいミミッチ』など、ストーリーよりセリフのキレが最大の武器だったと思うのだけど、ここまで完璧な物語を作られるともう敵なし。
コンプレックスやダークサイドを笑いに包む達人。90パーセントがダークサイドとコンプレックスで出来ている人間からすれば、非常にほっこりさせられる作風である。
そしてやっぱり絵がうまい。犬を「犬として」表情豊かに描けるってのは結構すごい。
オンとネンの「かけあい漫才」も面白いです。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ