忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 2017年10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで20%オフ(11/12更新)、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

キノコ倶楽部でキネマホテル



あ?なんか間違ってるような?
とりあえず文化の日は快晴!営業日和の祝日!なのに店をサボッて、鶯谷の東京キネマ倶楽部のキノコホテルの実演会へ。こっちが正しい。
駅前にラブホが乱立している愛に溢れた街。神社の真下にライブバーがあったりする(この光景はいつ見てもすごい)。開演前にもちろん飲む。赤いウインナー揚げとか、たのむ。
キネマ倶楽部はグランドキャバレーを改装したハコなので、ちょっと雰囲気がいい。ステージが高いので見やすい。花道もある。あ、用心棒らしきスキンヘッドの人もいた。
バンドはやはりカッコよい。出るべくして出た感がある野坂昭如のカヴァー「マリリン・モンロー・ノー・リターン」がお披露目された。
この曲はクレイジーケンバンドもやっていたのだけど、そこのバンマスがどこかで発言していた「カッコいい女に男は敵わない」がドンピシャ。
三曲入り会場限定CDもすこぶるよいが、特にインストの「夜の禁猟区」が最高。マリアンヌ様のキャラがどうしても先行して話題になるけど、オルガン・プレイヤーとしても評価されるべきでありんす。
言葉を含め、一線を越えないところがいい。チバユウスケが「愛でぬりつぶせ」とか歌い出した時にはやっぱり、ガッカリしましたもんね。

キノコホテルと聖飢魔Ⅱはバンドの構造に実は共通点があります、と、調子こいて書いてみる。
両者とも基本的にコスプレバンドであり、リーダーはMC名人。
デーモン小暮は「閣下」であり、マリアンヌ様は「支配人」。聖飢魔Ⅱのライブは「黒ミサ」。それにに対してキノコは「実演会」。ファンを「信者」に対して「胞子」と呼ぶ。
部外者はこういうノリが気持ち悪いらしいが、「胞子」は承知の上で楽しんでるんだから、ほっといて。


PR

アウトサイダー歌謡を御拝聴



マイナー歌謡曲のコンピってのが好きで、昔は発見するとテンションが上がって購入していたものですが、お金がなくなる度に売ってしまったので今はほとんど手元にない。早々に廃盤になるのでプレミアが付きやすいのだ。そんな流れからの、現在キノコホテルにお熱なあたしなのです。
その手のものはだいたい「和モノ」「レア・グルーヴ」としてオシャンティーに消費されていくのだが、ウルトラ・ヴァイブから発売されている「歌謡曲番外地」シリーズは凄い。
特に四月に同時発売された、夜の番外地/アウトサイダー歌謡・『東京ホステス仁義/混血児リカ』と『愚連隊仁義/心中日本』は、歌にカツアゲされているような気分になる。

『東京ホステス仁義』は『女番長テーマ』~杉村美樹による仁義~カルメン・マキの『ノイジー・ベイビー』で始まるDJ的な構成は、ズベ公にデコピン食らったような衝撃(よくわかんねぇな)。
「他人の関係」が有名な金井克子の、どファンキーな『エロスの朝』。底抜けスケバン映画『混血児リカ』のテーマソング(主演の青木リカ歌唱)『リカ・マイガール』は、「こんなところでまたお会いしてしまいましたね」という感じ。へたっぴだが、そこがいいんじゃない!
ジャパニーズ・リアル・ギャングスター、安藤昇の『地獄門』。演歌というよりはマカロニ・ウェスタンのテーマ。ガチの武闘派による「詫びちゃならねェ! 詫びるこたァ 出来ねェ!」等のセリフ回しが異常なほどの説得力。
80年代ハイレグ歌謡(というジャンルがあるような気がする)『ホット・リップス』ってのが何で入ってるのかわからないけど、後半のやさぐれ系女性歌手による、ブラックな(必ずしも「黒人的」という意味ではない)怒涛のファンク歌謡攻撃には「ごめんなさい、もうしません」って、謝りたくなる・・・・。

『愚連隊仁義』は、ショーケンの「傷だらけの天使」イメージソング・『兄貴のブギ』でスタート。
水谷豊との掛け合いが今となってはちょっとサムい。まだ譜割り通りに歌っている。
安田明とビート・フォーク『人間廃業407号』は、「芋虫」状態で戻って来た帰還兵の歌。ものすごい内容だが、真面目な反戦歌であり超絶ファンクである。
フラワー・トラベリン・バンドのカヴァーという怪作『火星からきた女』、マキシマムによる『ファンキー・モンキー・ベイビー』のディスコ歌謡バージョン、「あの子は初!」と下品にシャウトする岩城滉一『スリリング』、「ちぇっ!くだらねぇぜ!」のセリフが浮いちゃってるジャニーズアイドル・メッツの『野良犬』、中島みゆきの超名曲を自己流にもっさりと歌う、根津甚八の『狼になりたい』あたりはかなりレアじゃないでしょうか。
後半はタイトルだけでも凄い。『とっても怖い子守唄』、『夜明けの街に恋が死ぬ』、『六月の雨はサタンの涙』、『「舌切り雀』(原田芳雄)、『残されもんのベイ・ブルース』。
日本語ってのは豊潤だったんである。ジェイポップどうしてる?元気かい?
そして「日本せまいぞ ラリパッパ/タンナタラリヤ ラリパッパ」なる史上最高のサビを持つ、長谷川きよしの名曲『心中日本』で〆(野坂昭如による名演もあり)。

それにしても思うことは、売れようが売れまいが「盤」として発売される形で出現した「歌」たちは、今のカラオケや配信やダウンロードだよりの「曲」たちとは、骨格が違うってことである。
特に、まったく売れなかった女性歌手たちの歌唱力がハンパじゃない。平均値がものすごく高い。
女優/俳優たちが歌う(歌わせられてる)楽曲たちも、結局その人たちにしかできない表現になっている。
両盤ともに、真ん中でフラワー・トラベリン・バンドのナンバーが挟まれており、実は聴いたことがなかったので勉強になりました。
そして恐らくこのコンピ、キノコホテル人気に便乗して製作されたようなノリがあり、「愚連隊」には電気ギター担当・ケメさんのソロ、「ホステス仁義」には支配人による「仁義口上のカヴァー(かつて『日本仁義全集』なるレコードが発売されていたらしい)が収録。しかし、淀みなくきれいに仁義を切っていらっしゃる。器用な方である。
デコトラみたいなデザインのジャケットはご愛嬌。




キノコホテル擁護

どうも自分で書いた文章ながらモヤモヤしてるなあと思っていた前回のブログなんですが、カルメン・マキさんが「法的手段」とか言い始めてる。しかもどうやら、キノコホテルさんではない相手に対して。
前回も実はやんわりとキノコさん擁護に回っているのだが、何がひっかかっていたのかが二つほどハッキリしてきた。

一つは両者のスピード感のズレ。カルメンさんは二年前にリリースされたカヴァー・アルバムを最近知って、挨拶のひとつもないのはマナー違反だという。
キノコさんはカヴァーを出した後、フルアルバムを一枚、ライブ会場限定のセルフカヴァーを一枚出していて(これ、アグレッシブで最高にカッコいい)どんどん次に進んでる。
例の「『面倒くさいからもうやらない』発言は礼儀知らずだ」という意見は認めるにしても、バンドとしては「なんで今更?」という感覚は拭えないと思う。それくらいサイクルが早い世界だろうし。
二年前のことを今蒸し返すというのは、現場モノとしてはいささかズレが発生しているんじゃないかなあ。
それが「カルメン・マキ」ブランドを守ることには繋がってないような?
リリース直後ならば、キノコさん側の反応もまた違ったんじゃないか?
あと、このパターンで相手が仮に「中森明菜」だとしたら、恐らく明菜さんはシカトしておしまい、だと思う。
ぶっちゃけ、キノコさんと明菜さんは同じ土俵にいないからである。今回話がこれだけもつれたのは、両者が意外と近いラインで活動しているからってことは否定できない。

もう一つは『ノイジー・ベイビー』は自分の曲である、というズレ。
もちろんそうだし、オリジナルには敬意を表する。曲を自分の色に染めたのはカルメンさんである。
しかし。『時には母のない子のように』ならば有名だし、あの曲とカルメンさんのボーカルは切っても切れないものだが、果たして『ノイジー・ベイビー』はどうか?
発売当初まったく売れず、ベスト盤が再発されちょっとだけマニアから注目されたが早々に廃盤。
しかし「いい曲を知らしめる」という目的でカヴァーした(蘇らせた)のがキノコさんなのであり、現在購入/認識されている大多数はキノコホテル・バージョンなのである。
若干悔しいかもだが、カルメンさんはこのことを認識したほうがいいと思う。それがベテランとしての余裕ではないか?
自分も「キノコがこの曲やってるわ~!」と少々盛り上がってカルメン・ベストを買い戻したし、実際、キノコホテル人気に乗ってリリースされた感もあるコンピレーション『東京ホステス仁義』(今年の四月発売)に、オリジナル版がめでたく収録されて流通し、聴くことができる。
キノコさんがやったことが巡り巡っての結果、なんじゃないかなあ。と、思うんだけど。

今年の紅白、カルメン・マキにオファーがありそうな気がする。自分が制作だったらオファーしてみるな、とりあえず今年の話題として。本人が出演するかどうかは別だけど。
そこで『ノイジー・ベイビー』歌ったら、最高にカッコいい。
で、バックがキノコホテルってのが美しい流れ(笑)。

ノイジーベイビー新旧対決



ちょっと前に知ったことだが、キノコホテル(というかマリアンヌ東雲)とカルメン・マキが揉めている。
発端は二年前にリリースされたキノコホテルのカヴァー集『マリアンヌの逆襲』に、カルメン・マキの「ノイジー・ベイビー」が収録されたこと。このCDがカルメン氏には届けられておらず、「マナー違反ではないか」とツイート。それがあちこちに飛び火。
プロデューサーのサミー前田氏は「作詞・作曲者であるクニ河内氏には許可済みであり、カルメン氏にもライブに出向きその旨は伝えた」と、筋は通してある事を主張。カルメン氏は「ライブ会場で言われてもよく覚えてないし、自分の曲のカヴァーは数多かったが、今までこんなことはなかった。礼儀の問題」と、不快感を露に。
ビジネスvsメンタル。論じている軸が違えば、話はいつまでも平行線。
それでもプロデューサーが「CDを届けなかったのは製作側の手落ち」と謝罪の意を表明したところに、支配人の「著作者の方は承諾してくれたのに歌い手が騒いでる。面倒くさいからもうやらない」と、爆撃ツイート。これがまた火種となる。
正直「この時期にそれやるか~」と思う。子供じゃないんだからという意見も多数だが、「リスペクトしている大先輩に対してこんな風に切っちゃうのは、実はキツかったろうな」と、ひとの心理を読むことに長けたすうさい堂さんは思う。
若干リップサービスっぽいし、なにせ「あたしは誰のモノにもならない」と歌う、『キノコホテル』の金看板を背負ってるんである。
で、久々に2ちゃんのスレッドをざっと読んだところ、もちろん双方への罵詈雑言は限りないが、カルメン氏を「老害」呼ばわりする輩が「果たしてこいつらはノイジー・ベイビーのオリジナルを知ってるのか?」と思った。

キノコによるやさぐれ感を打ち出したカヴァーもカッコいいのだが、1970年に発売されたオリジナルの、儚げながらもクールなオリジナルは素晴らしい。「ノイジー・ベイビー」というタイトルからして、かなりトッポいセンス。斬新過ぎて当時はまったく売れなかったらしい。
自分は『カルメン・マキ/ベスト&カルト』という二枚組でこの曲を知ったのだが、この人のベストワンを選ぶとしたら、間違いなく「ノイジー・ベイビー」であります。
ハードロックのOZj時代はあまり興味がないけれど、このベストにはぎりぎり歌謡曲~アングラフォーク~ニューロックの名曲がぎっしり詰まっている。こういうのを知らずに「老害ババア」呼ばわりする若年層もいかがなもんかなあ、と思う。
映画『探偵はバーにいる』にカルメン氏は歌手役で出演していて、ジャックスの「時計をとめて」を歌っていたのだが、おお~と思うくらい現役の佇まいであった。
(「自分はカルメン・マキである」という驕りは確かにあるとは思う。歌手にも相応に対応しろというのならば、今どこで何をやってんだかわからない「元歌手」も探し当てて作品を送らなきゃいけなくなってしまう)
「時には母のない子のように」と「私は風」のカヴァーは多数あるだろうけれど、「ノイジー・ベイビー」をやろうなんてアーティストはそれまで一人もなかったんである。
イケてるPVも含め、リスペクトがないわけがない。そもそもサミー前田とキノコホテルは「和モノ復刻愛」における第一人者。

結局、オリジナルもカヴァーも双方カッコいいんだし、それでいいんじゃないか。
どちらも大メジャーとは言えないご時世なので、この騒ぎでちょっと聴いてみようかと、「音楽が」注目されれば結果オーライ。
先の二枚組ベストは廃盤で入手困難のようなので、件の曲を聴きたければ、ウルトラ・ヴァイブから発売中のアウトサイダー歌謡コンピ『夜の番外地/東京ホステス仁義』を購入し給え。
それと同シリーズの『愚連隊仁義』は最近最も衝撃を受けたアルバムなので、次回はこの二枚について講釈を呉れてやるわよ。

それにしても「ノイジー・ベイビー」の歌詞。
『誰もがあたしを知らないくせに/誰もがあたしを知りたがるのね』
『誰もがあたしをふりかえらせて/誰もがあたしを笑っていくのね』
のフレーズが、今回の騒動と妙にシンクロした「気分」である。
『マリアンヌの逆襲』発売時の支配人インタビューでは「2013年に作られた曲だと言っても信じられそうなメロディとメッセージを持っている曲」と、大絶賛していた。
ああ、うるさいな。


黒ィいのうえようすい



ずっと日本のアングラロックが好きだったのですが、最近注目しているのが井上陽水という人。みんなはもう知っているかい?
もとい。国民的歌手である。しかしながらこの人がかなりの割合で放つ「悪意」を考えると、それが不思議であると、昔から思っていました。
大ヒットアルバム『氷の世界』のタイトル曲における強烈な皮肉。「みんなガンバレ♪」のサビだけがCMで使われた『東へ西へ』における狂った情景。夕立をまるで世界の終わりのように表現した『夕立』。夜行バスの運行を幻想的に歌った『夜のバス』。
「バスの中は僕一人/どこにも止まらないで/風を切り走る」って、それ本当にバスなのか?
と思えば、『心もよう』(これは大嫌い)、『夢の中へ』(斉藤由紀のユーロビートバージョンも有名)、『少年時代』『リバーサイド・ホテル』『いっそセレナーデ』などの国民的ヒットを「しれっと」した風情で飛ばしている。
例えば『ジェラシー』をたまたま聴いた御婦人が「あーらいい曲ねえ」と、それが収録されている『あやしい夜をまって』というアルバムを購入すると、極めてパラノイアックなイメージが疾走するロックンロール・『My House』などがもれなくついてくる。
一貫した本人のノンポリぶりも考えてみればすごい。

二百万枚を売り上げたという驚異のベストアルバム・『ゴールデン・ベスト』。大・人気者。
その影でひっそりとリリースされた風情の、本人選曲による裏ベストが『ゴールデン・バッド』。
「CD売ってくれて沢山ありがとう♪」と、会社からのご褒美なのだろうけど、すべて80年代以降の曲で構成されたマニアックなもの。要するに、まともに売る気が無い。
本人言うところの「ひどいテカり具合」を集めた。
しかし、陽水氏の毒気を堪能しようとする向きには格好のアイテム。
バラバラに分解されたのち、再構成された日本語があの声に乗る。
そして、彼の声とロカビリーは、意外と相性がいい。『ダメなメロン』や『Be Pop Juggler』などを聴くと、こっちの方がサイコビリーなんでは?とか思う。

オリジナル・アルバムとしては78年の『white』が一番好きなのだが、その前後作『招待状のないショー』と『スニーカーダンサー』も名盤。
特にこの時期のブラックな曲における「ひどいテカり具合」はどす黒さを増しており、『青空、ひとりきり』『曲り角』『娘がねじれる時』『ミスコンテスト』『青い闇の警告』などは、もうパンクだろ?(←何でも尺度をパンクで考える馬鹿)。
力士が通る花道に触る手の中のひとつにカミソリが混じっていたのサ、という内容の『事件』のアレンジは、なんとレゲエである。十重二十重の悪意。
そして、プレス加工職人の日常を徹底的に突き放して歌う『灰色の指先』に至っては、なんてこの人は「ひとでなし」なんだろうと思う。山野一の漫画を思い出しちゃったよ。
80年代なら『とまどうペリカン』がヒットした時期の『ライオン&ペリカン』がおすすめ。
当時のNWなアレンジと寝たような作風。歌詞も支離滅裂度を極め、それが自分にはフィットする。
宮沢賢治への返歌『ワカンナイ』なんてのも収録されてます。
それ以降になるとだいぶ緩い曲が続く中、「あれ?」「おや?」といったナンバーが時折混じったりしつつ、いまも現役であらせられるという稀代の不思議ミュージシャン。すっかりジェンダーフリーになって、一見、おじさんだかおばさんだかわからなくなっている。
しかし、歳を経るごとにボーカルが猫っぽくなっていきますなあ。
そしてこの人の声は安定し過ぎていて感情がまったく見えない、という不思議。


Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ