忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

シンガーソング漫画家・楳図かずお自作自演集




伝え聞くところによると楳図かずお氏という方は極端な乗り物恐怖症で、電車の中でも座っていられずにずっと車内を歩き回っていたという。 このような極端な繊細さが「恐怖」を生むのかも知れないが、1975年に驚異のレコードも生んだ。楳図かずお作詞・作曲・歌唱による『闇のアルバム/楳図かずお作品集』がそれである。
企画ものであるには違いないのだが、漫画家でもありトリックスターでもある楳図氏は音楽家でもある。糸井重里という人もかつて、勢いに乗ってテクノポップのレコードを作ったが、チラリとした聴いたことはないのだがそれがなかなか悲しい出来であったのに対し、このアルバムのクオリティはとても高い。 例によって中古で購入したのだが、このCDを買う層はかなりコアなファンであり、そういう人は大事にして手放さないようなので、なかなか中古市場に回らないんである。ちなみにまだ廃盤じゃないと思う。たぶん誰もやってない全曲レビュー。

『洗礼』
アルバムレコーディング期に連載していた漫画作品と同タイトルのオープニング。 ババアの脳を持つ小学生・さくらが憧れの担任教師の「妻の座」を得るため、彼の奥さんを精神的に追い詰め病院送りにしてしまうのだが、「誰も邪魔などしないでほしい/許されないことと知りながら/普通に生きたいだけだから/許したまえ許したまえ」とえれーこと自分勝手な懺悔をするシーンがあるのですが、そこの見開き二ページに書かれた詩に楳図先生が曲をつけ自ら歌う、オリジナル賛美歌。楳図氏の声もアマデウスのように伸びやか。

『イアラ』
楳図漫画としてはあまりメジャーではない作品の同タイトル曲。
古代から人類滅亡の未来まで、一人の男が最愛の恋人と、彼女が叫んだ末期の言葉「イアラ!」の意味を追って時空を超えた旅をするというストーリー。 ホラーじゃないんだけどなかなか味わい深い作品なのでぜひ読んで頂きたい。 ソフトロック(喫茶ロック)と言えなくもない優しい曲。ちなみにイアラの意味は「また会いましょう」。ってことがラストで明らかになり、ちょっと膝カックンてなった。

『へび少女』
楳図作品に最多で登場する動物といえば、蛇と蜘蛛です。本人は蜘蛛が怖くてしょうがないらしいが。
この曲はインド音階を使っており、何気にストーンズの「ペイント・イット・ブラック」に似ている。
歌詞に関してはホラー的な描写ではなく、少女が大人になるということは心の中にへびを飼うことであり、そいつが目を覚ましたから何も知らずにすめばよかったものをお前は今日から一人で、笑い転げた昨日もわからない、苦労することになるが体だけは大事にしろよ、つらけりゃ帰って来いよ、と送り出すという、全文掲載したくなるような高尚な内容。

『蝶の墓』
これも心理ホラーの名作ですが、曲はラウンジっぽくお洒落。
あるいはダークなフォークとしても通用する。浅川マキや中山ラビがカヴァーしていたとしてもまったく遜色のないクオリティ。

『おろち』
これはもう不朽の名作。漫画の描写を愚直に実写した映画作品があったが、あれなんか大正解でもう大感動したもんだが(観ろ観ろ観ろ観ろ!!)、エンドロールの曲は作者歌唱のこの曲にして欲しかった。
ちょっと狙った昭和歌謡をやるバンド(シロップとか)がカヴァーなんかしたら、確実にはまるはず。

『闇のアルバム』
この漫画作品は1ページがひとコマで描かれており、ラストでオチがどーんと来るという内容で構成されているアバンギャルド風味のもの。
まさにダークな昭和歌謡という感じ。由紀さおり・ちあきなおみ・研ナオコなど「本物のディーヴァ」がカヴァーしていたとしてもまったく遜色のないクオリティ。 
「雨に濡れて真っ赤なバラが咲いている/ひとつだけ」

『おとぎばなしのヨコハマ』
原作がない完全なオリジナル。
本人はアルバム中最もロックンロールな曲とおっしゃっていたが、これはもう・・・・・どこから聴いても完璧な歌謡曲。やはり天才は感性が違う。

『アゲイン』
これは未読なのだが「まことちゃん」の雛形らしい。
「青春はいつも駆け足~」の出だしどおりの王道青春歌謡。

『漂流教室』
かの凄まじくもグルーヴィーな光を放つ永遠の名作!をモチーフに曲を作ってみたらアルバム中最も牧歌的になっちゃった!という問題作。
これを聴くとあの作品に込めた最終的なメッセージは「希望」だったのだろう、ということがわかる。うちに帰ろう。

『森の唄』
これもオリジナルか? 人は時にははるかかなたに黒々とした森を見て、そこでけものになってウォーと叫びたいものです、という内容で、つまり楳図かずお作品を読むとはそういうことなのです。
全編を通して深層心理を捕らえるような歌詞の乱れ打ち。やはり才人。

と、ここまでが本編。ボーナストラックも入っていて、ファンキーな『スーパー★ポリス」やガチで熱唱している『YOU ARE MY DESTINY』も良いが、白眉は『プールサイド』である。
楳図かずおのアルバムということでホラー音楽のようなものを期待した方もいると思うが、そういったギミックは一切使われていない。
そんな中でこのピアノ弾き語りで朗々と歌われる曲は、恐ろしい言葉など一切なく、ラブソングの体をなしてはいるのだが、なんとも不穏である。 最初は聴き流していたが、急にひっかかってちょっとギョッとなってリピートしてしまった。
恐怖の描き手はあらゆる手段を使って不安感を引っ掛けてくる。  

そしてこのアルバムはアートワークも素晴らしい。
楳図かずおといえば「格子模様」であります。               
PR

アイドルが勝ちますよ、そりゃ。



あ、ポジティブすぎるブサメンのすうさい堂です。自分、そんなに不細工だと思っていません。彼女はたまたま出来ないだけです。おやおや?
で、国民的アイドルといえばAKB48なのだが、ここのところの人事異動が過激すぎる。
博多はともかく、上海、そしてジャカルタ!ジャカルタに支部があるなんて知らなかった!
まともな勤め人でもへこむレベルである。
総選挙やエースあっちゃんの脱退により、総長の座を狙って笑顔で争われる仁義なき戦い!
今回大島さんが看板となったわけだが、CMにもっとも出ているのはともちんのような気がするし、写真集やグラビアはしのまりが強いような気がするし、ananにはこじはるが度々モデルとして登場して女子人気の高さをうかがわせるし、直木賞作家は自分の映画に「あっちゃんじゃなくてゆきりんが出てほしかったのに!」と我儘言ってるし、たかみなファンは彼女の「がんばっている」姿に感動するらしい。しかし「がんばってる」っていう評価もちょっとなんというか、「すうさい堂はがんばってるから好き」とか言われたら、オレ少し悲しくなる。
なんにしても下克上の世界なんである。
ロックを聴きすぎたであろう知り合いが、チェッカーズのレコードを百円で抜いてきたりしてホクホクしているのは知っていたけど、少し前に『ももいろクローバー』というアイドルにはまってしょっちゅうイベントに通っていると聞いたときは正直、「この子は一体何をやっているんだろう?」と思っていましたが、いまや『ももくろZ』、バカ売れ。天上人。御見逸れしました。
そりゃ売れなくなるわ。ロックバンド。アイドルの動向のほうがよほど刺激的なのだから。
相変わらずperfumeの人気、ライブ動員はすごいようだし、「なんで歌も歌わない、単なるカラオケに熱狂してんだ?」と思っているような輩は、彼女らが「生歌を放棄した上でさえ、人々を熱狂させることができる才能」をもった凄腕の表現者であるということが分かってないのだ。

ロックバンドに華がないとは数年前から思っていたことで、例えばあの「魚くさい」とかいうバンドのボーカルのショボさなど、それは音楽的才能とは関係のない部分でもあるわけで。
カジュアルすぎる。うつむいて演奏されてもありがたくもなんともない。英詞で歌うのは逃げである。「努力して」ロッカーに近づいてやろうという意思もない。皮ジャンもスーツも着こなせない。
クレイジーケンバンドの登場が日本のロックを一旦、区切ったような気がするのである。
なにしろ彼らはそれまでさすがに誰もが無視していた「ムード歌謡」まで取り入れてしまったのだから。ここまで練り上げられてしまっては、確かにもう後が難しい。

ロックなんてものは結局、何かを傷つけてなんぼなので、それを標榜するならばもっとみんな、「人を不愉快にさせないとダメ」だ。
なんでそんなにオリコウサンで好青年なんだ?
露悪趣味の過激さ・無責任な無意味さ・表層的な気持ち悪さ・低次元の暴力性・笑っちゃうようなキザさなどのダメダメな要素がこれほど必要なシーンもかつてなかったと思う。だからアイドルに負けちゃうんだよ。アイドルこそロックだ、と言うつもりはないが、「48人の刺客」たちがニコニコとばらまいてるフェロモンはそれこそ、「内面ばっかり見つめてる」バンドマンたちとは無縁のものだからである。

夏だから、レゲエ(・・・嘘くせえ)



レゲエというものが基本的に苦手で、ボブ・マーリーでもカラッとしたものは聴けるのだけど「ワン・ラブ」とか歌われてもちょっとなあ、「ノーウーマンノークライ」の合唱もアレだなあ、なんて感じである。スカのチンピラっぽさはカッコいいと思うのだが。
例外はスティール・パルスで、二枚しか持っていないが、ブリティッシュ・レゲエ特有の「ひゃっこさ」は気持ちがいい。
『クー・クラックス・クラン』というヒット曲があるのだが、テーマのきわどさもさることながら、ライブではkkkの定番衣装「白装束の三角帽子」を着たダンサーが踊っているという演出をしていたりする。さすがパンクと共闘していただけのことはある。

日本ならば「ミュート・ビート」。名匠・小玉和文氏も在籍したレゲエ・ダブ・バンド。
実は売ろうと思って仕入れたのだが店主が気に入ってしまい、私物行きになりました。
アマゾンではセカンド『ラヴァーズ・ロック』がプレミアなのだが、ひとつ安く出ていたので購入してしまいました。
80年代は完全にスルーしていたのであった。ビートパンクやらハードコアが全盛の時代において、あまりにも大人っぽかったんである。
全編クールなインスト。インストバンドはアジテーター的なメンバーがいると近づきやすくなったりするものだが、彼らはそういうフェイク一切なし。
コドモパンクがどんちゃかやっているのを横目に、メジャーから妥協無しのオリジナルアルバムを三枚発表。
驚いたのは、87から89年の作品ということ。ボウイ全盛イカ天直前という、ロックがもっともスナックに近かった時代である。ちなみに自分はこの辺のバンド、ほとんど聴けません。
80年代後半に彼らの音の先鋭さはちょっと凄いと思う。あの時代にもっとも尖っていた音楽はJAGATARAでもハードコアパンクでもなく、ミュート・ビートだったんである。
原発の煙のジャケットが目を引くセカンドはインパクトがあるが(この頃、反原発ブームがあった)、そういうメッセージを受け取るにしても流すにしても、アルバムは三枚とも同じように強靭。
ということをつい最近になって理解し始めたら、ベーシストの松永孝義氏が亡くなられた。享年54才。
この人のタメの効いたベースプレイはめちゃめちゃカッコいい。ミュートのオリジナルアルバムは廃盤だが、ベストは購入できるはず。できれば三枚とも再発して欲しいと思う。(しかし、知り合いのクラブ経営者にソックリです)
http://www.youtube.com/watch?v=EbpDiVxaq0M

おおきなこえで、はっきりと



「ディーバ」って何だ?やたらでかい声で女子中学生が「ひみつノ-ト」に書くような詞を唱歌みたいに歌うことか?スーパーフライってのは「凄い蝿」って意味か?基本的に声のでかい奴は信用ならんのですが。
しっとりと、あえて言語不明瞭に歌う、というのも高等テクだと思うのだけど、明菜リタイヤ以来、その系統がほぼ消滅したように思う(才女・UAを除く)。
スーパースター・山口百恵もかなり押さえた歌唱をする人だったし、ピンクレディー・ケイちゃんのヤンキー系ハスキーボイスは今のJーPOP界において、もはや「シンガー」として、通用しない。
すっかりタレントとしてゆるぎない地位を得ている研ナオコさんですが、この人は本物の歌手/ディーバであります。
とにかくどのベスト盤でもいいから聴いてみればいい。ビビります。昔、ドリフのコントなんかのあいまに本業であるところの歌手として、「あばよ」「かもめはかもめ」等を披露していたが、子供にはわからなくってそのまま放置。最近やっと開眼しまして、この人の美しい声にはまっているという次第。
かの中島みゆき御大が多くの楽曲を提供しているのだが、女将さんが歌うとだいぶウェットになってしまうのに対し、非常にしっとりと聴かせるところが、数々の大ヒットを放った要因だと思う。
スーパー「ビッグ」アイドル・田原トシちゃんのミラクルボイスに引っ張られることなく(なっつっざっかり~♪)、堂々と歌いきっているのはさすがプロフェッショナル。
「窓ガラス」が一番好きかも。http://www.youtube.com/watch?v=HOdDetzLP0k

百恵ちゃんに楽曲提供していたのが阿木耀子&宇崎竜童の黄金コンビだったのだけど、竜童氏が在籍した「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」はやはり良い。個人的にはキャロルよりこっちの方が好き。
「カタカナ演歌」というキャッチフレーズも開き直っていてクールだが、実はド・ブルースバンドでもある。
http://www.youtube.com/watch?v=aoROQiSw0ZA&feature=related
ギターの和田氏は、数年早いブライアン・セッツァーである。
「スモーキン・ブギ」なんてモロにエルモア・ジェイムスだし。「探偵物語」ファンは最終回の優作が死ぬシーンに流れる、「身も心も」を聴いてむせび泣こう。
「資生堂メロディ」っていうカテゴリーがあるとしたら、「サクセス」なんかはその典型。数々のロッカバラードも名曲ぞろい。宇崎本人が最高傑作と言い切る「裏切者の旅」はやはり絶品。
宇崎竜童は日本でも指折りの名ボーカリストだと思う。基本的にあまり声を張らない、かつ高音も静かに歌い上げる。コンポーザーとしても演者としてもイケてるという、実に稀有な存在。
お二人は名盤ガイドからは外されがちな、日本音楽界の至宝。
そういえば「歌手としての」松田優作も、自分は大好物なのだった。

なんでこんな昭和のことをつらつら書いているのかというと、ファン○ーもん×ーべいびー▲なる若造の楽曲の、あまりのクオリティの低さに、さらにそれがバカ売れしているという事実に、ジェーポップのどんづまり感をひしひしと感じちゃったからなのね、すうさい堂のオヂサン的には。
「商人」はいても「職人」がいなくなりつつある、ということかも知れないが別にまーどーでもいいっつーか、ところで「トイレの神様」を「ウンコの神様」と間違えたらやはり怒られるのだろうか?

ザリガニロック



いやいやいや、飲みも6日連続続くとさすがに体が疲れてきた。朝一ゲロで二日酔い。今度から週5にしよう。
むさしのFMの放送も無事終わり、ほっとしてまた一杯やっております。

川勝正幸さんが火事が原因でお亡くなりになった。享年55才。
『ポップ中毒者の記』なんて、うちでもよく回転した。『勝新図鑑』なんて最高にトッポい本だったんだが。
ツイッターなんかを見るとまだまだいろんなことに興味津々のようで、久々に本来の意味で、惜しい人を亡くしてしまったと思った。
現役で物事を楽しんでいる人を連れて行ってしまうのはやはり残酷だ。聴きたいCDや見たい映画や本など山ほどあったろうに。ポップに死ぬのはなかなか難しい。

そんなわけなので、多少散財しても見たいもの聴きたいものにはなるべく、生きてるうちに触れたほうがいいんではないかと思い直しました。どんなジャンクな知識でも、身につけば武器にも防御にもなり得るのだ。そうそう、すうさい堂ってお店で買い物したらいいよ。
で、ベスト盤のCDってのが「知る」にはお手ごろだったりするのだけれど、特にニューウェーブ系のバンドに顕著な気がするのだが、最初の方に収録されているナンバーってのは勢いもあってカッコいい。けれど、だんだん曲が進むに従って演奏力も上がり、面白さがなくなっていくのだ。
『The B-52’s』なんてバンドも、初期は50年代とパンクをミックスしたような奇妙なポップスをやっていたのだが、演奏能力が向上するとどんどん「普通」になっていくのだね。素っ頓狂を維持するってのもなかなか難しい。
「ロック・ロブスター」「プライベート・アイダホ」のえげつないカッコよさ。男女ツインボーカルのまじめにふざけた感じもいい。ボーカルのフレッド・シュナイダーは、リリー・フランキーに似ている。 
http://www.youtube.com/watch?v=2VCCiY17hKw&feature=fvwrel

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ