忍者ブログ

すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。

【すうさい堂最新情報/極私的ツイッタァ】 ■■ 10月13日(金)13時より移転オープンしました。セール中につき1000円以上お買い上げで10%オフ、100円均一本はすべて半額です。■吉祥寺本町1-29-5 サンスクエア吉祥寺201 ■0422-27-2549

悪たれ小僧が生死をかけて何をかいた?



PANTA自伝『歴史から飛び出せ』(K&Bパブリッシャーズ)を読む。
パンタというベテランロッカーに関しては、頭脳警察の再結成含め3回くらいライブを見ているので、好きは好きなんだけどそんなにソロを熱心に聴き込んだ覚えもないし、レゲエの『つれなのふりや』はカッコいいとは思うのけど、PANTA&HALの世界観が大人っぽすぎて(藁)今に至るまで半分くらいしか理解できていないっていう微妙な距離感ではあるのだが、70年代の頭脳警察は大好物です。
「頭脳警察」というバンド名がまずモダーン。パンクの元祖と言われているが、それっぽい曲は実は10曲もないんじゃなかろうか。

最も政治的ないわくつきのファーストは「ああ、当時の実況録音」くらいの感想しかなくて、発禁・回収されたセカンドにしても、実は半分くらいはフォークソングだし。
個人的には獰猛なパンクの雛形『ふざけるんじゃねえよ』で幕を開け、頭脳ビリーと呼びたい『歴史から飛び出せ』から、名バラード『時々吠えることがある』などが収録された「3」からが真骨頂。
4枚目『誕生』は地味は地味だが、心情を吐露しているだけの初期フォーク(っぽい)ソングと違い、かなりディープ。「俺は王者だ」「俺は影の黒幕さ」と魔王であることを宣言しているような『無冠の帝王』は無類のカッコよさ。いいアルバムです。
5枚目『仮面劇のヒーローを告訴しろ』は実質上パンタのソロだが、インテリジェンスとポップさとダーティーさが混じり合った名盤に仕上がっている。『ハイエナ』などの昭和ディスコティックな雰囲気がたまらん。
ギターをサウスポーに構えるパンタは、古今東西のロック・アルバムのジャケットの中でも、最もクールな存在感。
そして70年代最後の『悪たれ小僧』。パンタとしては「単なるロックバンドのアルバムを作りたかった」と発言しているのだが、これが「単なるロックバンド」だったら他の連中は一体どうなっちゃうんだい?と言いたくなるくらい重厚な作品。
タイトル曲や『戦慄のプレリュード』『サラブレッド』など、グランジの原型ですよ。
さらに『夜明けまで離さない』なるキラーチューンまで収録されているし、ラストの『あばよ東京』に関しては、初期の名曲『銃をとれ』のイメージは血が滾るような「赤」だが、この曲は血が乾いてどす黒くなった「鉄錆」のにおいがする。

政治の季節とまともに接近してしまうあたりが当時のパンタの青さだけれど、頭脳警察最大の魅力は「青臭さ」だと思う。事故記録として残っているという「日劇ウェスタンカーニバルのマスターベーション」事件にしても、楽屋のバンドマンたちに「ライブでマスかくから」と吹聴してしまったため引くに引けず、ラリってこすってはみたものの起ちゃしねえ、ってのが実際のところだったらしい。うーむ、青すぎる中村君。
でもって、当時のパンタの美青年ぶりと相まって、頭脳警察ってすごく「青春」ぽくていいなあと思う。
恐らく本当の地獄を歩いていたのは「村八分」あたりで、そのざらついた軌跡ゆえ彼らの残した音源はほとんどライブだが、およそ「ロックの音を作る」ということが無理解だった時代に、割と真面目にアルバムをリリースし続けた若き日のパンタ&トシによる「青いうた」たちを、好んで自分は繰り返しリピートするのだ。
PR

フラフラ咲いて、カラカラ鳴いた



一貫した書き割りの世界。チバユウスケ詩集『ビート』。
ただ、こうした詞を引き受けるにはそれに見合った身体能力が必要なんであって、チバはやっぱり稀有な人。
彼に「派遣の日給6000円」なんて歌われた日には、むしろそっちの方がリアルっぽくない。
中期以降のミッシェルのアルバムは映画のサントラ的なイメージもあるので、不思議とダニーだケリーだシンディーだサンディーだのの名詞が煙たくならない。ミノルだのタカヒロだのメグミだのと使わないでくれたのはむしろ正解。
初期にあった言葉遊びやユーモア感覚が少しずつ薄れ、後半は完全にフィクションなハードボイルドの世界だが、それでもミッシェル・ガン・エレファントは分かり易くカッコよかった。
(しかし「あふれかえるパスタの山 泳いでいた」ってすごいフレーズだよな)
多分交流があった悪いおともだち・ブランキーの影響があったのではないかと思われる。
本書には収録されていないが、「バードメン」におけるプレイの爆裂ぶりとあいまって、その歌詞の突飛さとブラックさに痺れ、このバンドについていこうと決めました。
(「ザ・バースデイ」には残念ながら思い入れがないので、今回はミッシェルについてだけ書きます)

「パブロックでよかったのにでかくなりすぎたバンドがミッシェル」みたいなことを以前書いた気がするが、それでも彼らは「じゃあこっちのフィクションな路線でとことん決めてやる」と、最後まで貫いてくれた。
パブ指向だったらピーズが本物、みたいな意見は話にならん。少なくとも愚痴っぽかったり、やたら等身大みたいなことを歌ってる日本語ロックは、実はよくわからん。
アベフトシのギターはウィルコ・ジョンソンのパクリ、みたいな意見も話にならん。少なくともアレを真似できるか?普通。しかも師匠よりずっと音が馬鹿でかい。
ナンバーガールってのもいたが、あのバンドは歌詞からルックスからあまりにも「サブカル」でなあ、嫌いではなかったんだけれども。
ナンバガ支持層がクイックジャパンとその周辺だったのに対し、ミッシェルの土俵は「オリコン」だったから、場が大きい分様々な意見も交錯するとは思う。

ガレージという音楽を漁り始めた頃、60年代のバンドはジャケはいいのにどうもサイケすぎるとかオールディーズすぎるとか実は思っていたり、かと言って現役組はなんとなく「いなたい」なあ、と若干アウェイな感触を感じていた頃に日本からブレイクしたのがTMGEで、ガレージとパンクとパブロックを融合させたような演奏と、おそらく日本のロック・ボーカリストが誰も到達できなかった「セクシーなガラガラ蛇」のような声を持つ、チバユウスケにすっかりやられてしまったのであった。ハッキリ書いてしまうと、70年代の先輩ロッカーたちはそりゃ態度は不良だったかも知れんが、「ウタ」がへたっぴ♪なのも少なくなかったので、多少痛い思いもさせられました。
ゆえに『チキン・ゾンビーズ』『ギヤ・ブルーズ』の、全員黒スーツとモップ頭だった時代に思い入れが深い。実に理想の「ガレージ・パンク・バンド」であった。
http://www.youtube.com/watch?v=bBFaSz3ITCU

後期になるが、「伝説のタトゥードタキャン・穴埋め演奏」も恐ろしくカッコいいし、その日の出演者で空白を埋めることができたのは彼らだけってことで(つまりリハ抜き)、本質はやっぱりパブ・ロッカーだったってことだ。
今、『ダニー・ゴー』を鳴らしながら書いています。泣ける。分かる奴は一緒に泣いてくれ。

ブギーばかりがボランじゃない



マーク・ボランと福山雅治は顔が似ていると思う。
違う点は、ボランは本物のロッカーであったが、福山はロックする才能がまったくない、というところ。
最近よく「ティラノサウルス・レックス」のベストをよく聴いている。「Tレックス」じゃありません、ここんとこ重要。
ボランが「ブギーのアイドル」になる以前に組んだ、基本的にアコギとパーカッションによるデュオ。
特に最初期の音を聴くとすでにカウントダウンがはじまっているというか、これは長生きは無理だわと思わせる、夢うつつな楽曲。http://www.youtube.com/watch?v=8tThs6OWEGI
ヒッピー思想ってのは基本的に「世直し」だと思うのだが、サイケデリックに影響を受けつつ、すでに現世のことなどどうでもよくなっているかのような、そんな音楽。
基本ポップなのにアレンジはとことん奇妙でカルト人気はあったらしいが、開き直ったボランはアコギをエレキに持ち替え、その後の大ブレイクはご存知のとおり。

彼の代表作といえば『スライダー』『電気の武者』と相場が決まっているのだが、正直言ってこの二枚、昔からどうもピンと来ません。シンプル、というか、スッカスカ、じゃないですか?どう?
むしろ著しく評価が低い『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー』『銀河系よりの使者』の、人工甘味料をぶちまけたような変態ポップこそ、グラムロックの真髄。
グラムの連中ってのはケバい外見に反して音はシンプルなのでして、デビッド・ボウイにしても名盤にして代表作の『ジギー・スターダスト』は実際聴いてみると、ほとんどフォーク・ロックである。
(実は次作『アラジン・セイン』のほうが禍々しく実験的だったりする)
「クラッシュは『コンバット・ロック』でしょう」という人がいたって、もちろん良いのだ。
一周したガイドブックは捨てておしまいなさい。

本日は開店前に神田明神に初詣に行ったら「新成人」なる生き物がいた。
自分はそのころ無職で成人式は寝過ごしたし、一緒に行ったまっつん構成員は当然成人式も出ず、大学の卒業式も出ず、高校の卒業式も「二日酔い」で欠席したとのこと。
そしてすうさい堂周辺の「肉彦さん」なる者は、自身の大学の卒業式なのに同じ卒業生に「お父さんお父さん、写真撮って」と言われ、そこでキレればいいのに「ああいいですよー」と、彼らの「集合足元ショット」だけ収めて、カメラを返したという。
現像された彼らの「一生の記念写真」のことを考えると爆笑を禁じえないのだが、こうした判断を瞬時で出来る人間は信用に値すると思う。
インドカレーと名店「まつや」のもりそばを食べて帰りました。

蜥蜴のロックンロール



さて本年度もがんばった、ということで自分へのご褒美にドアーズ全アルバム6枚組CDセットを購入。 もし若干とっつきにくいと思ったら、最大のヒットだが実は間奏が無駄に長いだけで大した内容がない「ハートに火をつけて」、詞曲ともに昭和歌謡のようなヒット曲「タッチ・ミー」、ハッタリを通してるだけで長ったらしいのみの「ジ・エンド」の3曲を無視すると、非常にシャープに全体像が浮かび上がる。
ジム・モリソンの悪魔的な風貌ももちろんだが、キーボードのレイ・マンザレク!60年代でもっともカッコいいミュージシャンの一人。
サイケデリックと呼ぶにはヒッピー思想皆無、ガレージと呼ぶにはメンバーの力量がプロフェッショナルすぎる、ポップスターと呼ぶには不穏すぎる、そしてベーシスト不在という、シーンのど真ん中で活動しながらも異端中の異端バンドであった。
初期の繊細さから後期のブルースシンガーとしての顔まで、モリソンのボーカルの、ごほっ(咳払い)、、一貫した「変態的」な魅力。
これほどセクシャルなボーカリストはそうそういないってなもんで、当時のアングラサブカル女子が夢中になったのも死ぬほど理解できる。60年代妖艶系男子であと思いつくのはミック・ジャガー、ルー・リード、イギー・ポップくらいか。
イギリスのバンドってのは意外とセクシャリティーが少ないように思う。
ついでに書くと天才ジャニスのシャウトはちょっとトゥーマッチだし、天才ジミヘンの音楽はなんか高等数学のようだし、天才ディランの詞はさっぱりわからんし、天才ジミー・ペイジが作ったハードロックのフォーマットがどうにも苦手だし、破壊を繰り返すキチガイバンドのボーカルがなんで野口五郎なのか?という疑問がどうしてもぬぐえないんだよなザ・フーって、といったところなので、パンクびいきの自覚も含めて60年代3大バンドはドアーズ、ストーンズ、ヴェルベット・アンダーグラウンドであります(ストゥージスはやっぱ70年代かな)。

モリソンの通称が「リザード・キング」であるように、コレハと思うロッカーはトカゲっぽいイメージがある。
リアルなロックンロールは、クールダウンが基本です。アゲアゲだったらそれこそ、すーぱーふらいだとか、みひまるじーてぃーだとか、あるわけですから。ゆえに体温が低そうな連中に魅力を感じるのである。

1st『ハートに火をつけて』、これはもうマスト。ラリりながらトライアスロンをやっているようなギリギリのバランスに溢れた名盤。ジムはこの時点で手を差しのべてくれてはいるが、掴んだその手は確実に冷たい。
2nd『まぼろしの世界』は、疾走感は後退したものの、常人では製作不可能な幽玄的世界。すべて、美メロだけで構成されているという奇跡。「アシッド云々」という以前に音楽でありポップ・アート。
3rd『太陽を待ちながら』は小休憩といった感じ。「ハロー・アイ・ラブ・ユー」が派手だが、シンプルながらも捨てがたいナンバー多し。フラメンコ出身のギタリストが唯一その腕前を披露する「スパニッシュ・キャラバン」が○。
4th『ソフト・パレード』はあまり評判が芳しくないが、ホーンいらないよなとは感じるものの、それ以外は骨太な演奏が多い。3曲目から聴くべし。ソフト・ロック側から評価するとまた違うかも。
5th『モリソン・ホテル』はへヴィなブルースと、それまでの持ち味が融合した後期の名盤。クスリと酒で太りだしたジムだが、その声はさらに黒く、ドスが利いている。
6th『LAウーマン』はラストアルバム。さらにブルースに接近し、ジムのルックスも当時山ほどいたであろう、「普通のヒッピーおじさん」のように変貌。でも、これも捨てがたき。初期に戻ったように繊細な「ライダーズ・オン・ザ・ストーム」を最後に、ジェームス・ダグラス・モリソンはパリのアパートのバスタブで死亡。
トカゲだったら水なんぞ平気だろうが、死ぬ間際は人間に戻っていたようだ。

パリにあるジム・モリソンの墓を訪問した友人は、そこに投げられている各種ドラッグをお持ち帰りしてウハウハだったらしい。ジャンキーたちが自分が吸うぶんと分けて、大先輩の墓に献花するようにクスリや大麻を置く。さらにろくでなしがそれをご馳走になるという図。どうやら彼の存在は死してもなお、「悪の温床」として機能しているらしい。

前歯のない天使



クリスマスもお近づきになり(ようござんすな!)、自分的にクリスマスソングと言えば「ニューヨークの夢」なんだけど、最近また、その曲が収録されたザ・ポーグスの名盤『堕ちた天使/If I Should Fall From Grace With God』をよく聴いている。
バンジョー・マンドリン・ホイッスル・アコーディオンなどによる疾走するアイリッシュ・トラッドバンドをバックに、声量はない・呂律まわってない・ついでに前歯もない・べろべろの酒焼けしゃがれ声のシェイン・マガウアンのボーカルが乗る。
この人は酒とクスリで一時期廃人状態で、バンドも追放されてしまったのだけど、最近復活して来年にはザ・ポーグスとして、来日公演をする。
しかし「前歯欠け」というのはストラマーにしろイギーにしろ町田町蔵にしろ、パンクスの通る「正道」ではあるのだが、最初からずーっと「無い」人も珍しい。

50を過ぎたシェインはやや太って「ダメな若造」から「ダメなオヤジ」にスライドし、なかなか結構な風体。
シェイン脱退後のポーグスは普通のケルトバンドみたいでであまりパッとしなかったようだし、シェインはシェインで自身を生かせるのはポーグスしかないだろうしということで、ここ数年の仲直りはなかなか喜ばしいこと。
いわゆるボーカルとしては「悪いところしかない」シェインの歌声だが、彼の存在があればこそ、ザ・ポーグスは「トラッド・パンク・バンド」として成立していた。とにかくパンク好きがそのまま流れてファンになっている。
実際この、胸に迫るような声は何なんだろう?と思う。だらしなくひしゃげてるんだけど、とんでもなく優しい。
ボーカルトレーニングをいくら積んでもこんな声は出ない。
バンドメンバー内で一番ブサイクな彼が、なぜか一番の伊達男に見える。
「堕ちた天使」とはよく付けたもんで、こんな人が「悪魔」のわけがない。

ポーグスから影響を受けた連中は世界中にいるが、特に日本のこのタイプのバンドはシェインのボーカルスタイルを取り入れたしゃがれ声が多いゆえ、なんていうか、ああ真面目に勉強したんだなあとか思ってしまう。
人生転げて、それが積み重なってああなったあの声の響きとは、残念ながら全然違う。
ただひとりだけ、同じ声でうたう人がいた。故・中島らも氏である。

http://www.youtube.com/watch?v=Hk1CiwrKgt8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=dJX26ocWruo&feature=related

Copyright © すうさい堂の頭脳偵察~ふざけてません。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 ポーキー THE ピラニアのロレンス]
[06/21 すうさい堂]
[06/21 美澄]
[06/04 すうさい堂]
[06/02 nene0716]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
すうさい堂主人
性別:
男性
職業:
古本すうさい堂
自己紹介:
自称「吉祥寺の盲腸」、すうさい堂のだらだらした日常の綴り。
本を読むという行為は隠微なこと、悪いことを覚えるためのモノ。

180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-29-5
サンスクエア吉祥寺201

0422-27-2549

(2017年10月より移転しました)

【営業時間】
月・木・金・土・日・祝日/13時~20時
【定休日】
火曜・水耀

東京都公安委員会許可304420105129号

メールはこちらまで suicidou@ybb.ne.jp

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ