忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 2017年10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

RCサクセションとわたくし



『ROCKING ON JAPAN特別号 忌野清志郎1951-2009』『清志郎が教えてくれたこと(今井智子/飛鳥新社)』『忌野清志郎が聴こえる 愛しあってるかい(神山典士/アスコム)』と、ここのところキヨシロー本を読んでいるのです。
RCサクセションは『BLUE』以降がリアルタイムなので、これらの本を読んでいると「あのあたりでバンド内に微妙な空気が・・・・」などとわかってしまって、何となく納得している。
『BEAT POPS』以降の作品てのは、個人的には微妙なんですよ。このアルバム、世間的にはRCが一番注目されている頃で、どんなものが出るのだろうとほくほくしながら待っていた、のだが、発売されたレコードの、ジャケットに違和感。
なんで清志郎がニヤけてるんだ?チャボやG2がアイドルみたいに写ってるんだ?と思った気がする。
確かに好きな曲もあるんだけど、なんちゅーかどこか売れ線狙いというか、以前のようなソリッドさが薄れたんじゃないの?というか。ソリッドなんて言葉は当時は知らんが、中二ってのは割りとそういうところが敏感だったりする。
以降『OK』『HEART ACE』『MARVY』とそんな感じがずっと続く。『FEEL SO BAD』は久々に本気で怒ってて好きだったけど。この辺ってのは曲のストックがなくなって、新しく作られたものが多いので、どことなく感触が違うのである。
『COVERS』は作品の内容や発売禁止のゴタゴタに孤軍奮闘していたのは清志郎一人だけだったらしく、以降バンド内に軋轢が生じ、ラストの『BABY A GOGO』ではメンバーが二人抜けてしまう(このアルバムは物悲しいくらいフォーク・ロックだった)。

ジャケットを頭の中で並べてみる。すると気付いた事がある。
『BEAT POPS』とそれ以前のジャケットってのは、実は明らかにセンスが違う。
『RHAPSODY』『PLEASE』『EPLP』『BLUE 』の四枚は、実にビッとしたバンドマンが思いっきりカッコつけていた。
中期以降はアートワークに遊び心も出てきたけれど、いつまでも眺めていられるようなクールなジャケは一枚もない。ハッキリ言ってジャケがダサいバンドってダメですよ。ロックンロールは総合芸術なんである。
要するに先の四枚と、売れなかった時代の三枚が好きすぎたってこと。今手元にあるのは『シングルマン』だけだが(それですらほとんど聴かないけど)、順番どおり頭の中でアルバムを正確に再生することができる。
結局自分にとって、セックス・ピストルズ、ザ・スターリンと並んでRCサクセションってのは重要なバンドだったんである。
まったくマニアックじゃないんですが、「究極」ってのはそういうことだと思う。

ソロワークってのはいまだにまるっきり興味がないんで、彼が亡くなったことに関しては特に思うことはない。ないんだけど、よくわからない人たちが追悼で「社会派ロッカー」とか持ち上げてたのが何だか苦々しくて。少なくともRCは最後まで聴いてきたけど、一度も社会派だと思ったことはない。社会を挑発するバンドであったとは思うけど。
『COVERS』だって、清志郎がそのとき、「なんかヤだ」と思ったことをそのまま歌っただけ。
反核テーマのコンサートをやってみようという気持ちはあります?というインタビュアーの問いに「いや、それはヤです。気持ち悪いですね、なんか」と、しれっと答えている。

「日本のミュージシャンは社会に対してまったく声を上げないからダメだ」という声があるけど、それはあまりにも真っ直ぐすぎる意見で、ちょっと笑ってしまう。
例えば井上陽水の曲に「テレビではわが国の将来の問題を/誰かが深刻な顔をして喋ってる」ってフレーズがある。この歌詞のポイントは国を憂いているのを「誰かが」と切り捨てる無関心さである。
そういう表現方法の人に反なんとか運動とかに関わってほしくないなあ、と思うのは自分だけだろうか。
大きな目でみれば、そうやって自分のブランドを守っているのである、と、思うんだけど。切り込んでいくのも表現だし、それをしないという表現もある。二種類あっていいんじゃないでしょうか。
忌野清志郎という人はその辺がどっちつかずになっちゃった感が否めないのだが、根本がヒューマニストなのだろう。
『BLUE』以前のRCサクセションに共通する匂いは「ドライさ」で、当時の録音のせいもあるだろうけれど、彼らが志向するソウルやR&Bっぽさは案外希薄だ。その辺が自分にとっては気持ちが良かったのかも。
かつての忌野清志郎の顔を見てごらんよ。人殺しの目つきだよ。こんな面構えでテレビで歌う人はいなかった。まさに看板に偽りなしである。
RCに黒人音楽を見ていなかった自分は(際どいR&Rバンドと捉えていた)いまだ、まともにソウルが聴けない。あれはウェットな人間賛歌だから、ちと苦手なのだ。踊れねえし。




PR

WATCH OUT vol.15に、掲載予定だった、コラム



吉祥寺さん、いい加減 あなたの顔を忘れたい。♯10


ルー・リード氏がお亡くなりになりました。某中古CD屋では軒並み、彼の在庫が消えています。
ルーとイギーとボランを知らないロックファンはモグリってなもんで、
おう八っつぁん、何かお勧めを教えてくれよ?
そうだな、これなんかどうだい『メタルマシンミュージック』。
ありがとうよさっそく聴いてみっか、
うわーなんだこりゃ雑音がピーピー鳴ってるだけじゃねえか騙しやがったな八の野郎。
ははははは熊の驚いた顔が目に浮かぶな。ざま見やがれあん畜生。
死んでからルーと向き合おうなんざ片腹痛い。
やっぱり定番は『トランスフォーマー』に『ブルーマスク』かぁ?
このジャケの人間とは思えない面構え最高だな。
『警鐘』『死の舞踏』『レジェンダリーハーツ』『ロックンロールハート』も忘れちゃいけねぇよ。
聴きながら飲むとくいくい酒が進むってなもんだこん畜生め。
はああ。ちんとんしゃん。ちんとんしゃん。

さて、追悼ということで急遽、吉祥寺のバウスシアターがルー・リードの特集上映を組みました。
この辺の対応の早さが吉祥寺らしいところで、新宿や池袋の映画館じゃこのような機敏な動きは見せてくれません。
自分は2006年製作の『ベルリン』を観に行きました。
バンドを基本として、合唱団や弦楽隊と共に彼が演奏を封印していたアルバム・『ベルリン』全曲をライブで再現した作品。
辛辣な詞をTシャツにジーンズというラフな格好で浪々と歌う老境のルー・リードは「カジュアルな悪魔」。
爆音上映であり、歌詞を流しながらの上映でしたので、初めてあのアルバムの全体像が掴めた気がします。
若い頃は実に爬虫類的な、ヤモリのようなぬめぬめとした美しさを持っていたルーですが、年をとって皺も体重も増えたスクリーンの彼は、ガラパゴスオオトカゲといった風情でした。

とにかく作品数が多く、遺作はメタリカとのコラボでしたっけ?自分は未聴ですが。
ベストアルバムを一枚挙げよと言われるととなかなか難しいところですが、
今の気分ではヴェルヴェット・アンダーグラウンド『1969LIVE 』vol.1。
VU解散直前のライブ盤。どういうわけかパンチラのジャケット。
初期の激しさはありませんが、ぬるりとしたテンションのダルな演奏は、
確実にロックンロールの(裏)歴史に刻まれる音。
ベストテイクは、ルー歌唱による『ファム・ファタール』でしょうか。
オリジナルのニコ・ヴァージョンとはまた違う「ひゃっこい美しさ」があります。

ワイルドサイドを歩け。走れじゃないところがいい。
自分なんかは辛うじて「ワイルドサイドに足湯」って感じ。パチャパチャと。
ところで甲斐バンドに、「walk on the wild side」の曲もアレンジもまるまるパクった『新宿』という曲があります。
カヴァーじゃん!ってなくらいの、堂々たるパクリっぷりはなかなか見事なもんでした。







(※しばらく迷っていましたが、没にする必要性もないと判断し、こちらにアップしました)

ワイルドサイドをお散歩



ルー・リードさんがお亡くなりになった。享年71歳。
さて、自分は晩年近くまで彼の活動を追いかけていたわけではないので、「追悼」「合掌」「ショック!」とか言う権利もないんじゃないかと。というわけでひとこと「ルーさん、おつかれさまでした」。

最初はやはりヴェルヴェット・アンダーグラウンドのファーストで、「パンクの元祖」みたいな情報から手に取るわけである。
針を落とせば「さ~んでい、も~に~ん」と、牧歌的な曲が流れて「あれ?」となり、えらいこと単調にギターやピアノが鳴ってる『僕は待ち人』で「んんんん?」となり(今聴くとめちゃめちゃパンクですけどもね)、かったるそうなおねえちゃんのボーカルが始まって「カネ、損した・・・」くらいに思っていたら次の『毛皮のビーナス』のイントロで、ガツンと来た。退廃の極みみたいな一曲。そんな感じのルー・リード初体験。
一番好きなのはやはり「バナナ」なのだけど(なんだかんだで馴染んでいく)、ヴェルヴェッツのアルバムはどれも良いと思う。
ロック+文学性だとプログレ方面に行き勝ちだが、ヴェルヴェッツってのは演奏自体はあんまり巧くないところが却ってクールなんだよな。
木魚みたいなモーリン・タッカーがドラムだったのは必然だったんである。
定番だけど極めつけは『スウィート・ジェーン』と『ロックン・ロール』。

ソロになると『トランスフォーマー』が飛び抜けてポップで、ジャケのカッコよさも含め皆からの「愛され名盤」。
『ベルリン』は評価高いが、隙間に埋まってる風情の『死の舞踏』『警鐘』『レジェンダリー・ハーツ』なんかも聴かれるべきだと思う。
名盤とされる『ニューヨーク』はあんまりピンと来なかった。
「学習する」とか「挑戦する」ってニュアンスだったな、ルー・リードのソロを聴くってことは。
(ゲイでジャンキーの退廃の帝王、みたいなキャッチに惹かれてアルバム聴くと、かなり肩透かしを食らうんだよな)
そんなわけで、一番大好きな音楽家ってわけでもなかったんだけど、『ワイルド・サイドを歩け』聴いて、「俺もワイルドに生きるぜ~、ワイルドだぜ~」と思った身からすれば(ウソだよ~ん)、やはり数々の名曲から恩恵を授かったゆえ、どこかでケジメをつけんといかん。
多少ながら、ワイルドサイドをお散歩させていただいたので。

吉祥寺バウスシアターでルー・リード追悼特集。2007年の『ベルリン』爆音上映。公開当時はシカトしたが、これは観に行く。
ケジメである。
新宿などの劇場からすれば「ルーリードとかいう人」が亡くなろうが商売には一切関係ないだろけど、「本当の重要性」を引っ掛けるアンテナと実行力は、さすが吉祥寺。



11月15日(金)に翔壱書店&すうさい堂でイベントやります。『CLUB WATCH OUT!vol.1』
吉祥寺fourth floorhttp://fourthfloor.sub.jp/
19時オープン。1ドリンク込み1000円。
DJは本郷翼氏とすうさい堂(共にWATCH OUT執筆陣)。
翔壱店長氏による、パンク&モアの名曲をアコースティックでカヴァーするライブあり。
あとは酔っ払う。
フリーペーパーという強みもあると思うけど、最新号は特に大人気で、残りわずからしい。
自分が関わった媒体としては一番勢いがあるのかも知れない。
いわゆるAVショップにはほとんど配布してないところが面白い。
アダルト発の紙媒体が、他のカルチャーを巻き込んでるってのはなかなか痛快。






「悪魔のようなあいつ」だった男




翔壱書店発行『watch out』vol.10入荷中。
今回マイナーなグラムロックのコンピに関する記事が載っているのだけど(AVファンジンです)、かの「退廃美学」とロックンロールをミックスした文化ってのはパンク以上に日本からは生まれないもんだな、などと思っていたが一人だけ、「沢田研二」という人を思い出した。

『沢田研二A面コレクション』なる3枚組CDがお気に入りなんですが、ジャケがワゴンで売られてるバッタもんのコンピ(ラブ・バラード集にニール・ヤングの「ヘルプレス」なんかが入ってるやつ)みたいだったり、シングルのジャケが全部掲載されてるのに白黒だったりという、痛い側面を差し引いても素晴らしい内容。
酒を飲みながら聴くなら大ブレイク直前の、はんなりした曲たちが良い。
『勝手にしやがれ』以降の活躍ぶりは小学生だった自分もよくテレビで目にしたが、とにかく強烈にカッコよかった。
ヒデキひろみゴローとは確実に「匂い」が違ってた(ゴローちゃんは「カックラキン大放送」のレギュラーだったので、親近感はあったが)。
百恵ちゃん・ピンクレディー・キャンディーズの最盛期も一応知ってるけど、一番好きだったのはジュリーであった。すでにその頃から「野郎好き」の発芽があったと思われます。
動画サイトにも当時の映像がバンバン上がっていて実にありがたいもんで、それらを見ると子供の頃に思った「カッコいいお兄さん」という憧憬にまったくブレがない、というのはすごいことです。

パラシュート背負ったり(後の「タケちゃんマン」の衣装にインスピレーションを与える)、金色のカラコン入れたり、ナイフを振りかざしたり、ナチ的イメージを多用したり、女装したり、ずぶ濡れになって手には血塗れの包帯だったり、ウイスキーを含んで霧のように吹くパフォーマンスの曲はPTAが「行儀が悪いざんす」と怒ったりした。
「お茶の間を挑発する」エンターティナーとしては、目いっぱい好き勝手なことをやっていたのであった。こんな人は後にも先にもない。
音楽的にも腰に来るファンク・ネオロカ・ロッカバラード・パワーポップからニューウェーブ、最高峰はBOW WOW WOWみたいなジャングルビート・『晴れのちBLUE BOY』だろうか。
ギター3本を従えた贅沢なバンドで『ストリッパー』を歌うド派手なジュリーはビジュアル系の元祖?とんでもない、ジュリーは下なんか向いて歌わねーぞ!

これらがすべて「歌謡曲」の範疇で作られていたというのがまたすごいところで、「俺はロックやりますんで」とか言って箸にも棒にもかからんようなことをやってる平凡なタレント(?)連中とはプロ意識がまるで違う。
歌詞も実は男っぽいのが多くて、『カサブランカ・ダンディ』の「聞き分けにない女の頬を/ひとつふたつ張り倒して」なんてフレーズは、「つないだ手を離さない」「同じ歩幅で」「隣りで笑っていて」くらいしか歌うことのないJ-POPのご時世じゃ封印だろ、これ。
セクシャルなイメージも非常に強いな。『おまえにチェックイン』なんて、いたした後のラブホの朝だもんな。
名曲『勝手にしやがれ』は当時小学校高学年だったけど、男女の機微はいざ知らず(いまだにわからん)、歌詞から伝わる哀しげなイメージは完璧に理解してたもんな。「バーボンのボトル」まではわかんなかったけど。
なんにしても、阿久悠という作詞家も大天才である。
特に『サムライ』を歌うジュリーは、デビッド・ボウイに匹敵するグラムロッカーっぷりだったと思う。
まあなんつうか、エロい。爪の先までエロい。
グラム時代のボウイ自身がフェイクで固めたパフォーマーだったので(マーク・ボランは本物)、そういった意味でも彼らは同等である。

デカダンスをお茶の間に持ち込んだ「悪魔のような」ジュリーも(その一方で志村けんとコントやったりしてたんだよ!特に「鏡」は名作である)、現在65才ということで、選挙演説の応援に現れた姿はまるで「ふくろう博士」みたいでちょっとびっくりした。デビッド・ボウイのような「ハンサムなジサマ」にはならなかったけど、あれはあれで男の姿としてはアリである。艶っぽい歌声は相変わらず。ライブも盛況らしい。








ゲンスブール・links・根本敬



『ゲンスブールと女たち』などという映画を観ると、ロシア系ユダヤ人で、アルコールとニコチン中毒のセルジュ・ゲンスブールというおっさんは、大変おモテになったのだなあ、ということがわかる。
ヨレ者が発するフェロモンってのは確かにありますな。ロックだったら、イアン・デューリー(左半身不随)やジョニー・サンダース(ヘロイン漬け)なんかがそれかも知れない。
で、中古で『ゲンスブール・コンプリート』を集めているのである。もちろん500円以下で。全9枚。現在持ってないのはvol3と6。
キャリアも長いので、フレンチポップ・ジャズ・ラテン・レゲエなど様々な音楽をやっているのだが、ゲンさんのエロつぶやきボイスの前では、ぶっちゃけ、「みんなおんなじ」である。
そんな中で異彩を放つのが、『第四帝国の白日夢』(ROCK AROUND THE BUNKER)。1975年。

ナチス(第四帝国)がテーマである。ゲンスブールもユダヤ人なので、映画によると子供のころに「ユダヤの星」を付けさせられていたらしい。
ライフワークにもなりそうなテーマだが、ジャケットもふくめ、すんげーテキトーな内容である。
ユルユルのオールディーズ風ロックンロール大会。国内盤にはあの根本敬氏がイラストと文章を寄せている。うーん、わかっていらっしゃる。
『ナチ・ロック』なんて、映画で使われているバージョンを聴いたときはテンポも速くてキーも高くてえらいカッコいい曲だなと思ったのだが、これに収められているオリジナルを聴いてずっこけました。かなりずっこけました。即座に梅宮辰夫の『ダイナマイト・ロック』(全然ロックじゃない!)を連想した。
ヒトラーの愛人エヴァ・ブラウンに捧げた『エヴァ』、さらに彼女が好んだスタンダード『煙が目にしみる』のカヴァーを続けて収録するなど、念の入った嫌味である。
タイトル曲にしても「おぞましいナパーム弾/炎の舌が傷のような/深い断崖の上に張り出す/すべてが焦げ/すべてが震え/廃墟となって崩壊する」といったシリアスな歌詞なのだが、能天気な「ロッカランダ・バンカッ♪」の女性コーラスにより、すべて台無し!

オサレ方面には完全にシカトされている一枚であり、本人もふざけ半分で作ったのかも知れないが、結局のところ「でも、やるんだよ!」である。このレコードは当時もまるっきり売れなかったらしい。
ジェーン・バーキンとのエロエロデュエットを聴いたときもぶっとんだおっさんだなあと思ったもんだが、フランスの大スターでありながらも(ルックス的にも勝新太郎に似ていらっしゃる)、国家をレゲエにアレンジして大顰蹙を買ったり、精神的には非常にパンクな人だ。
ラフなんだけど、一挙手一投足が様になる。カッコいいってことはやっぱり重要だなあ。
(フランス語がまったくわからない日本人は訳詞を追いかけるしかできないのがちょっと辛いところだが)
根本さんの文章がやっぱりイイ感じに的を得ているので、ちょっと引用。

「バカバカしく下品で下らないマヌケな事もトコトン突きつめればある種の崇高さに辿り着かざるを得ない。
(中略)ナチズムだろうが南京大虐殺だろうがそういった人類負の遺産とされるものからハト時計やでんでん太鼓に至るまで本質とはそうゆう事だ、所謂、しゃれにならないものや事ほど実は最高のしゃれになり得る。」






Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ