忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時よりリニューアルオープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。

イノセントの行き着く先



古屋兎丸『インノサン少年十字軍(全三巻)』読了。
どーん!である。これは名作であります。例えると、原作版デビルマンを読んだ時の衝撃に近い。
かなり少女漫画チックでお耽美な絵柄なので、おっさん最初は少々抵抗があったんだが、読んでいくうちにぐいぐい引き込まれて行く。
有名な「少年十字軍」の史実をもとに、彼らの夢や希望、それと引き換えの絶望と残酷な運命を描く。
登場人物は、奇跡を起こす神の子・エティエンヌを中心に、十字軍に心酔するニコラ、「智」のクリスチャン、双子のリリアン&ロアン、元盗賊のギー、ライ病のレミー、いけ好かない荘園主のボンボン・ギョームとピエールなど(ふと、書いてる固有名詞だけ見ると自分の文章じゃないような気がしてきました)。
最初は意気揚々と「僕らがエルサレムを奪還するんだ!」と元気いっぱいで、テンプル騎士団の加護のもと(実は彼らは「天ぷら騎士団」だった、というのは洒落ではない)、順調に旅は進んで行くのだが・・・・・・・・・・・と、これ以上書くとネタばれになるのでやめましょう。デビルマンのストーリーをバラしてるのと一緒だからである。
同性愛のニュアンスも濃厚で(これもデビルマンっぽい)、腐女子の諸君は大好物だと思う。おっさんも大丈夫だ。
宗派の対立で極端な人間狩りに走るエピソードも、デビルマン的である。

かの『漂流教室』もアレだったが、子供たちがとことん残酷に死ぬ。なんだかんだ言っても「子供を殺す」という表現が一応まかり通るのは日本の紙媒体だけなんじゃないか。
作品のキーワードは「少年の純粋さ(インノサン)」だろうか。イノセントを食い物にする輩はいくらでもいるし、それが行き過ぎるとあっという間に人間関係も崩壊する。作中、最も混乱の引き金になっているのは、最も少年十字軍であることにプライドを持つニコルである。純粋もだいぶ磨り減ってきたおっさんとしては「お前、もーちょっと抑えとけ」と思わずにはいられない。
宗教的なものは苦手だし、古屋兎丸なんて人はサブカル漫画家の代表選手みたいではあるが、これはエンタメとしてジャンルの壁をぶち破っていると思う。
おっさんも読める残酷なファンタジー。
実際の十字軍の少年たちは、奴隷商人の手に渡り売買されてしまったらしい。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ