忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 火曜と水曜が定休です。※店主が大昔に描いた絵を売り始めました。

RECKという生きかた



『ロック画報⑲』(ブルース・インターアクションズ)読む。特集・フリクション(もうひとつの目玉はクレイジーキャッツ)。
レック自らがフリクションの歴史を語った貴重なインタビュー収録。
フリクションといえばファーストの『軋轢』で、これについては当時のライブの凄さに比べたら全然迫力がない、という声も多い。坂本龍一教授には初期フリクションの襲いかかるようなパンクは、敷居が高すぎたのかもしれない。
たしかに、この本の付録CDのライブ4曲は激烈だが、スタジオ盤のねちっこさというか、ぬるりとしたテンションは80年代独特のもので、これもメチャクチャカッコいいと思うのだが(紙ジャケリマスターが出てるので、そちらが断然おすすめであります)。世界に誇るジャパニーズパンクの名盤。
「東京ロッカーズ」の中でも軍を抜く存在感。並列じゃないだろうと思う。
生活感がまったくない。カタカナの「トーキョー」から抜け出してきたようなクールな出で立ち。
パンクといえども「遠藤みちろう」や「モモヨ」や「町田町蔵」などのキャラの立った人々がバンドを引っ張ってきた部分が多分にあるのだが、レックはあくまでも、フリクションのレック。レックがいればフリクション。
本名いまだにわからんし、アルバムがそんなに売れてるわけでもないので、どうやって生活してるんだろうとちょっと思う。
現在は中村達也とベースボーカル&ドラムスのみのデュオ・フリクションとして活動中。50は超えてるはずなんだけど、ルックスもまるでブレないし、とにかく生活臭がない。

コトバ単体を羅列して吐き捨てるような歌詞も特徴的。
時に破壊的なくらいメチャクチャな詞を書く井上陽水にもちょっと通じるところがあり(「アジアの純真」なんて正にそうだと思うんだけど)、ルックスも何ミリか似てる(?)。
自分の出目をあまり語らず、ジャズに接近した時期もあり、グラサンキャラであるという点で、タモリ氏とも共通する匂いがある(ってのはだいぶ苦しい)。
レック、ツネマツ・マサトシ、チコ・ヒゲの黄金時代には間に合わなかったけど、89年頃に4人編成のライブは観た事があり、当時のバンドブームでしょーもないバンドがうじゃうじゃいたのだけど、それらとはまったく一線を画すものであった。

安易で直截的なメッセージを打ち出してる日本のパンクってのがどうも苦手で(今も昔も理解できないスタークラブ)、そう考えるとずっと好きなのはスターリンとフリクション。INUはもう聴かなくなっちゃったし、あぶらだこってのももうキツイな(やはり奇形的であるより、スタイリッシュさを伴うパンクが好き)。あ、アナーキーはどういうわけか「別枠で」好きである。
過去は一切すっ飛ばしてニューヨーク→東京。その立ち居地で何十年もfrictionしているレックという御仁はかなりの洒落者。
実はジャパニーズロック界有数のシャレオツ・ロッカー様である。


すうさい堂が目撃した時期のフリクション↓
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 
ジャルダン吉祥寺103

0422-22-1813

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ