忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

恋の腹痛 見ちゃイヤ!イヤ!(←もう、このタイトルに勝てない)



少し前に吉祥寺ホットペーパーから「書店員おすすめのカフェを教えてください」と電話がありまして、しかし聞く相手を間違えたというか、わたくしカフェーなどというところに行ったことがございませんので(カフェでリゾット食うならカレー屋を開拓します)。
そんなわけで記事にはならなかったのですが、カフェなるオシャレ空間で読むのに適したオシャレな本を紹介。
井口昇著・『恋の腹痛 見ちゃイヤ!イヤ!』です。
タイトルもカバーもかわいらしいですが、この人は真性すかとろまにあなので、書いてある内容はすべて「うんこ」(本人の表記による)についてです。
この頃の著者は現役スカトロAV監督で、自分がなぜそのような嗜好になりこの道に進んだのか、ということを理論整然と書いており、カミングアウト本としてはなかなか。
「美しいものが崩壊する姿にこそ興奮する」というのは分かりますが、それが「排泄行為」であるというのが、この人の業。
大量に食ったり浴びたりではなく、あくまで自然排便あるいは浣腸による強制排泄にこだわるという、わびさび。

スカトロ趣味を共有する若き日の「人間仮免中」卯月妙子さんと出会い熱を上げてしまいますが、作品で競演し、無理矢理食べてみせたところ「スカトロプレイは信頼」「愛情がある相手だから美味しいって思えるんですよ」「無理してうんこ食べてもらっても、私、つらいだけです・・・」と告白されて奈落の底に。
世の中にはこんな失恋の仕方もあるんだなあと、ちょっと感心。
その他、抱腹絶倒な「おならビデオ」の話や食糞マニアの驚くべき実態など面白いエピソードが満載なのですが、書いていて「これちゃんと読んでる人いるのか?」「今日はほとんど読み飛ばされてるんじゃないか?」という気がしてきましたので、久々のブックレビューはこの辺で筆を置きます。
しかし著者はAV男優~スカトロ監督~映画監督(「片腕マシンガール」「ヌイグルマーZ」etc)と、道なりをピンポンダッシュするような勢いで夢に近づき、それを叶えています。夢は叶うんです。夢をあきらめないで!

なんだかんだで、あとがきの数行にはちょいとほろっとします。
「もしかしてこの本を読んでしまうかもしれない僕の両親に、謝罪と特大の感謝を捧げます。
すみません、僕はこんな息子です。
でも、僕をつくってくれてありがとうございました。」


星園すみれ子氏による、ゴシックかつガーリーな本文イラストも味。
帯には森下千里さんと木村佳乃さん(なぜだ???)がコメントを寄稿。・・・・・やるね。
PR

カッコーの巣の上の少年少女



望月ミネタロウ『東京怪童』(全3巻/講談社)読了。
脳に疾患を持つ子供たちを専門に治療している病院が舞台。
主人公の「ハシ」は思ったことをすべて口に出してしまう。相手かまわずに本心の罵詈雑言を浴びせるので、しょっちゅうボコボコにされている。
あなたもわたしも「本音を隠す」という機能が搭載されているから平穏に暮らせるが、それがなければ街中が毎日バイオレンスである。
「花」はTPO関係なしにいきなりオーガズムが襲ってくるという症状。
「マリ」は自分以外の人間を認識できないため、たったひとりの世界の住人。
「英雄」は痛覚神経がない無痛症。ゆえに自分をスーパーマンだと思っている。
自分の喋ったことを端から忘れてしまう重度の「健忘症」のため、常にメモを取り続けている少年もいる。しかし、そのメモすら彼には何のことだかわからない。
病院の警備員かと思われていた「二本木」は、マンガの主人公に自分を重ね合わせているだけの患者だった。
彼らの治療をしているドクターの一人「玉木」は自分らしく生きようと仕事と家族を捨て、女装趣味を生かせるおかまバーで働く。
なかなか際どいテーマだけどこれは名作。途中でハシの創作として挿入される、空飛ぶペンギンのエピソードもよい。
ラスト、ハシは自分の症状を取り除くため脳手術を受けるが、失敗したら死ぬかもしれないという危険なもの。つまり本音を捨て嘘がつけるような「正常な」人間にするための賭け。
この辺の流れはちょっと感動するので手にとって読んで頂きたい。そして花の「どんなに最悪だと自分の事を思っても/私は『まし』ってこと」の言葉が刺さる。
何の解決方法も見出せない状況でも「まだマシ」と思えれば、人間ってナントカやっていけるのかも知れない。

で、ジャック・ニコルソン主演の映画『カッコーの巣の上で』(75年)を思い出したのだけど、これは逮捕されたニコルソンが「ムショよりはマシ」ということで、詐病を使い精神病院に入院する物語。
彼は別に精神疾患があるわけじゃないから常に元気であり、患者たちを外に連れ出していろいろなことを教える「ワルい兄貴」。が、患者たちはどんどん生き生きしてくる。
結果的にニコルソンには悲劇の結末が待ち受けていて、まともに服役していればこんなことには・・・なのだけど、兄貴はきっと、どうしても逃げたかったんである。
逃げるを「自由」に置き換えてもいいのだけど、これを続けるのも案外しんどい。責任逃れと映っても、理屈はうまいこと言えないが、理由はあるのです。
この靴カッコいいと思って買って、いざ履いてみたら意外と重くて歩きづらかったりして、しかしその靴のシルエットが自分には必要だったりする。そういうこと。

すみませんが今週は10日(火・お休み)、11日(水/祝・営業)、14日(土・17時まで)、あとは通常とさせて頂きます。


失恋王者・ゴルツィネ



吉田秋生『BANANA FISH』久々に読了。小学館文庫で番外編含む全12巻。
言わずと知れた名作。もし概要を知りたければググればよろしい。
とにかく伏線がすごい。貼って貼って見事に線が一本に繋がっている。
これは自分だけだと思うのだけど、ストーリーが練り上げられているので、再読するときはキレイに筋を忘れている。なので何回でも新鮮に楽しめるという不思議。まあ多分、単に頭が悪いのである。
カテゴリーとしては少女マンガだが、バイオレンスやガンファイト、ストリート・キッズたちの抗争など、実にハードボイルド。武器のディティールも細かい。きっと正確なのだろう。オレ知らんけど。
ただ女性が描いているので、マンハッタンの不良少年たちのルックスがちょっとダサい。っていうか、かわいすぎる。ツッコミを入れるとしたらそれくらい。
「アッシュ・リンクスと英二のピュアな友情の物語」というのが一般的な評価なのだろうけれど、正確には「アッシュと英二とディノ・ゴルツィネの三角関係の物語」。そして、いろいろな意味でアッシュに惹かれた男たちの物語でもある。
セクシャルな描写こそないが、ぶっちゃけこのムードは元祖BL。男女間の恋愛はほとんど出てこない。でも同性愛のエピソードはわんさか。
ゲイ映画の様相を呈していた松田優作IN『ヨコハマBJブルース』が近いかも。なんて書くと怒られるのか?

友情ということであれば、それぞれの地区に分布する少年グループたちがアッシュをキーとして、人種を超えて団結していく様が素晴らしい。「イフ・ザ・キッズ・アー・ユナイテッド!」である。
(裏テーマはこれなんじゃないかと勝手に思っています)
後半に登場する元KGBの殺し屋・ブランカの突き抜け方がクール。そうそう、このおじさん好きだ。
冷酷な傭兵たちの指揮官であり最大の敵・フォックス大佐の立ち位置もいい感じである。
艱難辛苦を乗り越え続けるアッシュはもちろんだが、その次にしんどい思いをしているのはゴルツィネであろう。
コルシカ・マフィアのボスとして君臨し、少年男娼だったアッシュに目をかけてあらゆる教育を施すが、まるで自分の思い通りにならない。常に噛まれてばかりでボロボロ。ずっと失恋状態が続いているオヤジの胸中はいかほどのものか。
しかしマンガ史に残る堂々としたワルっぷりである。

この作品の12巻目にあたる番外編「ANOTHER STORY」も良い。本編以降の後日談と、ショーターやブランカとの出会いが描かれる。
でも英ちゃんの棒高跳び選手時代のエピソードはかったるくて読んでない。ごめんね。
有名な話だがアッシュのモデルは、故リバー・フェニックスである。


ああ下品



最近痺れているのが「おっぱいパブ」の呼び込み。歩いているといきなり「・・・あります!」と来る。
「あります!いやらしいの!」と続いたりする。そのうち「あります!いやらしいの!二個ずつ!!」と付け加えられそうな気がする。
昔からジャケット姿で風俗の呼び込みをしているおじさんも健在。
独特のイントネーションで「お遊びは、いかかですか?」「ファッション・ヘルスは、いかがですか?」。
あれで客が来るとも思えないから、マスコット・キャラのようなものなだろう。吉祥寺の裏名物ですぜ。
まあしかし、品がいいと思う。愛されタウンの下品度はこの辺がマックス。

根本敬『天然』(水声社)、読了。
マンガ史上最もパンチの効いたドツキ漫才コンビ・村田籐吉と吉田佐吉(しかしセンスのいいネーミング)。
根本流スターシステムの二人が大かつやくの、野球マンガである。自分が唯一好きな野球マンガでもある。
「ブタのウンチ」と呼ばれている籐吉が熱中している「牛乳のフタあつめ」がクラス中に広まるプロローグからして何とも脱力なのだが、彼は野球選手として秘めたる才能を持っていた。
で、村のお大尽の息子であるところの佐吉が、ってああもうめんどくせえ。
とにかく、全てのエピソードが下品。佐吉の父親、ブレーンの医者、クラスメイト、教師、登場する爺さん婆さん、ラストに登場する川上選手との邂逅など、すべてが下品、かつ、まぬけ。それだけで成り立っている作品。
ストイックですらある。「崇高な下品」と呼んでもよろしかろうと思う。すべての受難を受け入れる籐吉はキリストのようでもある。
キャラたちの「ぬくもり」(当然加齢臭つき)さえ伝わってきそうな絵からしてダメな人はダメでしょうが、このまぬけエピソードが驚くほど緻密に構成されており、何だかよくわからない感動(!)のラストに繋がっていく。
この構成の妙は、根本版SFであるところの『ミクロの精子圏』『タケオの世界』にも顕著。
(ところで自分はSFがダメである。大友克弘『AKIRA』の2巻まで読んで挫折してしまった。この、名作と呼ばれる作品にすらついていけないのですよ。つうか、あんまり謎が謎を呼ぶなっつーの!)

しかし、野球が好きな人ってちょっとうらやましい。
勝敗で一喜一憂し、ひいきのチームには一生ついていくほどの一体感、そして不特定の人と話せる話題(これは社会人として大事)。
スポーツ全然わからないというのはこの歳になって、人性損してる(嫌いな言葉だが)と思う。

売ってない本を薦める



明日は火曜ですが祝日なので通常営業致します。
とりあえず毎日何かを読んではいるのですが、違うマンガを別々に2巻まで読んだらこの文庫ってな感じの本詠み散らかしの日々。ゆえにブログネタとしては印象がはっきりしている映画や音楽に寄りがち。
ところで最近もっとも感動した一冊が故・バウスシアターの元スタッフ女子が貸してくれた大越孝太郎・『天国に結ぶ恋』(青林堂)である。
時は大正十二年。シャム双生児の兄妹が主人公(医学的にはあり得ないらしい)。
男児は虹彦、女児はののこ。二人は腰で繋がっているが、ののこは生まれてから一度も目覚めたことのない昏睡状態のまま生きている。
この発想、筆致のエロティックなこと。エログロはまず絵が美しくなければ成立しない。どれだけ猟奇的なことを描こうが著者の絵は美しいのである。近親相姦的な匂いも醸し出し、ぞくっとするような耽美・背徳感が漂う。

関東大震災の衝撃によりののこは覚醒するが、家族がバラバラになってしまったところを見世物小屋のスカウトマン・ハクダミに目をつけられ、そのまま「くっつき」として一座のメンバーになる。
見世物小屋を舞台とした作品は丸尾末広の『少女椿』が有名だが、あちらがパラノイアックに展開するのに対し、この大越作品は、すげえいい話であります。
ハクダミはライ病の母親から生まれ、自身もスキンヘッドのなかなか凄みのある形相をしている。
が、彼は「片輪者(オレたち)は仲間がすべて。鬼ばかりの地獄でも誰かひとり、信じあえる相手がいりゃあ、そこが天国と思え」のポリシーのもと、ビジネスとして見世物稼業の裏方をしている。
自分たちの特殊能力を生かし、自分たちのコミュニティを作って生きようとする、理想の男なんである。
後半は興行先のヤクザ者たち襲われ一座は皆殺しにされてしまうという、かくも残酷な展開になるのだが、実はこの作品は「第一巻」である。
未完ではあるが、ここまでの完成度の高さに「これで終わりでもいいや」という気にさせられる。
続くのであれば「成人した虹彦とののこの更なるエロティックな関係」なんて展開を勝手に期待してしまうのだけど、シャム双生児の近親相姦まがいなどというヤバい題材を載せてくれる媒体が果たしてあるかどうか。
グロテスクなテーマに入れ込めば入れ込むだけ、大越孝太郎の絵は妖しく輝く。この艶っぽさは絶品。
ところで本作は結構なレア本である。どこかで安く見かけたら購入をおすすめします。すうさい堂には売ってません。

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ